ツール号

2017.08.18 Fri | Road Races| 0 track backs,
ジャージの匂い 
あくなき執念。
何年越しの試みか・・・

====


Email from SN-さん

長年の謎だったジャージの匂いの件。
とあるチームスタッフは、「洗剤はイタリアのDash を使っているよ」と
話していたので、何とかして入手したいと思っていました。
でも単価が安いからか、日本に輸入されていないので、諦めていました。

ところが、イギリスのアマゾンに出店しているイタリアの業者から
買えることが判明!
割高なのを我慢して取り寄せました。
色柄物向けのが手に入りました。

結果は…残念!(;_;)
普通に洗剤の匂いでした。

完全に迷宮入りですね…

KIMG0361 (2) 



2017.08.16 Wed | Road Races| 0 track backs,
アラン・デイヴィス・・・・今昔
かつてAISのメンバーで、オーストラリアトラックメンバーとして
走ったことがあるスティーヴ・ウールドリッジが亡くなった。
享年39歳。

かつての同僚たちがいっせいに哀悼の言葉を発信していて本訃報に気が付いた。
ザック・デンプスターやアラン・デイヴィスなども故人との思い出などを書き連ねていた。
(追記:自ら命を絶ったというのはそうした哀悼の辞の内容からわかったのだけど、
敢えて書きませんでした。
今ニュースサイトなどを見たら、その話はすでに広まっているようですね。)


コメントを寄せたうちのひとりアラン・デイヴィス
久しぶりだなぁ、どうしてるかな、そう思って何気なく彼の近影を見たら --


2allan.jpg 

あれ、すこしふっくらした?


P1080332.jpg


アラン・デイヴィスサイクリングという自転車チームを立ち上げているようだ。

aP1080332.jpg a2allan.jpg


TOJで来日して、少年ぽい顔を見せていたあの印象が強くて、
オトナのデイヴィスにはなじめないけれど、
元気そうでなにより。


以下の写真はツール2004のとき。
リバティのロゴはついていた。
06年に勃発したオペラシオン・プエルトでチームも彼自身も
すったもんだの状況になった。

P7243172.jpg
2017.08.15 Tue | Road Races| 0 track backs,
コンタドールとスカルポーニその同僚時代
昔のツール・ド・スイスの写真を物色中、
思わず手が止まった。
この写真を見つけて。

オペラシオン・プエルト勃発直後、
リバティセグロスがスポンサーを降り、
白抜きジャージになってしまったときのふたり、
コンタドールとスカルポーニ。
2006年。

P1080338.jpg 
2017.08.15 Tue | Road Races| 0 track backs,
アルベルト・コンタドール 引退特集 その1
RIMG0036_20170808112523a7c.jpg 
2005年4月28日。


2004年5月に脳の海綿状血管腫を発症し、アストゥリアス一周の最中
倒れたアルベルト・コンタドール。

以来長い道のりだったが、今季ブエルタを最後に引退表明をした。

引退表明は2度目だけれど、1度目の表明をキャンセルした後、
絶頂期の走りを見ることはできなかった。

トクダネニュースでコンタドールが最初に登場するのは2003年6月だった。
レースリザルトのみだけど。
次のエントリーが2004年の例の病気のとき。

以下再掲:

ちなみに上の写真は奇跡の復活を果たした2005年4月末のもの。
発症・血種の手術後、復活して4か月少々のときのものだ。

========

破竹の勢いオンセ + ウルリッヒ山岳ステージ18位をどう見るか ( 6.8.2003 )

ドイツランドツアー5日目。1位オンセ、2位 オンセ、3位オンセ、4位オンセ、5位クイックステップ、6位オンセ、、というリザルトを見ると、あれ?今日はチームTTの日だったけ?と思ってしまいそうになる。しかし、そうではなく、191キロのれっきとした山岳ステージだった。区間優勝したのはオンセのポルトガル人アセベド。続いて折り重なるように同着で着いたのが昨年のドイツランドツアーの覇者、イゴール ゴンザレス デガルデアノ。3位ノサル、4位ヤクシェとオンセが続き、クイックのマイケルロジャース(それにしても活躍が目を引く)を挟んで6位がオンセのコンタドールだった。
==========


アルベルト コンタドールの病状 ( 5.16.2004 )

ヴエルタアアストゥリアスの最中 43キロ地点で落車をして、頭にも怪我を負ったLセグロスのコンタドール。運ばれる時の様子から、怪我の具合がかなり心配されたが、外傷のほか、動脈瘤が発見された。事故の時、彼は痙攣を起こしてと伝えられているが、落車で動脈瘤になったのでなく、動脈瘤よる何らかの発作を起こして落車したと見られる。

彼は家族の病歴にも動脈瘤の所見がある。バイパス手術を行えば、選手生命が終りということはないという。コンタドールは去年オンセでプロ入りした。まだ21歳のマドリッド出身のライダーだ。


RIMG0187_20170808112524799.jpg 

2005年5月1日。TDRにて。

2017.08.08 Tue | Road Races| 0 track backs,
アンヘル・ビシオソが今季限りで引退
P1080339.jpg 

クラシカ・サンセバスティアンで引退したアイマル・スベルディアに続き、
40歳プロ選手がまたひとりプロトンを去る決意をした。
カチューシャに所属するアンヘル・ビシオソだ。

引退の直接的なきっかけになったのは、
7/17の本ブログエントリーで触れた一件だった。

トレーニング中の交通事故で、なぎ倒された。
ケガのダメージより、精神的なダメージが大きかったようだ。


自転車漬けの生活はいや、といいつつオン・オフを使い分けていたビシオソ。

安泰な家族生活を脅かすこの仕事に
そろそろ終わりを告げたいと思っていた矢先の事故だった。

これまで所属したチームは8つ。
ケルメ、オンセ、リバティセグロス、レラックス、LA-MSS、アンダルシア、アンドローニ、そしてカチューシャ。


個人的に印象深いのは、2006年ツール・ド・スイス。

オペラシオン・プエルトの一件でリバティセグロスがスポンサーを撤退し、
胸のロゴが真っ白になり、チームに不穏な空気が流れていたとき、
ビシオソはそんなこと全く意に介さないとばかりに淡々としていた。

オペラシオン・プエルトに加担した中心的選手の一人であったにも関わらず、だ。

山あり谷あり、はこの世界では普通のことさ、といった腹の座り方が
痛々しいほど華奢で弱々しい風貌と対比をなしていて
面白い選手だな、と思った。

写真左のイエルク・ヤクシェのゲルマン的深刻顔とは対照的だった。


P1080339.jpg 

https://as.com/ciclismo/2017/08/01/mas_ciclismo/1501578583_597620.html


2017.08.03 Thu | Road Races| 0 track backs,
マイケル・マシューズ やんちゃだった頃
TOJなどで活躍して、日本では以前からおなじみだったマイケル・マシューズ。
写真は2010年。


P1810629.jpg 


かつて彼がやんちゃだった話はくまたろうさんの話で知っていた。
キラキラ好みでBling呼ばれていたらしいけど、服は白がお好みなのかな。
マシューズ変遷がツイートされていた。

 mm.jpg


お母さんおきれいで、女優さん風。
誰かに似ている。誰?
「アンヌとアントワーヌ」に出ていた仏女優エルザ・ジルベルスタインあたりかな。

2017.07.24 Mon | Road Races| 0 track backs,
今昔 ローラン・ブロシャール
ロードレース、ことツールは、過去のレースの参照が
頻繁にに行われる。

ツール中継の前に過去の名場面をさしはさんだり
報道でもかつての名選手との比較を行ったり。


こういうのはスポーツにおいては当たり前のようではあるけれど、
夫によると、クロスカントリースキーに比べて
その差は歴然だという。

クロカンの場合は、タイムの歴代記録がない。
xxxxのコースレコードは、、という取り上げ方は一切ない。

雪のコンディションが毎回異なり、
同じコースを作ることはできないので、
xx峠の登坂記録、最高タイム、平均時速比較などは行わない。


過去の闘いと現在を比較することはできず、
時間の記録ではなく、勝率のみでの記録になる。


つくづくツールの歴史重み、厚みはすごいと思う。

急にこんなことを考えたのにはわけがある。
タイムラインに突然ローラン・ブロシャールが登場した。

アルカンシェルを着用した写真も出ていた。

ああ、そうだ。
私がリアルタイムで(メディアを通じて)目にしたアルカンシェルが
この人だった。
そして、カメンツィン、フレイレと続く。

歴史はどんどん積みあがるなぁ・・・
世界選はまだワンデイだけど、ツールなんて3週間。
濃い中味が記録されては後年再び参照されていく。


ところでブロシャール、かつての長髪は短髪に。
渋さに磨きがかかった。


Lauent.jpg 






2017.07.21 Fri | Road Races| 0 track backs,
プリモシュ・ログリッチェのジャンパー時代
■ ジャンパーはスピードマン、クロスカントリースキーならクライマー


ツール表彰台で愛嬌のあるテレマークを決めた
ロットNLユンボのログリッチェ(ログリッチ)。

以前UK Cycle Sportにスキージャンパー時代の写真が載っていた。

IMG_3326.jpg


スキーフライングでは183mのパーソナルベストを持つというログリッチェ。
記録を出したのは、2011年。
その2年後、23歳の時にはAdria Mobilの選手としてロードに転向している。
ロットユンボの選手になったのは2016年から。
そしてさっそくジロTTで優勝。

今年のロマンディ一周ではリッチー・ポート、サイモン・イエーツに次いで総合3位だった。


ちなみにー
1)クロスカントリースキーをやっている夫いわく、
ジャンパー出身ならスピードマン、クロカン出身ならクライマー
という構図が多いらしい。
けれど昨日ログリッチェが優勝したのは山岳区間。
ってことは、複合もやっていたか?


2)上述のスキーフライングで183mを出したのは
ドイツ、オーベルストドルフのハイニ・クロップファー・スキージャンプ競技場。

船木和喜さんが1998年に
W杯のスキーフライング世界選手権で金メダルを獲得した場所のようだ。



2017.07.20 Thu | Road Races| 0 track backs,
ブエルタ:ポディウムガール廃止の動きに同調
■ ミケル・ランダ:「ポディウムガールは、まるで女性を道具と見なしている」


昨今ポディウムガールに対する批判が強まる中、
今年、ダウンアンダーでは廃止を決定。
ジュニア選手を起用した。

今年のポディウム風景:
ewan.jpg 


イタリア人選手のポディウムガール批判は耳にしたことがないけれど、
マッチョの国スペインでは、ポディウムガールを女性差別ととらえ、
批判する声がちらほら聞かれていた。


とくに声高に批判の声を挙げたのは、スカイのミケル・ランダ。
ダウンアンダーでの改革にもろ手を挙げて賛成を唱えた:

「大賛成だ。 表彰台上の女性の存在には反対だった。 
まるで事物(Objeto)のような扱いではないか。 廃止してこそ健全になる」、と。


そんな中、ブエルタでも、再見直しが行われている。

性急な全面廃止は難しそうだが、
開幕日には正装の男女といった違う観点のセレモニーを検討中。


とはいえ、こうした流れと対局なのはイタリア。
イタリアで開催された世界選は、開場設置が間に合わず、
ところどころ、木材を渡して通路を確保するといった
突貫工事ぶりを見せていた。

けれど、セレモニー用衣装だけはばっちり:

P1420355_2017071908224621c.jpg 


ドイツ・シュトゥットガルトの世界選と比べて、
ポディウムガールへの執着ぶりは、明らか。

P1130418.jpg 


パヴェル・トンコフ、スチュアート・オグレイディ、アンヘル・カセロ、
ジョージ・ヒンカピー、コーエン・デコールトなどなどポディウムガールが妻
という選手は多い。

オグレイディやデコールトの場合は、”ツアー・ダウンアンダー”の元ポディウムガールだ。

こうした昨今の動向を惜しむ声も、一方でありそうではある。
(特にイタリアを中心に?)


http://www.cyclingnews.com/news/tastefully-dressed-men-and-women-to-replace-podium-girls-at-vuelta-a-espana/


2017.07.19 Wed | Road Races| 0 track backs,
チームスカイのブレイスフォード、CNの記者にキレる
記者対応についてとかく言われることが多いチームスカイ、
及び総帥のブレイスフォード。

ついに今回のツールの休養日に、CN(Cyclingnews)の記者を


これまでの記事内容が問題視されたとされているけれど、
ツール前にCNがブレイスフォードに対する個人攻撃にも近い長編記事を出したことが、
直接の火種になったのかもしれない。

6月末に出たCNの当該記事を読んだけれど、
なるほどこれか、という感想。
悪意を発動したときの朝●新聞、だった。


ブレイスフォードのCNに対する怒り・対応は、
先の今●復興大臣のまじギレ質疑応答を彷彿とさせる。
あれでは悪循環だ。


特にブラッドリー・ウィギンスの薬物報道やチームの関与が取りざたされ、
本国の公聴会にも召喚された一件以来、ブレイスフォードの信用はがた落ち。

本件に関する説明責任をまったく果たしていないこともあり、
記者の不信を買った結果が、あのCNの記事につながったのだろう。


監督の話ではないものの、母国のメディアと蜜月関係を築き上げていた選手を知っている。
記者の人達はもう当該選手を目の中に入れても痛くないほどかわいがり、
あの雰囲気では否定的なことなど書きにくそう、、、とまで思えるほど。
みんなが知り合いで、少なくとも報道の切り口は、一方的な悪意には
絶対なり得ないだろうな、と思われた。

やはり「北風と太陽」では、太陽の方が分があるものだ。
(ただし、その選手が世界的な存在になってしまうと、各国メディアが押し寄せると、
そうしたコントロールも少し難しくはなるのだろうけど。)


ちなみにCNの記事を書いた本人バリー・ライアンはもちろん怒っている。
本人いわく、
「こんなのは(不当な扱いは)ほかに2009年にベルギーのメディア、スポルツァを
ブルイネ―ル監督がシャットアウトした1件しか類を見ない!」


2017.07.18 Tue | Road Races| 0 track backs,
アンヘル・ビシオソが交通事故
またもや車が自転車選手たちを轢く事故。
またもやスペイン。

今度はアンヘル・ビシオソやトライアスロンのヘスス・ゴマールらが犠牲になった。
ビシオソのツイートによると、一番重傷だったゴマールも命に別状はない模様。
写真はゴマールの様子と思われる。
ビシオソはツイッターの中で、免許はく奪にすべき、と訴えている。

2017.07.17 Mon | Road Races| 0 track backs,
ツール観戦で驚いたこと
ツール観戦をしてまだ間もないころ、驚いたことがある。

・毎ステージ、レース前に体の不自由な子供たちを壇上に上がらせて、エース格の選手と触れ合う機会を作っていた。

・TTのコース上に、あらかじめ車いす専用のスペースや、からだの不自由な人たち専用のスペースを広々と配置していた。周囲はぎゅうぎゅうでも、そこだけはゆったり。とかく危険な沿道だけど、いかにも安全地帯になっていて、さすがだなぁと。

・点字でツールのガイド本を作っている人たちを毎年労い方々ツールに招待したり、

・ツールのケータリングなどを受け持つ会社の人達に対し、3週間のうち1日だけ交代でオフの日を設け、招待者用のパスを支給する。裏方の人達にも、その日だけは接待される側に回ってツールを楽しんでもらう企画。


感謝の気持ちと配慮がそこかしこに滲んでいて、
これもツールの一側面なのだなぁと思った。
2017.07.17 Mon | Road Races| 0 track backs,
ロードレースニュースアーカイブを更新
1999年以降のロードレースニュースを移行する作業をぼちぼち再開。
2002年4月初旬のニュースをいくつか追加しました。
中でも驚いた点は:

・エースのキルシプーの交通事故によりAG2Rはチームごとツール・デ・フランデルへの参戦を断念。
(当時はワールドツアー制度などなく、ビッグレースでもチームの出場は任意だった。
今見ると、違和感ありだけど、当時はそれが普通だった。オンセはジロをパスしていたし)

・ランスがCyclingnewsへのインタビューに応じ、レースやトレーニングに向かう姿勢を吐露。
(その後、王者から引きずり降ろされたわけだけど、自転車へのストイックな態度はやはり一流のような気もして、薬なしでどんな戦いぶりをしたのか見てみたかった。)

・テレコムとUSP、双方のメカニックを経験した人によるランスvsウルリッヒ、その前編。
(ウルリッヒは一年中プロというわけではなかった、の言葉に納得。)

2017.07.17 Mon | Road Races| 0 track backs,
リゴベルト・ウラン ゲリラの銃弾に倒れた父が教えてくれた自転車
ツール第16ステージでは、リゴベルト・ウランが
フォトフィニッシュで勝敗紙一重の闘いを制しましたね。


2016年版のチクリッシモ選手名鑑のウラン紹介文には、
父を亡くした後の頑張り屋の様子を書きましたが、
(父の死後3つの目標を立てた:
家族を養う、学業にいそしむ、自転車で地の果てまで走りぬく)
当時の彼は、本当に頑張り屋だったそうです。

学校の関係者が近年証言しているところによると、
支えてくれた人たちに報いるため、
学業に励み、好成績を挙げていて周囲も感心していた、とのことでした。
(名鑑にもちょこっと書きたかったくだりなのですが、紙面の都合上割愛。)


ちなみに、父が銃弾に倒れた時の様子は、
2009年度の選手名鑑に書いてあります:

dIMG_4705.jpg 



2016年版選手名鑑:

2017.07.11 Tue | Road Races| 0 track backs,
フランス2のニュースで、ツールに出る選手の秘密を特集
フランスのTVチャンネルフランス2のニュース番組で、
ツールの選手のすごさ・秘密を特集。

3540㎞、ペダルの回転数400,000回、23の峠、70㎞/h、下りでは110km/h
なんでそんなにツールに出る選手は強いのか?・・といった出だし。

フルームの身長186㎝、体重69㎏に触れたあと、
テストケースとしてクローズアップされるのは、
ツールに出ている選手ではないが、インタープロサイクリングアカデミー所属の
フロリアン・ユドリ。

体脂肪は8%。安静時脈拍37。
VO2Maxは89ml/kgで、この数値はホビーレーサーの倍近くに及ぶ、と。

ランスも登場し、EPOを摂取するとさらに耐久力が増す、という解説も。
最後は、食事でエネルギー補給する話。
1日に5回食事をし、チーム フォルテュネオでは、レース終了後は2度ディナーを食べる。
まずはすぐにバスの中で。

最後のシーンに出てくるのは、マキシム・ブエ(フォルテュネオ)だ。
バスの中で、ライス+ハムを食べていた。


 



2017.07.09 Sun | Road Races| 0 track backs,
Cono Surのワイン
まるでツール・ド・フランスの時期に合わせるかのように
大々的な広告が登場した六本木駅。


IMG_4349.jpg 


さらに銀座駅には背景が異なる別バージョンx2も。

IMG_4371.jpg 


左側の広告には
Why the bicyble?の文字

aba.jpg 


右側は、Which bicycle is your favorite?
どのバイクがお好み?
聞いているものの、バイクは1種類。
逆にワインは11種。
実質的に、どのワインがお好み?という質問。

aa_20170709115229e90.jpg


六本木バージョンは鳥と花畑。
なかなか華やか。

IMG_4350.jpg

アップ。
チリ産のオーガニックワイン。

IMG_4351.jpg


このワインのことを教えて頂いたのは、もうずいぶん前の事。
衰えぬ人気が喜ばしい。
いや、あの頃よりもむしろ人気は増している。

地下鉄駅にこんな大々的な広告を打つにまでメジャーになった。

2017.07.09 Sun | Road Races| 0 track backs,
二世はばたく、マニュス・バックステットの娘さん
マニュス・バックステットの娘。将来が楽しみ。 

今ファミリーは英国に住んでいて、 
先にトラック国内選手権U-14カテゴリーのオムニアムで優勝し、 
このほどナショナルチャンピオンジャージを披露している。 
彼女の姉もサイクリスト。
 


そういえばフランク・ヴァンデンブルックの娘も何かの大会で優勝してたけど、 
その後どうなっただろう。
2017.07.06 Thu | Road Races| 0 track backs,
故意かどうかまで掘り下げたら
マーク・レンショーの頭突き一発退場も、
彼にとってはトラック競技で慣れた行為で
故意ではなかったんだよね。

まあ執拗に見えたし、ここはロードレースだし。
審判は、故意かどうかまでは掘り下げてくれない。

レンショーの場合は、それによる落車はなし、ケガ人ゼロだったけど
それでも一発でツール失格。


まあ過去最低だった裁定は(!)2005年のヘント~ウェヴェルヘムかなぁ。
露骨であからさまでバレバレで卑怯な魔法の絨毯に乗ったニコ・マッタン。
審判が失格措置を下さず優勝しちゃった

2位のアントニオ・フレチャはらわた煮えくり返りつつも
最終的に大人の対応だった。
2017.07.06 Thu | Road Races| 0 track backs,
ペテル・サガンツール失格の件
昨夜のツール。
寝る前の落車で心臓に悪かった。
バリア側に押し込まれたカヴェンディッシュに
肘鉄をお見舞いしたサガン。
カヴは骨折でツールリタイア。

サガンは危険な落車を誘発したとして失格処分になった。

昨夜、危惧したことがある。
通常あの肘鉄なら一発退場のところだけど、
マイヨ・ヴェール6度連続の期待がかかる相手だし
世界王者なので忖度があるのでは、と。

肘鉄事件はこれまでも時折発生し、
往々にして失格処分が科されてきた。
今回、カヴの進路の非をあげつらう声もあるけれど、
これまでの前例を考えると、
相手をリタイアに追い込むほどの肘鉄動作で、失格なしはなかろうと思っていた。


Sagan.jpg 


スプリントはとっさの判断なので、
落車誘発とか進路妨害は日常茶飯事。
肘鉄には、きっとすべてそれぞれの理由がある。
みんなそれぞれ危険を回避するために肘鉄をしてきたはずだ。
でも肘鉄は肘鉄として処理されてきた。


サガンだから、と突如いろいろ斟酌や忖度の声が出てくるのは、
コンタドールvsフユを思い出してしまう。

以前シャックの中国人選手リー・フユがクレンブテロールで陽性になったとき、
なんの弁護もなくスルーされメジャーレース界から姿を消すことになった。

「この年でそんな違反をしたら自分のキャリアが終わるのは目に見えている。
そんなバカなことはしない」と言っていたのに。
さらに、中国では豚肉のクレンブテロール汚染が蔓延していたというのに。

一方でコンタドールが同様になったら、突如みんなが
中国の肉を食べたからだ、といっせいに弁護し始めた。


今回の場合も同じ。
過去の肘鉄で、ここまで綿密な分析は起こらなかった。
他の失格者たちだって、それぞれ理由があっての肘鉄だったはず。
でもそんな理由は問われなかった。


昨今のサガンは天下を睥睨するような立場だった。
世界の頂点に上り詰め、周囲からちやほやされる今だからこそ、
常に謙虚さは必要かと思う。
インドゥラインほど低姿勢になれ、とは言わないまでも。

肩で風を切ってばかりいるさなか、ちょっと立ち止まることが
あってもいい。
ある意味いい機会だと思う。

2017.07.05 Wed | Road Races| 0 track backs,
"shw-greenwood" template design by Shallwill