スカルポーニの訃報 その2
先に亡くなったミケーレ・スカルポーニへの哀悼コメントで FBが溢れている。

ツイッターでは、アクセル・メルクスのコメントにぎくりとさせられた。


「すべてのサイクリストが恐れていること、

それは、トレーニングライドに出た後、2度と帰宅できないこと。」



アスタナチームはFBにスカルポーニのこれまでの思い出動画をアップしている。

でもこれはちょっと今は見られないなぁ。

写真と違って動いているだけに辛い。

https://www.facebook.com/AstanaTeam/?fref=ts

2017.04.22 Sat | Road Races| 0 track backs,
ミケーレ・スカルポーニ追悼
ミケーレ・スカルポーニがトレーニング中、地元マルケ州の路上で
バンと衝突して亡くなったという。
運転手のわき見運転が原因らしい。

現役で、エース格で、つい5日ほど前に勝利をあげた選手の死。
衝撃は大きい。


以前、AG2Rの選手がやはりトレーニング中に亡くなったことがあった。
時期は7月、場所は故郷エストニア。
丁度ツールの真っ最中で、私はAG2Rの選手と同じ宿だった。
スタッフの表情が一様に暗かったので
理由を聞くと、メンバーのラウリ・アウスの訃報が入った、と教えてくれた。

ただ、その死は、ほとんど広まることはなかった。
アシストに終始し、余り知られた選手ではなく、当時SNSもなかった。

人知れず、ひっそりと亡くなった、という感じだった。
でもあの時と今回では、なにもかも違う。



ヘント~ウェヴェルヘムの最中に亡くなったドゥモワティエ、
ジロで亡くなったウェイラント、
パリ~ニースのゴール前落車で絶命したキヴィレフ、
古くはツールの落車で命を落としたカザルテッリ、、、

などレース中の落命も、いくつか聞き知っている。
特にライブ中継をしている場合などは、相当衝撃的だったけど、
今回のスカルポーニの死がことさらショックなのは、

活躍がつい最近まで伝えられ、
今後のレースでも優勝候補に名前が挙がり
SNSで家族の写真をアップしたりして、
存在を常に感じていた選手だからこそかもしれない。


働き盛りの死は、いつも予期せぬ死ではあるけれど、
スカルポーニが亡くなるなんていうことは
あり得ない、と思っていたに等しく、
いまだ信じられない。

ご冥福をお祈りします。


2017.04.22 Sat | Road Races| 0 track backs,
期間限定ラファ福岡は5月7日まで

期間限定でオープンしたラファ福岡は5月7日まで!


+++


イベントやライドを中心にカフェも含めたフルスケールのラファ クラブハウスとして九州に上陸


九州では初となる期間限定のラファ 福岡が48日(土)にオープンしています。期間はゴールデンウィーク終了の57日(日)まで。ラファ東京や大阪と同、実際にラファのハイクオリティーサイクリングウェアを手に取ることができる他、地元福岡のCoffee Countyによるカフェやレースビューイングイベントなどもあり、九州周辺のサイクリストが集まるフルスケールのクラブハウスとして機能します。

 

期間中、定例ライドの他に422日にはくじゅうにてプレステージも開催予定。

 

モバイルクラブハウス『名ルイゾン』のキャラバンが鹿児島から長崎と九州を巡り、ライドを中心にサイクリストと交流をもち福岡へサイクリストを集めます。

 

Ride with us 」、一緒に乗りましょう、をテーマに2017年はポップアップとモバイル クラブハウスでさらに全国のサイクリストと交流をもっていきます。

 

イベントや今後のプップアップやルイゾンツアーの予定はウェブのクラブハウスのページにて確認できます。

 

Rapha Fukuoka

住所:福岡県福岡市中央区清川2丁目4-29 清川ロータリープレイス

電話番号:080-9105-6558

期間:48日(土)〜5月7日(日)

営業時間:

 月〜金曜日: 12:00pm8:00pm

 土・祝: 10:00am7:00pm

 日: 10:00am6:00pm

URLhttp://pages.rapha.cc/ja/clubs-ja/rapha-pop-up-fukuoka


詳細のお問い合わせ:

矢野大介 daisuke.yano@rapha.cc

 

ラファについて:   

ラファは、ロードサイクリストのために高品質で美しいウェアを作るために2004 年に設立されま

した。都市を行くコミューターから世界最高レベルのプロチームまで、すべてのロードサイクリスト

が袖を通すブランドになった今も、サイクルウェアの革新のために限界に挑戦し続けています。また、

ラファは情熱的なサイクリストがメンバーとして集う、このタイプのサイクリング・クラブとしては

世界最大の世界的なコミュニティ、ラファ サイクリング クラブ(RCC)を擁しています。ラファの

お客様と直接つながる経営スタイルと独自のブランドバリューは、カフェと自転車文化をひとつの場

で提供する、クラブハウスというラファの直営店の世界的なネットワークによって体現化されていま

す。    

2017.04.18 Tue | Road Races| 0 track backs,
見納めの桜
土曜日、午前中雨で目黒川の花見客も少ないだろうと思いきや、
相変わらず天気なんてなんのその、の混雑ぶり。

ということで行先変更。
そこからほんの10分ほど歩けば、静かに花を愛でられる。


P1870167.jpg 


写真には写っていないけど濃いしだれ桜が2分咲きで、
まだ少し花見が楽しめそう。


P1870215.jpg



この日はお釈迦様の花まつりだったのだけど、
ワンタッチで、本堂に置かれていた花まつりセットは片づけられてしまっていた。

でもいい、雨に打ち勝ったソメイヨシノに会えた。

P1870243.jpg



その後、人の少ない目黒寄りの目黒川へ。
余り知られていないけれど、上から桜を見下ろせる穴場スポットがある。

このあたりの桜は遅咲きだったから、
土曜日あたりが丁度満開といった感じ。

P1870435.jpg


遅咲きのしだれ、ここは4分咲き程度。

P1870485.jpg 


窓ガラスに映るのは・・・
ディズニーランドではなく、かの「目黒エンペラー」?!

P1870531.jpg


正面から熟視するとかなりケバケバしいけど、
ガラス窓に映る姿は悪くない(笑)。


2017.04.11 Tue | Road Races| 0 track backs,
過去最高速だったパリ~ルーベ 
フレフ・ヴァンアーヴェルマートがついに念願のモニュメントを制して幕を閉じたパリ~ルーベ。

トム・ボーネン、引退に花を添えることはできなかったけれど、 ベルギーファンにとっては、ヴァンアーヴェルマートという後継者がいることは救いだろう。 

今回のルーベは過去最高速度だったらしい。 

最後はヴェロドロームで先頭3人のはずがいつの間にか5人になっていて たまげた。 確かに先頭3人がしきりに後ろを機にはしていたけれど。

 MVP相当のダニエル・オスのコメントがいい。 

「ブレークの間、これまでのキャリア全般に思いを馳せていた。 このレースで何かをつかんだ気がする。 恐らくいつか、このレースは自分のものになる」 

ヴァンアーヴェルマートが合流するまでソロで 先頭を快走したオス。 手ごたえを感じたようだ。

エキサイティングなレースだった。
2017.04.10 Mon | Road Races| 0 track backs,
ジルベール
ツール・デ・フランドルでフィリップ・ジルベールがエスケープ。

こんなつぶやきが海外から聞こえてきた:

BMC時代より相当サラリー・ダウンしてクイックステップに移籍したので
優勝ごとのボーナスを当てにするしかないジルベール、と。

2017.04.02 Sun | Road Races| 0 track backs,
BHサポートライダー・孫崎大樹選手がU23ネイションズカップ初戦「Gent-Wevelgem」に挑む
ブエルタ・ア・エスーパーニャの栄えある第1、2回大会で優勝を飾ったスペインのバイク・メーカーBH。
その日本支社BH BIKES JAPANからのお知らせです:

***

BHサポートライダーの孫崎大樹選手(早稲田大学)が、日本代表 としてU23ネイションズカップ初戦のGent-Wevelge m(ベルギー)に本日3月26日出場します。


世界中から集まった同世代の若手選手がしのぎを削るプロへの登竜 門。ここで力を見せつけなければ将来への道が絶たれてしまいます 。


日本代表チームの一員として一致団結し、1ポイントでも多くのU CIポイントをみんなで勝ち取って欲しいと思います。頑張れ!孫 崎!!頑張れ!日本代表チーム!!


孫崎選手のレース前コメント
「昨年も出させていただいた大会。その経験をフルに活かし、頑張 りたいと思います!」
2017.03.26 Sun | Road Races| 0 track backs,
ロードレースニュース アーカイブ 更新情報
2002年3月22日までのロードレースニュースを更新。

・当時、パリ~ニースがツールのワイルドカードの選定基準のひとつだった;
・レース前に警察が早朝から選手のホテルに乗り込み手入れをしていた事態が頻発していた;
など、時代を映したニュースがあった。一番驚いたのは
フレイレの腰の故障の治し方。
様々な治療法を試して行きついた先が、、、単なるストレッチだったとは・・
化学療法とか治療法とか、なんともプリミティブな段階にあったようだ。

アーカイブページ:
2017.03.18 Sat | Road Races| 0 track backs,
ロードレースニュース・アーカイブ更新情報
ニュースアーカイブを更新。
2002年は、エースとアシストの諍いが大きくクローズアップされた年だった。


アシストしたのに次季チームを世話してくれず浪人になったと
憤懣を記者にぶつけたスペイン人の話など。

最近はもっとスマートになったなぁと実感する。

ランスのケースは、ツールメンバー選出権をランス自身が握っていたために
起こった批判。今ではそこまでチームの実験を掌握する選手がいなくなったので、
こうしたいざこざは聞かなくなった。

スペインのケースは、チームの移籍をエースに頼っていた時代ならではの話かもしれない。
もちろんエースと一緒にくっついて移籍、というのは今でもあるけれど、
当時はチーム探しを担う代理人制度が浸透していなかった。


2002年3月18日までニュースをアップ

http://blog.livedoor.jp/maillotblanc/

2017.03.14 Tue | Road Races| 0 track backs,
チクリッシモ 選手名鑑こぼれ話7: ペテル・サガン

 サガンが五輪MTB出場を決めたため、MTBで五輪を目指した選手はどうなった? -- あまりに過酷な運命が待っていた。


UCIポイントも十分で五輪当確と言われつつ、ポイント数の低いサガンが突如MTBで五輪出場を決め、夢破れたMTBの選手。そんな彼に代替案としてサガンから提示されたのは、「ロードの枠を君に譲る」。果たしてその選手は五輪に出たのか?・・・を追ってみた。

  

ツールを生観戦して、印象に残ったのはアシスト選手たちの姿。みな一様に誇らしげ。ツールに出た選手はみな、ヒーローなんだ、そう実感した。  

たぶんその延長戦で、日の当たらない選手のことが気になる性分になったみたいだ。


サガンが2016年になってMTBへの出場を表明し、五輪MTB候補最有力と言われたものの

出場を逃した選手のことを調べたくなった。本人は納得しているのだろうか?


調べてみると、単に選出からはずれただけではなく、その後二転三転の運命にもてあそばれたのだった。 


もともとサガンがロードからMTBで五輪出場を目指すようになったのは、2016年、
ロードコース試走の後だった。

スロヴァキアの枠は1のみで、当初は他国が使わなかった枠を頂いて出場するつもりだった。

しかしそれが不可能と知り、虎の子の1枠を、彼が得ることになる。

 

五輪当確と言われていた選手にとっては寝耳に水。五輪を夢に頑張ってきた、、とコメント。

しかしその埋め合わせとして、ロードの1枠を彼に譲るという話がもちあがった。

当該選手は当惑しつつも そのためのトレーニングを開始した。

「やはり五輪は夢。出られるのなら」と。

 

ところが五輪の1ヶ月前、委員会は別の結論を出す。

ロードで実績がある選手(当初補欠とされていた)を本メンバーに決定したのだ。

 

夢破れた選手はどうしたか?7~8月はロードレースに出場し続けた。

でもその後しばらくの間レースには出なくなった。MTBも、ロードも。

  

稀に見る実力者、本国では英雄のサガン。

その彼がMTBに出場するなら誰もが納得、そんな空気も感じられる。

失意の選手ですら、サガンが相手なら仕方ない、と思ったかもしれない。

とはいえ今年
29歳。

次の五輪に向けて新たなモチベーションを得られるだろうか?

2017.03.11 Sat | Road Races| 0 track backs,
"shw-greenwood" template design by Shallwill