トール・フースホフト、思い出の一日
2014年世界選手権を最後に、雷神トール・フースホフトが引退するという。

2010年ロード世界選手権での優勝を始め、数々のスプリント勝利を飾ってきたけれど、
そんな彼のある栄光の1日に臨席したことがある。

2006年ツール。
初日プロローグで優勝し、マイヨ・ジョーヌを身に着けたあの日。
シャンパンを手に、両親に囲まれていたあの日。



P1110449.jpg



それは、夕食時のことだった。
ホテルのレストラン。
オードブルが出てきて、さあいただきます、と構えた瞬間。

なにやら外のプールサイドが騒がしくなった。


P1110394.jpg



ふと見るとフースホフト。

偶然クレディアグリコルと同じ宿だった。
この日プロローグで優勝し、帰還した彼が立っていた。
手にはなにやら黄色いウエア。

P1110407.jpg



やおら袖を通す。
お祝いが始まるらしい。
レストランの席を立つのは無礼千万。
迷ったけど、内輪のセレモニーに立ち会えるのは千載一遇のチャンス。

「失礼なのは先刻承知なのだけど、ちょっと席を立って様子を見てきたい」
そう言ったところ、レストランの人も、
「こんなこと滅多ないものね、どうぞ、こうぞ」と快く。


P1110412.jpg


シャンパン待ち。
満足感いっぱい。

P1110416.jpg



見守るご両親。
おふたりは、彼が出るあまたのレースに帯同してきたことで有名。
確かキャンピングカーで。

R0020704.jpg


さて、オープン。

P1110432.jpg


振ります。

P1110435.jpg


シュワシュワ・・・

P1110436.jpg


プシュー!!

P1110437.jpg


至福のとき。

P1110438.jpg


注ぎます。

P1110444.jpg


ツーレのカメラでも、開けた瞬間。

R0020700.jpg


やっぱりあけ終わった後の、満ち足りた表情がいい。

R0020701.jpg



そして冒頭の写真。
関係者、そして両親に囲まれて飲み干す姿。


2006年ツール初日優勝、マイヨ・ジョーヌ。
そんな輝いた瞬間を目の当たりにしていただけに、今回の引退表明はことさら寂しい。

私の中では、”クレディアグリコルのフースホフト”として、これからも記憶に残るのだろう。


R0020714.jpg
2014.06.29 Sun | Road Races|
ザッケローニ監督 退任に際して
2004年イタリアロードレース界のスター マルコ・パンターニが亡くなったとき、
各界著名人の悼む声を拾う中、偶然当時インテルの監督だったザッケローニ氏の言葉を特ダネに載せた。

まさかその後日本代表監督になるとは思いもよらず。

だからその後の展開に驚くとともに、ザッケローニ監督の顔をテレビで見るたび、シンパシーを感じていた。

W杯の結果は残念だったけど、4年間お疲れ様でした。
慰労の気持ちのつもりで、2004年のニュースを再掲:


=== パンターニ死去 続報その5 ( 2.15.2004 ) ===

様々な人たちの反応 その2。

ガルゼッリ:「言葉もない。。」
チッポリーニ コメントNo.2:「とにかくなんといっていいかわからない。全ての人にとって相当大きな衝撃であり、ひいては自転車レース界自体を揺るがす出来事だ。」

アルベルト ザッケローニ(サッカー インテル監督):「マルコが問題を抱えているということはみんな知っていた。でもその問題が、ここまで大きかったとは」

ウンベルト ボッシ(政治家、北部同盟党首):「安らかな死を。パンターニは肉体的に強いライダーだったが、精神的には強くはなかった。」
2014.06.26 Thu | Road Races|
2000年7月の特ダネインプット完了
2000年7月30日までの特ダネインプットを完了した:

http://blog.livedoor.jp/maillotblanc/


ハビエル・オチョアが絶好調、という記事に、一瞬、パラリンピックでの出来事かと思った。

しかし事故の前2000年夏の話。
まだ現役バリバリ、一番輝いていた時期の話と気が付いた。
事故が起こるのはこの半年後のことだ。
確か2001年2月15日。

マルコ・パンターニは2004年2月14日に死去したし、
ヒメネスが亡くなったのは12月。
冬の時期は、悲しい知らせが多い、そんな記憶がある。

それから、USPやラボバンクがブエルタ不出場という記事もあった。
当時は強制ではなかった。
2014.06.26 Thu | Road Races|
第8回女子自転車レースチーム「Ready Go JAPAN」トライアウト&併催女子ロードレース開催
以下、RGJからのお知らせです。

NPO 法人サイクリスト国際交流協会
2020 年東京オリンピック日本代表選手輩出、日本初の UCI 公認女子チームを目指す
女子自転車レースチーム「Ready Go JAPAN」が
トライアウトにて女子自転車選手のトップを目指す選手を一般から広く募集!!


NPO 法人サイクリスト国際交流協会(本部:千葉県成田市/会長:須藤むつみ)では、活動を支援する女子
自転車レースチーム「Ready Go JAPAN」に 2014 年シーズン後半(9 月)より加入する選手を選考する「ト
ライアウト」を来る 8 月 10 日(日)、千葉県成田市の「フレンドリーパーク下総」において実施いたします。

これは、日本人女子選手の育成と自転車を通した社会貢献を目的として、2008 年 9 月に設立した NPO 法
人サイクリスト国際交流協会の日本初の UCI(国際自転車競技連盟)公認を目指す、女子チーム「Ready Go
JAPAN」プロジェクトの一環として実施するもので、広く一般から脚力に自信のある女性アスリートを募集
いたします。

テスト内容ですが、今回より技能テストは「女子ロードレース」をおこない実戦走行などを拝見します。さ
らに立ち幅跳び、上体起こしなどの基礎運動試験と面接によるチームメンバーの選考を行います。特に技能・
運動試験などでは、実際にその模様を多くの子供参加者に見ていただくことで、自転車レースチーム加入の仕
組みを知り、将来の目標にしてもらう啓蒙活動もおこないます。そして、今回も東京都自転車競技連盟主催の
ジュニア選手レース「TCF フレンドリー・ロードレース大会」が同時開催されます。


<NPO 法人サイクリスト国際交流協会会長:須藤むつみ氏からのコメント>
この度、第 1 回からトライアウトを実施した下総フレンドリーパークにて、8 回目の自転車競技<女子ロー
ドレース>チーム参加選手のトライアウト(選考会)を実施いたします。 今年で 6 年目となる弊法人プロジ
ェクト「Ready Go JAPAN」は、前回までのトライアウトで選抜された現 6 名の選手たちの活躍により、レ
ースではもちろんのこと、自転車普及においても確実に実績を残すことが出来ました。
今年で結成 6 年目となるチームは、さらに世界に通用するスポーツ選手の育成をはじめ、自転車を通じた社
会貢献活動などを通して、いち社会人として人間としての育成をも踏まえたシステムの構築を進めていきます。
今回のトライアウトでは実戦力も重視するため、自転車走行の経験があり自転車を所持していることを条件と
させていただきます。そして、チーム選手の強化計画を更に充実させるため「関東在住・在勤の方」という条
件を応募要項に加えさせていただきます。2014 年・秋より Ready Go JAPAN のチームメンバーになること
を目指して、皆さんのトライアウト参加応募をお待ちしています。

*****

第 8 回「Ready Go JAPAN」トライアウト(選考会)
- 募 集 要 項 -


募集内容 : 今年・秋(9 月ごろ)よりの国内外の自転車競技<女子ロードレース>に参戦する
女子自転車レースチーム「Ready Go JAPAN」選手選考
募集人数 : 若干名
応募資格 :①体力に自身のある心身ともに健康な、関東在住・在勤の 1994 年生まれ以前の女性
※目安として 20 歳以上の方(年齢の上限は設けません)
②自転車走行の経験があり、自身のレース用自転車を所持していること。
※受験の際に使用する自転車はロードレース出走に耐えられるものをご用意ください。
(車種や装備など、ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せください)

<受験当日の用意などについて>
技能試験(レース走行試験)では、自転車及びヘルメット等のレース参加時同等の用意を
お願いします。さらに運動試験のための動きやすい服装(ジャージなど)をご用意ください。
応募方法 : 規定の応募用紙を事務局から取り寄せ、必要事項を記入して事務局に送付。
応募締切 : 7 月 31 日(木) 当日消印有効
受験費用 : 2,000 円(保険料、昼食、飲み物込み)
問合せ先 : NPO 法人サイクリスト国際交流協会事務局(募集担当:須藤)
TEL・FAX 0476-29-4524 E メール m-sudou★jbrain.or.jp (★をアットマークに変えて)
http://readygojapan.cocolog-nifty.com/blog/2014/06/8rgj-a857.html


- トライアウト実施要項 -


実施日時 : 平成 26 年 8 月 10 日(日) 午前 11 時~午後 4 時
集合受付 : 午前 10 時 30 分~
会 場 : 下総運動公園(フレンドリーパーク下総)
住所)千葉県成田市高岡 1435
実施種目 :①技能試験(女子レース・約 30 分)
②運動試験(立ち幅跳び、上体起こし、腕立て伏せ、屈伸 ほか)
③筆記試験(運動や栄養に関する基礎的な内容)
④面接

■ タイムスケジュール(内容は予定です)
10 時 30 分:受付
11 時:トライアウト説明
11 時 30 分:東京都車連レースの一般レース内にて技能試験(1.5km コースを 10 周する女子レース)
12 時:運動試験(公民館内にて)
12 時 30 分:昼食休憩
13 時:学科講習の受講(運営・東京都自転車競技連盟)※予定
14 時:筆記試験(公民館内にて)
15 時:個別面接(公民館内にて)
※16 時には解散の予定です


s-2014rgj_up.jpg

s-2014_rgj5 (1)
2014.06.25 Wed | Road Races|
シャカリキの脚本もあった : 自転車文化センター
科学技術館から目黒に移転した自転車文化センター。
移転直後に行こうと思いつつ、なかなか機会がなく、
6月初旬にようやく訪れる機会があった。
日曜日もオープン(基本的に月曜定休)というのが嬉しい。

スペースは限られているものの、木目が優しい雰囲気。

P1610400.jpg


ぐるりと取り囲む書架へ直接アクセスするには、会員になる必要あり。
非会員でもタイトルをチェックすることは可能。

中にはこんなものまで。
シャカリキの脚本・準備稿・スケジュール!

P1610419.jpg


学連関係や全日本の資料など、整理され記録がとどめられていることがわかる。

P1610411.jpg


オリンピックの記録まで。
東京大会は第18回大会だったのか。

P1610413.jpg


競輪関係も。

P1610432.jpg


年季の入ったエンブレムの展示も。

P1610406.jpg


棚にはお宝がそのほかたくさん入っているようで、季節ごとに、開ける引き出しを変えて、
見せる内容を変えるようにしているようだ。

P1610437.jpg


外国語の本も豊富。

P1610417.jpg


世界選の記録。

P1610439.jpg


こんなのも見つけた>お礼

P1610425.jpg


自転車文化センターを偶然見つけた時(赤坂時代)、夢中になったのが外国の雑誌コーナーだった。
今は入り口にある。

P1610444.jpg


外のショーウィンドウ。

P1610447.jpg


目黒駅から白金台方面に向かう途中にある。
セブンイレブンが目印。

http://www.cycle-info.bpaj.or.jp/
2014.06.24 Tue | Road Races|
チーム消滅後の選手たち
ラボバンクを引き継いだスポンサー・ベルキンも、2014年いっぱいでスポンサー契約を打ち切るといい、
安定的なチーム運営はなかなか厳しい状況。

自転車熱の高いバスクのチーム・エウスカルテルですら去年末に解散したほどで、
観戦チケット代といった安定的収入源がないスポーツの宿命だろうか。


さて、移籍できなかったエウスカルテルの選手たち、どいうしているのかと思いきや、
プロ選手を辞めてしまった人もいるようだ。

ホルヘ・アサンサなどは、先のジロの見物に行ったようで、FBにこう記している。


「月曜から土曜まで、ジロ観戦でイタリアへ。
たくさんの思い出が詰まっているこのレースを、別の角度から見ている。
このスポーツのすばらしさを観戦者として堪能したけど、
いくばくかの羨ましさも感じたことは確かだ。」
https://www.facebook.com/jorge.azanza/posts/10202194985132288

読んでいるこちらにも、ちょっとほろ苦さが伝わってくる。
2014.06.22 Sun | Road Races|
2000年7月8日のアーカイブを見て
1999年末~の自転車ロードレースニュースを復旧しているが、
ときおり過去を振り返るのは面白い。
今から見るとこっけいなニュースも多々。

例えば、酸素テントをツールに持参する、などと高らかに宣言したラボバンク。
酸素テントはドーピング効果があり、禁止リストに掲載する、などという動きもその後出たが、
この頃は、のんびりしたもの。

豪華なチームバスを投入して2000年、話題になったものの、
その後スポンサーのラボバンクは降り、新スポンサーベルキンも、契約打ち切りという。
栄枯盛衰を感じずにはいられない。


http://blog.livedoor.jp/maillotblanc/
2014.06.21 Sat | Road Races|
"shw-greenwood" template design by Shallwill