2015 年 Ready Go JAPAN 女子自転車レースチーム体制発表
2015 年 Ready Go JAPAN 女子自転車レースチーム体制発表
平素は、NPO 法人サイクリスト国際交流協会(本部:千葉県成田市/会長:須藤むつみ)
が活動を支援する女子自転車レースチーム「Ready Go JAPAN」にご声援をいただき誠に
ありがとうございます。昨年は全日本選手権ロードレース、個人タイムトライアル(TT)ロ
ードレースでのダブル入賞を果たし、さらには全日本マスターズ選手権トラックレースの
「2km 個人追抜き(IP)」において、チーム設立初の全日本チャンピオンを輩出することが
出来ました。これも多くの皆様からのご声援とともに、ご協賛各社様や関係者の皆様のご
尽力によるチーム所属選手の頑張りが結果に繋がったと考えております。

そして今年、おかげさまでチーム設立 7 年目を迎える弊チームの 2015 年チーム体制およ
び活動メンバーにつきまして、昨年 8 月のトライアウト合格を経て新加入した 4 名のテス
ト生の昇格を含めた新体制を発表します。これによりチームは今年、下記のように選手が 9
名(うち高橋 吹歌選手のみ 4 月 1 日より選手に昇格、ほか 1 名は昨年より活動休止)、そ
してプレイングコーチ 1 名の全 10 名でチーム活動をおこないます。

更に今年より女子自転車ロードレース選手の強化と普及を鑑み、日本国内の主なレース
をセレクトした「日本女子自転車ロードレースランキング(名称は仮)」の運用を開始します。
詳細は 2 月に改めて発表しますが、ランキング対象レースは全日本選手権レースを中心に
様々な運営団体のレースを組み込み、幅広い世代の優秀な女子ロード選手を皆さんに応援
いただける企画として、こちらも併せてご注目いただきます。


2015年・Ready Go JAPANチーム選手写真
※写真撮影すべて:加藤 智
上段左より:伊藤千紘、斉藤千夏、米田和美、寺田有希、高橋由圭
下段左より:大矢倫代、小沼美由紀、高橋吹歌、高橋夏美、須藤むつみ

s-2014_rgj3.jpg



<NPO 法人サイクリスト国際交流協会会長・須藤むつみのコメント>

2014 年につきましては、弊法人支援事業「Ready Go JAPAN」チーム活動の 6 年目とな
り、初の試みや初めての快挙を得ることが出来ました。特にトライアウトを 8 月の開催に
引き上げたことにより、合格した選手を「テスト生」としてチームと帯同する期間をある
程度設けチームの活動をより一層理解した状態でチームに正式加入させる仕組みが出来ま
した。その中で Ready Go JAPAN チーム所属選手たちは、チームの目指すところに向い一
丸となって切磋琢磨しました。その中でベースとなるレースでの活躍はもちろんですが、
自転車普及に関わる活動についても積極的に協力してくれました。その活躍の折々で多く
の方々からチーム所属選手たちへ、たくさんのご声援をいただきましたことを、この場を
お借りして御礼申し上げます。

チーム設立 7 年目となる今年・2015 年からは、以前のように「正選手・サテライト選手」
という仕組みを撤廃、1 月から所属の選手は全て「選手(レギュラー)」扱いとし、今年も
8 月に開催を予定しているトライアウトで合格し加入した選手を「テスト生」とする仕組み
に変更しました。これにより Ready Go JAPAN チーム一丸となって、全日本選手権レース
での勝利や海外レース参戦とともに、開催が決定した「2020 年・東京五輪」へ自転車競技
の日本代表選手を弊チームより輩出することを最大目標としたチーム強化育成プランを引
き続き実施してまいります。

そして、今年も大きく 2 つの活動を実施します。1 つはレース活動、もう 1 つは UCI 公
認の女子国際レースを日本国内で開催するための自転車スポーツ啓蒙活動です。特に「UCI
公認の女子国際ロードレースの国内実施実現」ついては、弊チームが設立当時から目標と
している「UCI 公認女子チーム」を実現するために、必要不可欠なこととなります。この
国際女子ロードレースの実現には、まず日本国内の女子選手、そして女子チームの増加が
必須となるため、弊チーム活動などから得たノウハウを広く啓蒙する活動をおこないます。
そして、このような Ready Go JAPAN チームの活動を通して多くのご期待とご声援に応え
ていきたいと考えております。

今後もレース活動を中心に、交通安全や充実した自転車生活を普及する活動など、広く
自転車を通じたチーム活動をおこなう「Ready Go JAPAN 女子自転車レースチーム」に、
ご声援とともにご注目、ご期待のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。


<2015 年・RGJ チームご協賛各社のご紹介>
*オフィシャルスポンサー(順不同・敬称略)

・三和エナジー株式会社
http://www.sanwa-energy.com/
※生分解性潤滑油「BIOBLEND」
http://www.sanwa-energy.com/fuel/biodiesel.html#02

*オフィシャルサプライヤー(順不同・敬称略)

・株式会社 ASK TRADING:BOMA カーボンフレームおよびホイール
http://www.bomabike.com/
・Champion System Japan:RGJ チームオリジナルジャージ
http://www.champ-sys.jp/
・ミシュラン(株式会社日直商会):タイヤ
http://www.nichinao.co.jp/
・株式会社オージーケーカブト:ヘルメット、アイウエア、ボトル、バーテープなど
http://www.ogkhelmet.com/
・パワープロダクション(江崎グリコ株式会社):サプリメント一式
http://www.glico.co.jp/info/pwr_pro/
・FALCON(パワーアップジャパン株式会社):整備ケミカル用品
http://www.puj.co.jp/product/index.html
・コーワ株式会社:自転車専用輸送箱「BTB 輪行箱」
http://www.j-kowa.co.jp/
・武田レッグウェアー(株)、エムエムプランニング(株):高機能ソックス「R×L SOCKS」
シリーズ
http://www.bigtoe-takeda.com/
http://mmponline.co.jp/
・株式会社キャットアイ:サイクルメーターほか
http://www.cateye.com/jp/
※他オフィシャルパートナー、提携クラブチームなどはこちらをご参照下さい。
http://www.jbrain.or.jp/rgj/sponser.html
・Ready Go JAPAN チーム公式ホームページ
http://www.jbrain.or.jp/rgj/index.html
・Ready Go JAPAN チーム Facebook 公式ページ
http://www.facebook.com/readygojapan
・NPO 法人 J-BRAIN ホームページ
http://www.jbrain.or.jp/index.html
2015.01.08 Thu | Road Races| 0 track backs,
"shw-greenwood" template design by Shallwill