BORA – ARGON 18
◆  2015年ロードレース コーヒーブレーク VOL.3 / 厨房機器メーカーのチーム BORA – ARGON 18


ここ最近、ドイツチームのスポンサーをする企業の顔触れに、どことなく不思議感が漂っている。
具体的には、コースト、ゲロルシュタイナー、ミルラム。

そして今度は、「BORA – ARGON 18」(ヘルスネットの後任)。


BORA=ボーラ、聞きなれない名前。
サイトに飛ぶと、もともと換気扇メーカーとしてスタートし、 ceramic cooktops(セラミックのコンロ天板)分野にも手を伸ばした会社のよう。

商品ラインナップは主に、業務・家庭用のガスコンロ・IHIコンロがズラリ。

ボーラをどう称すべきなのか、天板メーカー、というと格好がつかないなぁ・・・・
などと思い専門家に聞くと、「厨房機器メーカー」という便利な言葉があるようだ。


さて、その不思議感の理由を述べると -

コーストの場合は、女性のカジュアルドレスが中心で、
スポンサーとしてジャージを提供するわけでもなく、スポンサーの理由が見当たらなかった。
ちょっとした裏はあったみたいだけど。



炭酸飲料水メーカーのゲロルシュタイナーも、コカ・コーラのような大手ではないし、
なにしろ単価が安いので、チームを持って大丈夫なのか?と思ったものだ。

ドイツ国内では知名度が高いが、欧州ではそれほどでもなく、ならばロードレースで、
そんな発想なのだろうか。

国内では一般的な飲料らしく、ドイツ出張の時、宿の冷蔵庫には3種類が置かれていた。


grp1008022628.jpg



そして、乳製品のミルラム
大手というほどではないようだし、高級感で売るというより、しごく庶民的な味だった。
単価はやはり安そう。

ツールで同じ宿になったとき、庭で無料でたっぷりと配布していた。
ヨーグルトの味は、いわゆる、人工甘味料的な。

こちらも、世界戦略に是非乗せたくてスポンサーをやっているとも思えない。


P1100568.jpg



そして今回のボーラ。
コンロ天板を世界に売り出すわけでもないだろうし。
スポンサーの費用はバカにならないだろうし、意図はどこにありや?


もしかして、最近チームが導入している食堂車の電磁調理器を彼らが受注して
その縁で?などと想像してみたり。


いずれにせよ、費用対効果が思わず心配になってしまうスポンサーが続く、
不思議なドイツチーム。
2015.01.30 Fri | Road Races| 0 track backs,
"shw-greenwood" template design by Shallwill