ベルギーのスプリング・セミクラシック、シュヘルドプレイス 
一流トップスプリンターの激闘が見られるシュヘルドプレイス。

私が本レースを初観戦したのは2008年。
最後にどんでん返しが待っていた。

勝利確定と思われたトム・ボーネンを
マーク・カヴェンディッシュがゴールギリギリで抜き去り、
大喝采を浴びた・・・と言いたいところだが
ベルギーのレースゆえ、辺りは白けた沈黙に包まれたのだった。


P1280279.jpg


一方今年(2015年)は絶好調で順当と思われるクリストフが優勝したものの、
劣悪な落車に巻き込まれた選手も多く、
スター揃いのフィナーレにもちこむことはできなかった。

くだんの2008年は、フィニッシュシーンから、シャンパンファイトに至るまで、
心ゆくまで楽しめるレースとなった。

.
カヴェンディッシュ、シャンパンファイトで調子に乗りすぎてすってんころりん

カヴェンディッシュ、大喜び

はしゃぎすぎて後ろに滑った

おっと

背中から倒れこむ

ボーネンもびっくり

気遣うボーネン

失態ちょっと恥ずかしい

どっこいしょ

ボーネンに向かって子供のごとく照れ笑い。
2015.04.09 Thu | Road Races| 0 track backs,
"shw-greenwood" template design by Shallwill