アワーレコードさらに更新、6月には、満を持してウィギンス登場
5月2日、モビスターのアレックス・ダウセットがアワーレコードに挑戦し
52.937kmの記録を樹立した。
それまでの新記録は、2月8日のローハン・デニスの52.491km。

去年9月にフォイクトが51.110kmで新記録を立てて以来、
どんどん記録が上塗りされる。
となると、挑戦するタイミングがカギだ。

去年、アワーレコードに用いるバイクにかけられていたUCI規制が一部変更となったのを契機に、
フォイクトが挑戦し記録を達成。

それに鼓舞され、10月に挑戦に即断したマティアス・ブレンドレは、51,852kmを出し、
シーズンオフともあいまって、3ヶ月間も記録を保持できた。

つまり、去年の時点では、なにやら先手必勝の様相だった。

今年に入ってからは、入念に記録を狙う真打ちが続々登場し、
トーマス・デッケルなどは好タイムだったにもかかわらず、2主観前にローハン・デニスが52.491kmを
出していたため記録達成ならず。

6月7日には遂にウィギンスが挑戦するそうで、記録にもよるだろうが、その後はなかなかチャレンジしづらくなりそう。

カンチェッラーラはかなり慎重になっている雰囲気だ。
早いうちに登場していれば気は楽だったはずだけれど、記録を作ること自体より
ハイレベルの記録そのものを狙う王者としては、万全の体勢でのぞみたいのだろう。

後になるほど、挑戦は重くなる。
2015.05.07 Thu | Road Races| 0 track backs,
"shw-greenwood" template design by Shallwill