訂正が入りましたので注意 > 【Raphaプレスリリース】全7種のツアー・オブ・ジャパン限定キャップを会場にて販売 モバイルサイクルクラブがホストするレース観戦ライドも全ステージで開催」
先のRaphaのお知らせのキャッププレゼント部分に訂正が入ったので以下掲載。
なお元のエントリーも訂正済です。


(誤)
「富士山ステージのみライドは開催せず、自走でふじあざみライン5合目まで観戦にやってきたライダー先着15名にキャップをプレゼントするキャンペーンを実施します。朝9:30から10:00までに5合目まで愛車とともにお越しください。Raphaスタッフが「富士山キャップ」をお渡しいたします。」

(正)
「富士山ステージのみライドは開催せず、自走でふじあざみライン5合目まで観戦にやってきたライダー先着15名にキャップをプレゼントするキャンペーンを実施します。朝8:30までに5合目まで愛車とともにお越しください。Raphaスタッフが「富士山キャップ」をお渡しいたします。なお、当日は7時より交通規制が入るため、自走の際はそれ以前に登り始める必要がございます。」
2015.05.18 Mon | Road Races| 0 track backs,
ツアー・オブ・ジャパン / 第2回大会でNHK21時のニュースで特集された橋川健選手
 ランス・アームストロングとチームメートだったときの橋川選手の画像を久々に再アップ


ツアー・オブ・ジャパン(TOJ)というロードレースの大会があることを初めて知ったのは、
NHKの21時のニュースだった。

1997年、第2回TOJを前に、”ベルギーチームで走る注目の日本人選手”の特集があった。
ベルギー一人暮らしでお米を研ぐ姿が映し出されるなど、ちょっとした密着取材だった。

東京ステージを見に行った。
橋川選手はTVカメラとマイクで包囲され、やはり注目度は抜群。

hashi23.jpg


当時は外国人選手が圧巻で、橋川選手、区間でも総合でも表彰台には立てず。

【個人総合順位】
1位 バート・ボウエン(サターン) 21:23:00
2位 リカルド・フェラーリ(日本鋪道) +1:17
3位 ピーター・ロジャース(ZVVZ) +1:52



その後、橋川さんは帰国し、ブリヂストンアンカーへ移籍。

一方当方はその頃、本ロードレースのサイトを立ち上げ、
2001年からはネット形式の人気投票のページを設置。

橋川選手からも、人気投票の清き一票が舞い込んだ。
(現役選手から投票が舞い込むとは思いもよらず、驚いたのを覚えている。)
その中で、1992年、実はランスと同じチームに所属していたことがある、と明かした。


以下再掲:


はしかわ けん さん より -------------------------

好きな選手 : ランス・アームストロング
理由 :ランス・アームストロングについて、元チームメイトとして一言 言わせてもらおう。ランスはイイ奴だ。僕が研修生としてモトローラで走った92年、彼はまだチームに馴染めない俺を「ケーニー」って呼んで気を使ってくれて、ツール ド ラブニール(リトル ツール ド フランスと呼ばれる、ソシエテ ド ツール……が主催のツアー)でルームメイトになった時なんて、俺のイビキをモノともせず、「気にするな!」って言ってくれた!!俺のイビキを「気にするな」と言ってくれた選手はこれまで藤野 智一とランスだけである。

好きなチーム:モトローラ
理由 :やっぱ、いろんな事を経験させてくれて、このチームで得た事は今でも僕の財産である。僕にとって手の届かなかった、ドリーム チーム。

好きなレース:自分が走る海外のレース
理由 :バンバン動きがあって面白い!

-------

最後にメッセージ欄には、本人のHPに関する情報をよせてもらった。
(現在はFBに移行


さて、そのランスとチームメートだったときのポスターは、今も家宝としてとってある。


hashi45.jpg


橋川選手はココ:

hashi46.jpg


選手紹介。左下に:

hashi2.jpg


ちなみに1997年ジャパンカップの際には、前年、つまり1996年のレース風景のオレカが販売され、
右に橋川選手が写っていた。

hashi34.jpg



今振り返ると、1997年のTOJはひとつの契機だった。

つまり、それまでインドゥラインなど、海外選手に目が向いていた自分に、
日本選手の存在をアピールしてくれたのが、NHKの橋川選手特集であり、
それを受けて実際に観戦に行ったTOJだったというわけだ。


さて、いよいよTOJ開幕。
それぞれの記憶に残る場面が、さまざま創出されるに違いない。

.
2015.05.18 Mon | Road Races| 0 track backs,
"shw-greenwood" template design by Shallwill