ジャパンカップ 2015 
 予想以上の大雨被害目下使用予定のコースにも影響


10月末開催のジャパンカップの記者発表があった。
http://www.japancup.gr.jp/node/2208
http://www.japancup.gr.jp/node/2210


招待チーム、来日予定者が明らかになり、例年ならその情報が目玉となるものの、
今回、それよりも、コース変更発表の方がインパクトがあった。


当初プレゼン資料は従来通り14.1㎞x10周+10.3kmx1周で作成され、
その上からバツ印でコースマップに訂正が入り、距離情報も変更前と後の数字が明記された。
慌ただしい差し替え作業からも、変更が急であったことがわかる。


台風18号による大雨被害によるこの変更。
10.3km×14周=144.2km
となり、名物鶴カントリークラブの上りは削られた。

当該部分が被害を受けたようで、
実はそれ以外にも使用予定コース上にダメージはあり、復旧した上で使うそうだ。

あの大雨が宇都宮にも被害をもたらした、という一報が入ったとき、
ツイッターで、ジャパンカップを心配する声が次々聞かれた。
それが杞憂ではなく、現実だったことは衝撃だ。


この日の会場はスバルビル。
スバルはもはや日本のロードレースにおけるシュコダ的位置に上り詰め、とても頼もしい。

力のこもった発表スタイルで、ジャパンカップの成長ぶりをしみじみ感じた。


P1740097.jpg
P1740095.jpg
P1740090.jpg
P1740094.jpg
P1730989.jpg




FC2へブログ移行する前の1999年~のロードレースニュースを復旧中 ==> Mas.ciclismo特ダネアーカイブ 

● Updated :(~2001.7.1) / ホセ・マリア・ヒメネス不調始まる

ヒメネスが亡くなったのは2003年12月。その2年半前から不安定な兆校が現れていたことを再認識した。
2015.09.17 Thu | Road Races| 0 track backs,
"shw-greenwood" template design by Shallwill