チーム・ノボ ノルディスク / ジャパンカップで糖尿病への理解を求める
■ 旧チーム”タイプ・ワン”は、2013年から現スポンサーのもとTeam Novo Nordiskとなった後、全員が糖尿病患者で構成
■ 所属アスリートはロードレーサー以外も。ランナー、トライアスリートなど
■ 1型糖尿病は全体の5%、2型糖尿病は95%


2014年に引き続き、今年もチーム・ノボ ノルディスク がジャパンカップで来日する。

2008年頃から本格的に活動し、旧チーム名はチーム・タイプワン。
糖尿病のType One、つまり1型の選手を雇用し、スポーツを通じて病気への理解を促してきた。
とはいえ当時は、糖尿病ではない選手も所属した混合チーム。


けれど2013年に糖尿病治療にも貢献するヘルスケア企業ノボ ノルディスク社がスポンサーとなってからは、
規則が変更となり、所属選手は、すべて糖尿病を患う人たちで占められるようになった。
(そのあおりで、ギリシャ人選手らがエウスカルテルに翌年移籍せざるを得なくなった。)


さらに規模は拡大し、ランナー・トライアスリートのチーム、MTB、女子チームなども抱えている。
かつての名称”チームタイプワン”からも推測される通り、
糖尿病には1型と2型がある。
チーム・ノボ ノルディスクは、2型の選手のみで構成されるタイプ・ツー(Type Two)のチームも擁している。


糖尿病の1型、2型についてはこちらhttp://www.nagayoku.com/basic1/kind/に説明がある。

なんでも、インスリンが全くない、あるいはほとんどない1型は、糖尿病患者の5%を占めるにすぎず、
2型の方が大多数のようだ。


今回の来日メンバーでおなじみは、ハビエル・メヒアス。
サウニエル時代、去年に引き続き、3度目の来日となる。

今季はUSプロチャレンジ第6ステージで2位の快挙!
そして、総合敢闘賞ジャージをゲットした。
ジャパンカップでもエースとなる。

(サウニエル時代)
P1000321.jpg


Japan Cup出場リスト:http://www.japancup.gr.jp/node/2166


デンマーク籍のグローバルヘルスケア企業ノボ ノルディスク社日本法人のサイトにも、
Japan Cup関連アナウンスが出ている。
文末には、こんなメッセージも。

http://www.novonordisk.co.jp/content/Japan/AFFILIATE/www-novonordisk-co-jp/Extweb/news/2015/07/29/PR_15_20.pdf

チーム ノボ ノルディスクのミッションは、糖尿病と共に生きる人々を元気づけ、彼らが治療に積極的に取り組み、
それぞれの人生の目標に向けて生きていくことを応援することです。ノボ ノルディスク社は、チーム ノボ ノルディス
クと一緒に、糖尿病と共に生きる人たちが、自分の夢を実現できるように前向きに糖尿病と向き合い、それぞれの人
生の目標に向けて糖尿病を克服していくことを応援しています。



スポーツを通じた社会啓蒙と、患う人々への励ましという独特のミッションを担いつつ、
チーム・ノボ ノルディスクの面々が宇都宮を駆け巡る。
ジャパンカップはいよいよ今週末。

http://www.teamnovonordisk.com/
2015.10.14 Wed | Road Races| 0 track backs,
"shw-greenwood" template design by Shallwill