マルセル・ビュスト再登場
アーカイブを更新していたら、丁度先日11/13のエントリーで触れたマルセル・ビュストの記事が登場した。

落車で失明の危機に面した彼は、古巣フェスティナを引き継ぐコーストの幹部になったのだった。
アーカイブ記事は、その時のヘッドハントの様子を伝えている。

しかしそのチームコーストもやがて解散。
ウルリッヒのオペラシオンプエルト事件もあり、ドイツ自体の自転車競技が衰退。
ビュストにとってはダメージは大きかったことが偲ばれる。

ロードレースニュース・アーカイブ更新中 (現在2001年8月中旬)
2015.11.16 Mon | Road Races| 0 track backs,
"shw-greenwood" template design by Shallwill