ダビ・カニャダの訃報
オンセ、サウニエルなどでアシスト役をこなし、皮膚がん(メラノーマ)で大変な思いをして、
2010年に引退、その後とくに大きなニュースが浮上することもなかったダビ・カニャダの突然の訃報。

(写真は2003年ジャパンカップ。)


PA260983.jpg



がんが悪化したのだろうか?
そう思って記事を読んだところ、レースにて、と書いてある。

リバゴルサといういわゆる自転車ツーリングで他の参加者とぶつかり、落車。
激しく地面にふり落とされた結果だそうだ。


ここまでせつない気持ちになるのは、恐らくこういうことなのだろう:

これまで幾多のアルプス、ピレネーの目もくらむような下りをこなし、
幾多の危険な落車にも遭遇しただろうに、
命を落とすことなくプロレースの場を乗り切って、さらに
厳しい癌を乗り越えたのに、
これから穏やかな人生が歩めそう、そんな予感に包まれていたであろうこの時期に、
愉しむはずのアマチュアの自転車ツーリングでこのような不幸が待っていたとは。。。



ガン宣告の後、2009年ジロでは走れない代わりにスタッフとして
ヴェネチア入りしていたカニャダ。
この時のチームはフジ・セルヴェット。
短命に終わったチームだ。

この時のカニャダは手術前。
宙ぶらりんということもあり、やや老け込んだ印象があった。


P1560167.jpg



チームバスの裏で女性スタッフにアタックしている姿を見たのもこの時のこと。

でもこの女性、結構つれなくて、ドライな対応ぶりで、
別の選手と仲良さげな姿をそのあと見せつけていた。

病気中だからこそ、なにか明るい材料を探したいと思っていただろうに、、、
などとやきもきしてこの光景を眺めていた。


P1560164.jpg


(写真:プレゼンでは、スタッフとして)


P1550060.jpg

P1550058.jpg



2007年のツールには、急きょ代役で出場が決まり、
嬉しさ半分、哀しさ半分の想いを味わった。

というのも、引退後を見据えて、丁度 整体師の資格を取るべく勉強しており、
この時期試験を受けるはずだった。
計画を一部修正せざるを得なかった。

それでもツールに出られて嬉しそうだった。


P1080635.jpg



実は昨日、知り合いの知り合いに不幸があった。

その人は脳梗塞で九死に一生を得て復活し、杖をつきながらも
職場復帰し、家族も喜んでいた。
本人も前向きに元気そうにしていた。
しかし5年後、別のガンで急逝。
脳梗塞を乗り越えたのに、なんとも無念。。。

そんな話を聞いたばかり。

カニャダの訃報がだぶる。
皮膚がんを乗り越えたのに。。。


なんとも無念な訃報だ。
合掌。


http://www.ciclo21.com/david-canada-muere-en-la-puertos-ribagorza/
2016.05.29 Sun | Road Races| 0 track backs,
ラファ ニュース
ツアー・オブ・ジャパン大会限定Tシャツを販売 全ステージでサンプルセールも開催

イギリス・ロンドン発のサイクリングアパレルブランドRapha(ラファ)では、日本最大のステージレース「ツアー・オブ・ジャパン」の全ステージ会場にて大会の開催を祝す限定オリジナルTシャツを販売いたします。併せて過去製品のサンプルセールや観戦ライドを開催します。

Raphaが誇る「移動式ライドハブ」モバイルサイクルクラブがその機動性を活かし、ツアー・オブ・ジャパン全ステージに乗り付けます。富士山ステージを除く全ステージでは「TOJ観戦ライド」もホスト。ライドをしつつ、レース観戦も楽しみます。



Rapha オリジナルの ツアー・オブ・ジャパン2016 Tシャツ

日本最大のステージレース、ツアー・オブ・ジャパンの開催を祝い、Raphaでは大会にインスパイアされたオリジナルTシャツを製作。モバイルサイクルクラブのベースデザインを踏襲した日本の富士山を思わせるグラフィックに、各地で開催されるステージの多様性を表現するカラーをちりばめた、TOJ会場でのみ販売される限定Tシャツです。

レアなアイテムも! 過去最大規模のサンプルセールを連日開催

Raphaの過去のアーカイブ製品を一挙に放出するサンプルセールでは、過去5年ほどの春夏アイテムを中心にお買い得価格で販売を行います。なお、数に限りがあるため売り切れ次第終了となります。


TS_201605202345453a4.jpg


富士山を除く全ステージで「TOJ観戦ライド」を開催

今年も全ステージ(富士山を除く)でTOJ観戦を楽しむライドを開催します。Raphaの直営店サイクルクラブ(大阪・東京)やレースのスタート地点に集合し、ゴール地点を目指しその土地土地を走るライド。レース会場にて解散となり、ゴールまでレースを観戦いただけます。

グループライドの難しい富士山ステージでは、自走ライダーを讃え、ふじあざみライン五合目へ自走で登ってきて停車中のモバイルサイクルクラブにお越しいただいた先着5名の方にオリジナルの富士山キャップ(2015モデル)をプレゼントします。

ライドは参加無料、申し込み不要。全7つのライドの詳細・集合場所についてはモバイルサイクルクラブのページにてご確認ください:
http://pages.rapha.cc/ja/clubs-ja/louison


ツアー・オブ・ジャパン現地からの発信も

Raphaではこの日本最大のロードレースを現地から様々な角度にて発信します。勝敗だけでないロードレースの実際や、キーとなった選手、小ネタなどレースをより楽しく興味深く見てもらえる発信をRapha JapanのFacebook、Twitter、Instagramを通じて行う予定です。ぜひフォローをお願いします。

Facebookページ:https://www.facebook.com/RaphaJapan/
Twitter:https://twitter.com/rapha_japan
Instagram:https://www.instagram.com/rapha_japan/


写真上:TOJ全ステージを巡るRaphaの移動式ライドハブ「モバイルサイクルクラブ」


熊本地震への寄付金を引き続き募ります

ゴールデンウィークに熊本地震支援のチャリティライドキャラバン「RIDE FOR KUMAMOTO」を開催したモバイルサイクルクラブでは、東京ステージまで引き続き寄付金を募ります。一口¥1,000からの寄付をいただいた方には、RIDE FOR KUMAMOTOロゴスティッカーとコーヒーをプレゼントいたします。
2016.05.20 Fri | Road Races| 0 track backs,
2001年ロードレースニュースアーカイブ (2001年最多勝利選手・最多勝利国情報)
古いロードレースニュースアーカイブ更新情報:

2001年の最多勝利選手関連情報を更新:
http://blog.livedoor.jp/maillotblanc/archives/9238398.html
2016.05.15 Sun | Road Races| 0 track backs,
株式会社コリドーレ、ボトムブラケットの完成形「WISHBONE」取り扱い開始
株式会社コリドーレ ニュースレターより :


株式会社コリドーレ(本社:京都府木津川市、代表取締役:中田 真琴)は台湾のサイクル用精密機器メーカー「WISHBONE(ウィッシュボーン)」の日本での販売を開始いたします。


昨今のフレームは主に圧入式のBB規格が採用され、設計の自由度が増したことによる高剛性化や軽量化に寄与しています。一方で、音鳴りなど圧入式BB規格による問題も発生することが多くなりました。
またメーカーによる規格の乱立、クランク規格の多様化により、適合するBBが無かったり用意することが難しいケースも見受けられます。


WISHBONEはそれらの圧入式BB規格の問題を解消する構造と、現存するほぼすべての規格に対応した豊富で幅広いラインナップで展開し、まさに「THE PERFECT BB」と呼べる完成度の高さを誇ります。


<製品特徴>
・ワンと一体型のスリーブ同士をねじ込み左右から挟み込む構造により、音鳴りなどのトラブルを解消し、剛性も確保。また、圧入時に左右のフェイス面が斜めになってしまうなどのフレームに負担がかかるトラブルも発生しにくい構造となります。
・左右のワンがねじ込まれ一体になることにより、左右の平行度が高い精度で出てベアリングの性能を活かす構造です。また、フレームの精度に影響されません。
・ベアリングはG5等級の高品質セラミックベアリングを使用。セラミックベアリングならではの滑らかな回転と剛性感が特徴です。また、防塵性の高いシールを用いることで耐久性も確保しました。
・BB30やPF30、BB86等の現在主流となる規格のみならず、BB65やBBright、BB30AやTHRED FIT82.5等の特定のフレームメーカーのみが採用するBB規格もラインナップしています。対応するクランクはシマノやスラム、カンパニョーロ、ROTOR、BB386EVO等ほとんどのものを用意しております。
・シマノ用のボトムブラケット取付けツール(一部商品は別売の取付けツール)で簡単に取り付けることが可能です。

またフレームの仕様とご使用されるクランクの組み合わせで、どの商品が対応しているのかを見つけやすい早見表を添付いたしますのでご活用ください。

corri1.jpg

​WISHBONE全製品一覧早見表


Corri2.jpg

​BB86シマノ用製品 定価18,000円(税別)*最高級品質G5セラミックベアリング仕様


販売開始時期: 発売中
商品価格例 : ¥18,000(税別) *シマノクランク対応モデル。他ウェブサイトをご確認ください。
取り付け工具: 全体の8割の商品はシマノ製のBB取り付け工具(TL-FC32/36)で対応しています。その他一部BB386径の商品は専用工具が必要となりますが、販売店様へは該当商品の初回出荷時に無償で同梱させていただきます。一般ユーザーの方へは1個1,500円(税別)での販売になります。

WEBサイト : http://www.corridore.co.jp


会社名  : 株式会社コリドーレ
所在地  : 〒619−0216 京都府木津川市州見台4丁目1-5 新興ビル301
電話番号 : 0774−75−2585
FAX番号 : 075−320−2518
営業担当 : 中田 真琴、秋山 悟郎
2016.05.15 Sun | Road Races| 0 track backs,
『砂田弓弦写真集 ツール ・ド・フランス 続七月の輪舞』 中面の画像
4/13のエントリーで告知文を掲載した
『砂田弓弦写真集 ツール ・ド・フランス 続七月の輪舞』 。


中面画像が到着した。

(4/13に掲載した表紙も、下方にて再掲)


004-005.jpg

009 (1)

010-011 (1)

067 (1)

076-077.jpg

118-119.jpg

139.jpg

170-171.jpg



索引には、文中に登場する選手名がアルファベット順に並ぶ。

184-185.jpg



表紙再掲:

TDF.jpg



告知文再掲:

  ヤエスメディアムック499
『砂田弓弦写真集 ツール ・ド・フランス 続七月の輪舞』
 ツール・ド・フランスはサッカーのワールドカップ、オリンピックに次ぐ世界3大スポーツイベントの一角を占めてしています。
 2009年に刊行した『砂田弓弦写真集 ツール ・ド・フランス七月の輪舞(ロンド)』は、大人気で版元品切れとなりました。その続編となる写真集を、5月18日(水)に刊行します。
 第1章「選手の感情」は、闘志・苦しみ・喜び・悲しみ・笑いという感情別の構成。第2章「レースの状況」は、街・観客・悪天候・事故という情景・状況別の構成。ここまでは2010〜2015年に撮影した写真を収録。第3章は、1989年から現在に至る「記憶に残る選手」。ショーン・ケリー、グレッグ・レモン、ミゲル・インドゥライン、マルコ。パンターニなど、ポジフィルムで撮影した時代の貴重な写真も含まれています。
 各章の冒頭にはイントロ文、第1章と第2章はテーマごとにエッセイ、全写真に詳しい説明文が付き、写真と文章が相まって現代のツールを描き出します。
 砂田弓弦ファン、自転車レース観戦愛好者の皆様にお薦めの一冊です。
 
・序文 フランスの自転車レースジャーナリスト、JF・ケネ  
・第1章 選手の感情
闘志、苦しみ、喜び、悲しみ、笑い
・第2章 レースの状況
街、観客、悪天候、事故
・第3章 記憶に残る選手
  32人の選手
・総合成績表 1986〜2015年
・選手名索引 欧文表記
・著者後書き

 著者の砂田弓弦氏は1989年からイタリアのミラノ近郊に取材拠点を構え、自転車ロードレースの本場で取材をしています。ツールの取材は2016年で28年目を迎えます。2008年にはツール取材20回の表彰を受けました。主要自転車レースでモト(オートバイ)の後席から撮影を許されている数少ないフォトグラファーです。2016年度はUCI国際自転車競技連合トラックレースの公式撮影を担当しています。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
≪大型本≫
■A4ワイド判(天地297㎜×左右235㎜) ■オールカラー ■並製カバー装 ■全188ページ ■エッセイ収録
2016年5月18日(水)発売 定価:本体2,400円+税 
八重洲出版発行 978-4-86144-402-9



2016.05.10 Tue | Road Races| 0 track backs,
兄弟ライダー
あまたいる兄弟ライダーの中で今まで一番悲哀を感じたのは
ボンジュールにいたナゾン兄弟。
やがて弟のジャンパトリックがFDJに移籍して、以来同じチームで走ることはなかったけど、
兄のダミアンも弟も、ともにスプリンター。
兄だけがツールに出て、弟が超ぶてくされたのが忘れられない。
ツール中継は絶対見ない、などと言っていた。
互いをライバル視していた。
母は、「片方がクライマーだったらよかったのに」と漏らした、、、
そんな逸話も記憶に残る。


★ 昨今で兄弟ライダー・・・といって浮かぶのは -


どちらか片方が世界に名だたる選手、というケースでいうと、
サガン兄弟、ニバリ兄弟、キンタナ兄弟。
世界王者になったコスタも兄弟選手。
いずれも今現在実力差がありつつも、それぞれを認め合っている感じ。

注目選手の部類では、パッと頭に浮かぶのは
イエーツ兄弟とイサギレ兄弟。兄弟で多少戦歴で差はあるものの、
各々得意レースで着実に走っている。

とはいえ双子のイエーツ兄弟の場合は、
結構なライバル心を抱いているのでは、などと推察。

もっとも近頃サイモンの方が薬物の摂取に関してグレーになって、
医師の不手際ということではあったけれど
ちょっと水を差された感じ。


ブアニ兄弟は、今年同チームになったことで話題になった。
同じチームということでいうと、エナオ兄弟とか、エラダ、ルドヴィグソンとか。

ベテラン~中堅の領域だとシャヴァネル兄弟、ヴェリトス兄弟、マイヤー兄弟。
さらにフェイユ兄弟。
ブリスの方はFortuneo、兄ロマンの方はHP-BPTにいるらしい。

兄がベテランというケースでサルツバージャー。

片方が引退したケースだと
シュレク兄弟。モーリ兄弟。

3兄弟ならクレイデル・・・

ざっと思いつくままなのでほかにもいろいろいるけれど、
これだけ並べても、もっともインパクトがあったのは=”兄弟選手”という看板を降ろせなかった選手といえば
もうとっくに引退しているフランソワ・シモンだ。

兄たちがツールで活躍し、
何かと言うと”シモン兄弟の末っ子”、と言われていた。

彼が映るたびに、兄弟の話が漏れなくでるような
それほど兄弟選手としてクローズアップされていた記憶がある。


さんざん言われた挙句、
フランソワ・シモンがついにマイヨ・ジョーヌを着たとき、01年:

P7200708.jpg

P7185868.jpg



さらに兄弟選手として記憶に残るのはガルデアノ兄弟。
見れば見るほど似ていなかった。

こっちは兄のアルバロ・ゴンザレス・デ・ガルデアノ。

P7223557_201605092114079f3.jpg


弟イゴール。

P7170424.jpg


個人的に手を焼いたのはオサ兄弟。
双子じゃないのに、なかなか区別がつかなかった。

こちらはアイトール。
顔を覚えているわけでなく、この時「ウナイか?」と聞いたら
「アイトールだ」と回答したので覚えている。

P7253634.jpg



冒頭のナゾン兄弟。上が兄。
やはりこの2人も顔は似ていない。

P7220132_2016050921214254c.jpg


弟ジャンパトリックJCにて。

0053_20160509211803244.jpg


兄弟選手にもいろんなパターンがある。
2016.05.09 Mon | Road Races| 0 track backs,
あのひとは今? パヴェル・パドルノス(USP)
ツイッターで古いツールの写真を入れている人がいて、
長らく忘却の彼方にあった選手のことを思い出した。

元USPのパヴェル・パドルノス。
寡黙な仕事人だった。

これは2003年ツールの写真。

P7230354.jpg


今何をしているかと思いきや、
Klein Constantia クライン・コンスタンチアというチェコのチームのDS(監督)をしているらしい。

http://www.kleinconstantiacycling.com/staff/


彼を最後に見たのは、引退後の2009年。

モナコのツール初日で彼の姿を見つけた。

でも、ランスの当時のチームアスタナに寄りそうわけでなく、
孤高に立っていた。

ただ現役時代の様なしかめつらじゃなく、
リラックスしてうっすら微笑みすら浮かべているような感じ。

ランスの呪縛から逃れて、伸び伸びしているんだろうな
そう思った次第。

ランスのアシスト役は、結構気苦労絶えなかったかと思う。
ルビエラのように、ランスからべた褒めされていた人は別にして。


ちなみに、2003年ごろの写真は、きちんと写真整理しているので
すぐにお目当ての写真が出てくるけれど、
2009年頃になると、写真数が膨大で、
エクセルに選手名と写真番号を入れるなんていうことをしなくなった。

おかげで出てこない・・・2009年のパドルノスの写真。
一枚ぐらい撮ったと記憶してるんだけど。
2016.05.08 Sun | Road Races| 0 track backs,
検査機関に資格停止処分
◆ 検査機関に陽性判定隠しの疑いの例も


南アフリカの”ドーピング検査機関”が資格停止処分になったというニュース。

アフリカ唯一の公認検査機関であったが、
国際標準化機構の監査で引っかかった模様。

監査で手順に齟齬があった場合、不当な結果を出していた場合
などが見つかった場合、こうした処分が下される。

9月30日までの処分ながら、今後の対応・確認次第では
それ以上長引く可能性も。


とはいえ、南アフリカが初の処分ではなく、
ロシアでは例の大量違反発覚で
すでに検査機関が資格はく奪になっている。

加えて、リスボンと中国のラボも処分を受けている。

中国の場合は、陽性判定が出るべきケースで
2件陰性の結果と判定していた。
中国のラボ側は、手順不備を理由にしている。


世界中には34の公認検査機関があるそうだが、
そもそも根幹に関わる機関がこれでは
一体何を信じればいいのやら。



http://www.cyclingnews.com/news/wada-suspends-south-african-laboratory-news-shorts/?utm_content=buffer95185&utm_medium=social&utm_source=facebook.com&utm_campaign=buffer
2016.05.05 Thu | Road Races| 0 track backs,
"shw-greenwood" template design by Shallwill