Raphaニュース
Rapha Women's 100 世界中の女性サイクリストが100kmをライドするグローバルイベントを今年も開催

 
イギリス・ロンドン発のロードサイクリングウェアブランドRapha(ラファ)は、今年も世界中の女性サイクリストが100kmを走るグローバルライドイベント 『Rapha Women's 100』を7月17日に開催します。参加方法や、ライドの企画方法、オフィシャルライドについてご案内します。


ra1.jpg


Rapha Women's 100とは

2013年にRaphaイギリス本社の女性スタッフが発案した、「世界中の女性サイクリストが同じ日に100kmを走る」ことを呼びかけるグローバルライドチャレンジプロジェクト。目標は、年々増えている女性サイクリストがチャレンジングなライドをする機会の創出。走り慣れたライダーは、その経験を生かしライドを企画して他の女性サイクリストが100kmを達成できるサポートをすることもできます。同じ日に世界中で走るライダーがいることで、サイクリストの連帯を同時に示し、100kmへの挑戦を後押しします。


2016年は7月17日(日)に開催 達成者にはワッペンを贈呈

今年は7月17日(日)がWomen's 100の当日となります。一人で走るもよし、走り慣れた仲間と一緒に走るもよし、あるいはあなたのお近くで開催されるライドに参加することもできます。Rapha公式サイトのWomen's 100ページから事前にエントリーし、当日100kmを走りそれを申告すれば、もれなく特製ロゴワッペンが贈られます。

Rapha Women's 100 エントリーページ
http://pages.rapha.cc/ja/womens100
r2_20160627232922128.jpg
※達成賞のワッペンとなる Women's 100ロゴ


お近くのライドを探す あるいは自分で開催する!

Women's 100の特徴は、自発的なグループライドが各地で開催されること。下記、日本のライド情報ページからお近くのライドを選んで参加することもできます。また、近くでライドがない場合にはグループライドを企画することもできます。ぜひ多くのサイクリストを募って一緒に走ってみませんか?

Rapha Women's 100 日本で開催されるライドをチェックする
https://pages.rapha.cc/womens100-locations/japan

Rapha Women's 100 グループライドを作成する
https://pages.rapha.cc/ja/womens100/create-a-ride


r3_2016062723292426e.jpg


Rapha Japanが企画するライドも東西で開催

Women's 100の機会に際し、Rapha Japanでも東西でグループライドを開催します。関東は伊豆下田、関西は淡路島でそれぞれの100kmライドをサポートします。
Women's 100 伊豆 by Rapha Japan
https://pages.rapha.cc/ja/womens100-rides/womens-100-izu
Women's 100 淡路島 by Rapha Japan
https://pages.rapha.cc/ja/womens100-rides/womens-100-awajishima-by-rapha-japan


100kmを走るための、元プロライダーからのアドバイス

Women's 100に連動し、Raphaでは女性サイクリストによる女性サイクリストが100kmを走るためのアドバイス記事も公開。7月17日の当日に向けてのビルドアップを楽しみながら行うためのヒントが詰め込まれています。

WOMEN’S 100: トレーニングのアドバイス
https://pages.rapha.cc/ja/women-jp/womens-100-training-advice


ハッシュタグ #womens100 で世界中の女性ライダーとつながる

今やサイクリストにもお馴染みになった写真共有SNSのInstagram。ハッシュタグ #womens100 をのぞいてみれば、すでに多くの女性サイクリストが7月に向けての準備やライドを進めているのを知ることができます。文字通り世界各国のライダー達が、それぞれのやり方でライドをしている様子はとても興味深いものです。また、このハッシュタグをつけて投稿すれば外国のライダーからコメントが入ることも。みんなで目指すWomen's 100はSNSとの相性も抜群。当日まで数多くの写真がアップされていきます。

Instagram #womens100 写真を見る
https://www.instagram.com/explore/tags/womens100/
2016.06.27 Mon | Road Races| 0 track backs,
宮本輝氏の小説と、全日本選手権ロードレースに挑んだBHサポートライダーたち
宮本輝氏の小説 『田園発港行き自転車』を読み始めたら、
ツールやビアンキ、BHなど、次々にロード関連の話が出てきてびっくりした。

自転車で赤い橋を目指すというエピソードが入るなど、
自転車で旅する話が中心的に出てくるのだけど、
それだけでなく、自転車関連の仕事をしていた男性が、
かつてツール出場を目指していた、そんな挿話も含まれる。
ジロ、ツール、ブエルタは3大ツールで、
そんな会話もある。





主人公たちの旅のお供には、ビアンキとBHが使われていた。

==========================

・・・ということで、ここでBHのニュース:


BHは日本の自転車選手のサポートもしており、
このほどサポートライダー4人が全日本選手権に出場。

顔ぶれは、孫崎大輝選手(早稲田大学・U23)、西加南子選手(LUMINARIA)、合田祐美子選手(BH ASTIFO)、
青木紗矢香選手(BH ASTIFO)の4名。

結果は :

孫崎大輝選手が、
出場132人中完走42人というシビアな状況で、23位。

36人で争った女子エリートで合田選手が7位完走と健闘。
西選手、青木選手はDNFに終わった。


4人の選手の紹介を。
(BH BIKES JAPAN コミュニケの引用をまじえて。)


● 孫崎大輝選手は、ネイションズカップなど海外のレースを経験し、先日開催されたツアー・オブ・ジャパンでは日本ナショナルチームのメンバーとして積極的なレースを展開してきました。

● 全日本選手権やジャパンカップを制してきたベテランの西加南子選手は、春先より沖縄県で厳しいトレーニングを積み重ねてきたそうです。

● 合田祐美子選手はここ2年間の全日本選手権では3位、4位と安定した力を発揮。

● 青木紗矢香選手は北大自転車部出身のママさん選手。北の大地で雪の中を必死にMTBでトレーニングを積み、仕事・育児・家事と全てを両立させながら努力を積み重ねいます。
2016.06.25 Sat | Road Races| 0 track backs,
「Ready Go JAPAN」が チーム加入試験・トライアウトを実施
RGJからNews letter>>>


NPO 法人サイクリスト国際交流協会が活動を支援する
2020 年東京オリンピック日本代表選手輩出を目指す
女子自転車レースチーム「Ready Go JAPAN」が
昨年に続き女子賞金ロードレースを開催、同時にチーム加入試験・トライアウトを実施!


(写真撮影すべて:加藤智氏です)
RG4_9852.jpg



NPO 法人サイクリスト国際交流協会(本部:千葉県成田市/会長:須藤むつみ)が活動を支援する女子自転
車レースチーム「Ready Go JAPAN」は今年で設立 8 年目をむかえ、総勢 6 名の女子自転車レースチームと
して各地のレース出場を中心に活動しております。このチームが 2014 年から目標として掲げる「日本国内で
の UCI 公認女子ロードレースの実現」の手がかりとして、昨年に引き続き女子選手に賞金を授与するレース
「Ready Go JAPAN トロフィー・ウイメンロードレース」の 2 回目の開催を 8 月 7 日(日)千葉県成田市・
下総フレンドリーパークにて開催します。今年は賞金授与となる対象順位を広げました。更に同日には「第
10 回 Ready Go JAPAN トライアウト」も W-1 レース内で実施し、賞金獲得とともに Ready Go JAPAN へ
新規加入するチーム員も決定するという、非常に貴重な場になります。この内容をご案内申し上げます。


Ready Go JAPAN トロフィー・ウイメンロードレース(兼:男子マスターズロードレース)2016


RG4_9994.jpg


<大会概要>
主催・Ready Go JAPAN 女子自転車レースチーム
後援・NPO 法人サイクリスト国際交流協会、成田市、成田市教育委員会、成田ケーブルテレビ(株)(予定)
開催日:2016 年 8 月 7 日(日)
開催地:千葉県成田市:下総フレンドリーパーク・サイクリングコース(1 周=1.5km)
※なお同会場におきまして、東京都自転車競技連盟主催のジュニア選手レース「TCF フレンドリー・ロード
レース大会」も同時開催されます。


千葉県成田市 下総運動公園(フレンドリーパーク下総):会場ご案内
■ アクセス:JR 成田線・滑河(なめりがわ)駅から徒歩約 10 分
東関東自動車道成田 IC から約 25 分、圏央道・下総 IC から 5 分、神崎 IC から 10 分
■ 駐車場:会場内にございます(無料)。


<大会要項>
*レースカテゴリー
・女子レース
RGJ トロフィー・ウイメンロードレース W-1:20 周=30km
ウイメンロードレース W-2(上記以外の一般女子):6 周=9km
・男子マスターズ(40 歳以上男子):10 周=15km ※50 歳以上、60 歳以上は同時出走、別途表彰する
*RGJ トロフィー賞金について
・ウイメンロードレースⅠ(W-1)
優勝・3 万円、2 位・2 万円、3 位・1 万円、4 位から 6 位・5 千円、7 位から 10 位・3 千円
・ウイメンロードレースⅡ(W-2)
優勝・1 万円、2 位・5 千円、3 位・3 千円、4 位から 6 位・2 千円
・男子マスターズ
優勝・トロフィーと成田市特産品など(ほか 50 歳以上、60 歳以上の優勝に別途表彰)


*スケジュール
<RGJ トロフィーウィメンレース・マスターズレース>
11:00 受付開始
11:15 コース試走開始
11:45 コース試走終了
11:50 開会式
12:00 ウイメンロードレース 2・スタート(30 分)
12:30 男子マスターズ・スタート(40 分)
13:10 RGJ トロフィー・ウイメンロードレース 1・スタート(60 分)
14:15 表彰式・閉会式(公民館にて)

*参加費(傷害保険含む)
・RGJ トロフィー・ウイメンロードレース 1:3000 円
・ウイメンロードレース 2(上記以外の一般女子):3500 円
・男子マスターズ(40 歳以上男子):4500 円

*参加申込み締切日
2016 年 7 月 25 日(月)
※6 月 17 日(金)より参加申込みをスポーツエントリーにて開始

*参加問合せ先
Ready Go JAPAN チーム事務局までお願いします。 メール m-sudou@jbrain.or.jp(担当:須藤)


RG4_9965.jpg


<Ready Go JAPAN 女子自転車レースチーム代表:須藤むつみ氏からのコメント>
昨今の自転車ブームのおかげでサイクリングや自転車、そして自転車レースへの興味が高まってきておりま
す。しかし、まだ自転車レースに参加する競技人口は少なく、特に女子選手の人口は競技人口全体の 5%足ら
ずという現況です。これでは優秀な後続選手を輩出し育成するために、自転車レースに興味を持ってもらえる
ように普及と啓蒙活動がもっと必要な状況になっております。

この度、昨年に引き続き「賞金を獲得できる女子自転車レース」を開催することにより、女子ロードレース
選手たちに新たな明確な目標を持ってもらい、女子自転車レースそのもののステイタスを上げることで「自転
車レースは恰好良い」と女子選手たちが切磋琢磨する姿で魅力を感じていただける機会を得たいと考えます。
そして女子選手たちの活躍を通して、今後の自転車競技全体の人口を増やすことと共に、このレースから世
界のロードレース界に通じる素晴らしい人材を発掘したいとも考えており、この賞金付きレースのトップ女子
カテゴリーレースにおいて、10 回目の自転車競技<女子ロードレース>チーム参加選手のトライアウト(選
考会)も同時に実施いたします。

今年で 8 年目となる女子自転車レースチーム「Ready Go JAPAN」は、チーム設立より全てトライアウト
で所属選手を獲得しております。そして前回のトライアウトで選抜された 2 名の選手たちは、今年 4 月から
チームの正式所属選手となり、レースを中心とした活躍をしています。そしてチーム一丸となって、自転車普
及においても確実に実績を残しております。

今年で結成 8 年目となるチームは、さらに世界に通用するスポーツ選手の育成をはじめ、自転車を通じた社
会貢献活動などを通して、いち社会人として人間としての育成をも踏まえたシステムの構築を進めていきます。
今回のトライアウトでは実戦力も重視するため、自転車走行の経験があり自転車を所持していることを条件と
させていただきます。そして、チーム選手の強化計画を更に充実させるため「関東在住・在勤の方」という条
件を応募要項に加えさせていただきます。2016 年・9 月より Ready Go JAPAN のチームメンバーになること
を目指して、皆さんのトライアウト参加応募をお待ちしています。


<第 10 回 RGJ チーム加入・トライアウトについて>
このトライアウトは、日本人女子選手の育成と自転車を通した社会貢献を目的として、2008 年 9 月に設立
した NPO 法人サイクリスト国際交流協会の日本初の UCI(国際自転車競技連盟)公認を目指す、女子チーム
「Ready Go JAPAN」プロジェクトの一環として実施するもので、広く一般から脚力に自信のある女性アス
リートを募集ために実施するものです。

テスト内容ですが、今回の技能テスト(走行試験)は上記の「RGJ トロフィー・ウイメンロードレース
W-1」の実戦走行などを拝見します。このレース走行を実際に当日、多くの参加者や観客の皆様に見ていただ
くことで、自転車レースチーム加入の仕組みを知り、将来の目標にしてもらう啓蒙活動もおこないます。
※後日、個別面談などをおこなう予定です。こちらにつきましては受験選手へ個別にご連絡します。

応募要項、選考会実施要綱は別紙の通りです。


RG7_9654.jpg


<別紙>
第 10 回「Ready Go JAPAN」トライアウト(選考会)
- 募 集 要 項 - 


募集内容 : 今年・秋(9 月)より国内外の自転車競技<女子ロードレース>に参戦する、
        女子自転車レースチーム「Ready Go JAPAN」選手選考
募集人数 : 若干名
応募資格 :
①体力に自身のある心身ともに健康な、関東在住・在勤の 1996 年生まれ以前の女性
※目安として 20 歳以上の方(年齢の上限は設けません) 
②自転車走行の経験があり、自身のレース用自転車を所持していること。
※受験の際に使用する自転車はロードレース出走に耐えられるものをご用意ください。
(車種や装備など、ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せください)

<受験当日の用意などについて>
技能試験(レース走行試験)では、自転車及びヘルメット等のレース参加時同等の用意を
お願いします。

応募方法 : レース参加申し込みと同時に、規定の応募用紙を事務局から取り寄せ、
       必要事項を記入して事務局に郵送のこと。
応募締切 : 「RGJ トロフィー・ウイメンロードレース」参加申込み締切日と同じ 7 月 25 日(月)とする
受験費用 : 上記ウイメンロードレース W-1 参加料に含む
問合せ先 : NPO 法人サイクリスト国際交流協会事務局(トライアウト担当:須藤)
TEL・FAX 0476-29-4524 E メール m-sudou★jbrain.or.jp (★を@に変えて)


- トライアウト実施要項 –

実施日時 : 平成 28 年 8 月 7 日(日)「RGJ トロフィー・ウイメンロードレース」W-1 レース内
会 場 : 下総運動公園(フレンドリーパーク下総) 住所:千葉県成田市高岡 1435
実施種目 : 技能試験(RGJ トロフィー・ウイメンロードレース W-1)
※後日、個別面談などをおこなう予定。こちらにつきましては受験選手へ個別にご連絡します。

■ タイムスケジュール:「RGJ トロフィー・ウイメンロードレース」のスケジュールに準じます。


以下HPをご参照ください:
http://www.jbrain.or.jp/rgj/2016rgj-trophy_tryout.html
2016.06.24 Fri | Road Races| 0 track backs,
アーカイブ更新状況
2001年11月末のニュース一部更新:

http://blog.livedoor.jp/maillotblanc/

● イタリア結婚ラッシュ

● オンセ監督とセビーヤの会食:第2弾

2016.06.16 Thu | Road Races| 0 track backs,
CICLISSIMO編集部より告知
 自転車ロードレース・マガジン CICLISSIMO(チクリッシモ)NO.51〜ジロ・デ・イタリア完全レポート号〜が6月18日(土)に発売されます。

 5月6〜29日に開催されたイタリア一周レース、ジロ・デ・イタリアの完全レポート号です。今大会は、歴史に残る大逆転劇が起きました。マリア・ローザ安泰と見られていたクラウシュヴァイクが、第19ステージのチーマ・コッピ(今大会最高峰)、アニェッロ峠で雪の壁に激突、総合4位のニバリが区間優勝して一気にタイム差短縮。翌第20ステージで、逆転を果たしました。この逆転劇を、総括記事でたっぷりとレポート。

 このジロには、NIPPOの山本元喜が出場、日本人で5人目の完走を果たしました。果たして、どんな心境でレースに臨んでいたのか、現地でインタビュー。山本の他、2012年ジロ覇者のヘシェダル、2014ツール山岳王のマイカ、今ジロTT区間優勝のログリッチェにもインタビューを敢行しました

 その他、レースの現場で役に立つ「海外ロードレースの歩き方 4カ国語会話集〜日本語+英語・フランス語・イタリア語・スペイン語」を掲載。レース会場で選手とコミュニケーションするのに役立つ保存版です。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
砂田弓弦監修 自転車ロードレース・マガジン
CICLISSIMOチクリッシモ
2016 NO.51

6月18日(土)発売
定価1,620円【税込】
A4ワイド判

ジロ・デ・イタリア2016完全レポート 
 インタビュー
・ 日本人5人目のジロ完走 山本元喜
・ 2012年のマリア・ローザライダー・ヘシェダル
・ 2014ツール山岳王 ラファウ・マイカ
・ TT区間優勝の新人 プリモス・ログリッチェ

ジロ・デ・イタリア2016観戦&サイクリングツアー
 山本元喜を密着応援! ロード・MTB・E-バイクを現地レンタル

 保存版  海外ロードレースの歩き方 4カ国語会話集
       英語・フランス語・イタリア語・スペイン語

 連載  ロードレース界のスペシャリストたち
      パリの老舗自転車店三代目 シクル・ローラン



TdF2016OP_cover.jpg
2016.06.13 Mon | Road Races| 0 track backs,
バルサ監督のルイス・エンリケのツイートがロードレースに染まる
元レアル・マドリード、バルサのMFで、現在バルサ監督のルイス・エンリケのツイートが
連日ロードレースばかり。

ツールの最中も、恐らく盛り上がるに違いない。
特に応援しているモビスター絡みのツイートが増える予感。

自身がサイクリストのようで走っている様子もあれば、
LLサンチェスがケガに激励の言葉をかけたり。

ジロではコスプレでご満悦。





自転車大好きみたいだ。



ツールの最中は、どんな盛り上がりを見せるだろう。
ちなみにホアキン・ロドリゲスは大のバルサファンなので、
エンリケがモビスターにお熱なのはがっかりでは?と思ったりするが、
スペイン唯一のトップエリートチームなのだから仕方ない。
2016.06.12 Sun | Road Races| 0 track backs,
『ツール・ド・フランス2016公式プログラム』 発売情報!
ツール・ド・フランス開幕間近!
『ツール・ド・フランス2016公式プログラム』は、6/16販売予定です。



ヤエスメディアムック503
『ツール・ド・フランス2016公式プログラム』
ツール主催者A.S.O.公認の詳細ガイドブック

<特別付録>
2016ツール 特大ルートマップ(全21ステージの順位記入欄と高低図入り)

<コンテンツ>
出場22チームガイド

 ベルナール・イノーの分析/チーム沿革/選手リスト/チームバイク
全21ステージガイド
 ティエリー・グヴヌーのコース解説/平面図/高低図/通過予定時刻表
日本版オリジナル記事
「新城幸也 骨折からの戦線復帰〜ツール出場までのシナリオ」
選手・チーム・行程・ステージ・周辺・歴史の6章で詳細解説

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 2016年のツール・ド・フランスは第103回大会。7月2日(土)にユネスコ世界遺産のモン・サン・ミッシェルで開幕し、ピレネー山脈、中央山塊、アルプス山脈の順に反時計回りでフランスを一周します。途中、スペイン〜アンドラとスイスにも足を延ばし、7月24日(日)、パリ・シャンゼリゼにフィニッシュします。本ムックは23日間にわたるこの一大イベントを詳しく知るためのオフィシャル・ガイドブックです。大会主催者A.S.O.(アモリー・スポール・オルガニザシオン)公認のプログラムは世界各国で出版されており、刊行7年目となる日本版は6月16日(木)に発売となります。

 今大会注目の日本人選手は、2月のレースで落車・骨折した新城幸也ですが、6月4日に開催されたツアー・オブ・ジャパンの伊豆ステージで優勝し、戦線復帰を強烈にアピール。所属チームともども、通算6回目のツール出場を目指しています。2013、2015年のツール覇者、クリストファー・フルームは2連覇を目指し、アルベルト・コンタドール(2015年ジロ・デ・イタリア優勝)、ナイロ・キンタナ(2014年ジロ優勝)、ファビオ・アール(2015年ブエルタ・ア・エスパーニャ優勝)、リッチー・ポートなど、強力なライバルたちと激闘を繰り広げるのは必至! 例年にも増して、見どころのある大会となることでしょう。

 世界最大で最高格式の自転車レースを、公式プログラムを片手に満喫してください。毎年、売り切れの書店が続出しております。ぜひ予約購読をお薦めします。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■A4ワイド判 ■オールカラー ■全220ページ
■発売日:6月16日(木) ■付録とも定価:本体1,500円+税
■発行元:(株)八重洲出版 ■ISBN:978-4-86144-406-7



AMAZON:




TdF2016OP_cover.jpg

2016.06.11 Sat | Road Races| 0 track backs,
ラファモバイルサイクルクラブが金沢を訪問 誰でも参加可能なソーシャルライドを開催
Rapha ニュース:

イギリス・ロンドン発のサイクリングウェアブランドRaphaが、移動式ライドハブ&カフェ「モバイルサイクルクラブ」(愛称:ルイゾン)にて6月12日(日)に石川県・金沢市近郊の河北郡を訪れます。現地ではどなたでも参加できるソーシャルライドを開催いたします。


これまで日本各地で、その地域のサイクリスト同士の交流を促進するライドイベントを開催してきたRapha Mobile Cycle Club(モバイルサイクルクラブ)が、今回初めて北陸にやってきます。移動式車両には、ライダーのためにエスプレッソマシンが積み込まれ、ライドに参加される方に上質な一杯を提供いたします。

ライドは参加者同士の交流を図るため、脚力別に2種類を用意。初心者や脚力に自信のない方を対象としたショートコース(25km、200mUP)と、中級者向けのロングルート(46km、600mUP)で金沢近郊を走ります。

ライドへの参加は無料。参加者にはスタート前・ゴール後のコーヒーサービスのほか、Rapha特製ステッカーがプレゼントされます。参加を希望される方は、参加申込みフォームから必要事項を明記の上お申込みください。

参加にあたっては、Raphaのニュースレター(メールマガジン)への登録への同意と、自転車保険への各自での加入が必須となります。

また、前日には女性だけのチームライドイベントRapha Women's Prestige が開催されるため、日本各地から集まった多くの女性ライダーも続けて参加予定です。

モバイルサイクルクラブではRaphaの最新ウェアのサンプルも展開し、お手にとって試着やテストをお楽しみいただけます。北陸地域にて初めての展開となるRaphaのイベントに、どうぞみなさまお気軽にお越しください。


ラファモバイルサイクルクラブライド in 金沢近郊
日時:6月12日(日)AM8:30集合
会場:内灘町総合公園
ルート:ショートコース(25km、200mUP)、ロングルート(46km、600mUP)
参加費:無料
ライドの詳細ページ:http://pages.rapha.cc/ja/clubs-ja/louison
ライド申込みフォーム:http://goo.gl/forms/Uxhf7aWlBeQ2KQyj2

※雨天時は、6月12日(日)AM6:00に参加者の方へメール、上記ラファモバイルサイクルクラブのwebページにて開催可否をお知らせいたします。

R1_201606082357288b6.jpg

移動式ライドハブ&カフェのRapha Mobile Cycle Club


R2_20160608235730ff4.jpg

先ごろ開催されたツアー・オブ・ジャパンでは選手にもコーヒーが好評。 ライダーのミーティングスポットが石川へやってきます。


=======================

アーカイブニュース更新情報:

2001年11月17-24日までのニュース更新:
~ 「ウルリッヒ は只今スキーしてます」まで

http://blog.livedoor.jp/maillotblanc/
2016.06.08 Wed | Road Races| 0 track backs,
ハビエル・オチョアからの「いいね」の痕跡
ケルメの選手としてツールメンバー入りを果たしたことがあるトニ・タウレルは、
その後バレアレスに所属したあと、トラックでなかなかの活躍を見せ、
ロード界から去っても名前を聞くことが時折ある選手。

そんな彼が最近ハビエル・オチョアに再会したらしく
2人のツーショット写真をFBに掲載していた。

何気に「いいね」を押した後、2000年ツールで目撃した
タウレルとオチョアの写真をコメント欄に置いた。

翌日、ふと見ると、当該コメント欄にはオチョアが「いいね」の痕跡を残していた。


FBとか、見ることもあるらしい。
2001年2月15日の交通事故で昏睡60日。
奇跡的に息を吹き返したものの、脳に後遺症は残った。

引退後、脳性麻痺者/四肢重度 機能障がいの部門でパラリンピックに出場。
数々のメダルも獲っていた。
しかしドーピング陽性で国際大会から締め出された。


数々の新聞記事の見出しを飾るほどドラマチック「な人生を送ったハビが
FBにも出入りし、身近に感じられるようになった、現代という時代。


そういえば、以前TVで誰かが言っていた。
手の届かない天の上の存在と思っていたスターが
SNSの普及で隣にいるかのように感じられるようになったと。

かつての”天の上の人”が”庶民的な人”になった時代、そんな感じのコメントだった。


SNSの近接感に、いまでも時折驚くことがある。
それがツイッターやFB到来前の時代の話と結びつく折りには特に。



ちなみにわたしがコメント欄に置いた写真は次の2枚だった。
むろんデジカメではなく、ふつうのカメラのスキャン写真。
時は2000年7月だ。


ハビエル
P1820775.jpg

トニ
P1820773.jpg



2001年のロードレースニュース アーカイブ更新情報

● 11/16までアップ

2001年当時、スタジエールにはスポンサーからの機材支給が一切なかった」(11/16)のニュースを読み返し、
そういえばフランク・シュレクもスタジエール時代ひとりだけ違う自転車でレースに出場していたなぁと思い出した。
2016.06.04 Sat | Road Races| 0 track backs,
イベントのお知らせ
6月16日、以下のイベントが開催されます。
ふるってご参加を!

~~~~~~~~~~~~~~
日時:2016年6月16日 (木) 21:00~
場所:タワーレコード新宿店7F
イベント:『パンターニ』DVD/ブルーレイ発売記念トークショー

特典:以下
※6/25に発売となる商品が、イベント実施日の6/16(木)のみ先行販売!
※イベント観覧は無料(購入者優先入場)
※当日の購入者はB全ポスターか劇場パンフレットのどちらかを特典としてプレゼント!


無題
xxx.png

2016.06.01 Wed | Road Races| 0 track backs,
"shw-greenwood" template design by Shallwill