ダビ・デ・ラ・クルス
ブエルタでエスケープ勝利を収めた
エティックス・クイックステップのダビ・デラクルス。

「現実が夢を超えることがある」、などという表現で
優勝の喜びを語っていた。



1日の活躍で総合首位に躍り出て、
2016年ブエルタのシンデレラボーイになった。


クイックステップ公式サイト
http://www.etixx-quickstep.com/en/team/62/david-de-la-cruz

(ティーンエージャーでサッカー、ランニング、水泳などにいそしみ、
交通手段でロードバイクを買ったところ
パンクで助けてもらったローディたちと走るようになり、
この競技にはまったことが書かれている。)

チーム変遷も独特で、
カハルラル、ネットアップを経てクイックステップへ。

2016.08.29 Mon | Road Races| 0 track backs,
ロードニュース アーカイブ更新情報 : 2002年1月上旬のニュースまで更新終了
** 1999年10月から2015年までのロードレースニュースを移動中 **


ニュースアーカイブを復旧状況:

● 2002年1月初のニュースまで復旧終了。

2002年1月8日: MTBからロード転向 マペイ加入のミゲル マルティネス(彼のお父さんはツール出場10回、更に山岳王も獲得!)
2002年1月7日: 50年後に浮上したコッピ暗殺説
2002年1月4日: チッポリーニの新年抱負
2002年1月3日: ウルリッヒの社会貢献

==> ロードニュース アーカーブサイト: http://blog.livedoor.jp/maillotblanc/
2016.08.28 Sun | Road Races| 0 track backs,
ロードニュース アーカイブ更新情報 : 2001年12月31日のニュースまで更新終了
** 1999年10月から2015年までのロードレースニュースを移動中 **

ニュースアーカイブを復旧状況:

● 2001年末分のニュースまで復旧終了。

2001年12月31日: 2001年ラストNews
2001年12月30日: アメリカの通信社の人気投票、ランスが2位、イチローが3位!
2001年12月29日: カデル・エヴァンス: ロード転向について語る
2001年12月26日: 1分の壁を破った男 (ワールド トラック チャンピオンシップを振り返る)
2001年12月28日: クラッシックレース2002 スケジュール
2001年12月27日: ウルリッヒ、来年2002年の初レース/ 2002年レースカレンダー!

..... その他

==> ロードニュース アーカーブサイト: http://blog.livedoor.jp/maillotblanc/
2016.08.24 Wed | Road Races| 0 track backs,
ツール特集別冊付きのサイクルスポーツ最新号 発売中



今年もお手伝いさせていただきました。
サイスポ・ツール特集号。

別冊P.34のハルリンソン・パンタノに投げつけられた非情な言葉は、
たぶん彼を奮起させた要因なのではないかな、そう思っています。

これまでツールの現場で気づかされたのは、
200人近くの出場選手のうち、TVや雑誌でまったく触れられない選手の
なんと多いことか。

でも、近くで見ると、それぞれの選手が野望を抱き
誇らしさで輝いていて、それを取り巻く関係者もうれしそう。

ひとり・ひとりに何かしらのドラマがある、それは傍から見れば
ささやかかもしれないけれど。

地味なアシストが、何の変哲もない田舎道で
いきなり強引に前に出る動きをしたとき、
ああ、そういえばスタート地点で彼女と合流していたっけ、
などと思い及んだり。

そんな小さな話を拾うスペースとして、
P.60の名言特集を一部活用しました。
2016.08.23 Tue | Road Races| 0 track backs,
ロードニュース アーカイブ更新情報 : 2001年12月25日のニュースまで更新
** 1999年10月から2015年までのロードレースニュースを移動中 **

ニュースアーカイブを復旧状況:

● 2001年12月25日分まで終了。
12月25日:マペイが所属選手数を41人から25人に削ったわけ,
12月24日:アレクシア・アルミニオは、サヴォルデッリを始め、3人の「パオロ」が移籍し、チームの躍進を狙う
12月23日:チポッリーニ ウエアはデザイナーズ ブランド
12月22日:ベルツィンの消息!
12月21日:ケルメ、ハビエル オチョアとの契約を1年更新
..... その他

==> ロードニュース アーカーブサイト: http://blog.livedoor.jp/maillotblanc/
2016.08.22 Mon | Road Races| 0 track backs,
サガン、リオ五輪MTB結果 サガンは1周遅れで35位
去年から、リオ五輪ロードに出るかどうか決めていない、と言っていたサガン。

今年1月に予定の合間を縫って、リオまで赴いてロードコース試走した結果、
やはりロードでの出場は断念。
以前専念していたMTBに切り替えて出場した。


結果は、メカトラに泣き、1周遅れで終わった。
フィニッシュしたのは34位まで。
周回遅れで足切りとはなっても、順位としては35位。

リザルトは、8/16のエントリーでお知らせした英語のサイトから
フルリザルトをダウンロードできます。
こちらのURLでPDF版のフルリザルトが見られます。

フルリザルト ==> こちら


出走は全部で49人(ゼッケンは2番から50番まで。)

スタートリスト==> こちら
(サガンはUCIポイントを短期間で獲ったため、
MTBのUCIランキング900位。よってサガンはゼッケン50番で最後に出走。)


見逃し録画のサイトは ==> こちら
試合開始2分10秒(ビデオの開始からの分数では7分10秒のところ)
以降、サガンが3位になっているのがよくわかる。

その後、補給地点で混戦となり、試合開始後13:44(ビデオの開始分数で18:44)のカーブの地点で
順位を下げる。
1周終わってサガンは+0.03の7位(試合開始後14:09、ビデオ開始後19:20)
その直後、つまり2週目冒頭にパンクしたとみられる。


ツイッターでは、
技術的問題が発生してしまったけれど、
MTBで五輪メンバーになれたことは、素晴らしい経験だった、と述べている。


(以下ツイッターの画像とコメント)


日本語の結果はこちら:
http://rio.yahoo-net.jp/sport/CY/CM021M101/result



山本幸平選手は34人が完走したなか21位と健闘。
競技前日に誕生日を迎えたばかりの31歳。
お疲れさまでした。
2016.08.22 Mon | Road Races| 0 track backs,
ルシアン逝く
ツールの沿道の名物おじさんといえば、ルシアン。
毎年応援に駆け付け、選手にコカ・コーラなどを渡してきた。


しかし今年、ルシアンはツールを欠席。

ツール期間中、トニー・ギャロパン選手の奥さんマリオンが
ルシアンに関してインタビューを受ける場面が見受けられた。

そして、「ファンから渡されたドリンクを飲むことってあるのですか?」という質問が投げかけられていた。

ロード選手としてロッドドウダル・レディーズチームで走っていたこともあるマリオンは、

「中身がわからないから通常私は飲まない。
でもルシアンは他のファンとは違うから、彼から差し出されたものは
飲む選手も多々いた」
と述べていた。


そんなルシアンが、先週亡くなった。

最新号サイクルスポーツ誌のツール特集(P.61左上)で、
ルシアンのことについてチラリと触れた。
余命長くはないと聞いていたので。


訃報が伝えられた直後のツイッターでは、死を悼む声が、あちこちから寄せられた。
どうぞ安らかに。




2016.08.21 Sun | Road Races| 0 track backs,
チームスカイのアシックス

http://www.skysports.com/cycling/news/17618/10137015/asics
今年からアシックスがスカイをサポートしてるんですね!
フルームは去年までナイキを履いていたのに、
今年はGT2000。
Amazonでも発売してました。

Email from : ランスマニアさん



チームスカイ、ブエルタ初日表彰台写真でも、足元をつい見てしまい、
確かにアシックスを確認。(左から2番目)
2016.08.21 Sun | Road Races| 0 track backs,
アーカイブニュース 追加情報 : 2001年12月22日のニュースまで更新
** 1999年10月から2015年のロードレースニュースを移動中 **

ニュースアーカイブを復旧状況:

● 2001年12月22日分まで終了。
12/21のニュース: 事故で昏睡60日の後覚醒したハビエル・オチョアが来季ケルメと契約更新
12/22のニュース: エフゲニー・ベルツィン、引退後の消息が判明

==> http://blog.livedoor.jp/maillotblanc/
2016.08.18 Thu | Road Races| 0 track backs,
アカミネサイクル展 (10月6日-10日) <告知>
10月6日(木)-10日(月・祝)に、南青山のLIFE CREATION SPACE OVE
(LIFE CREATION SPACE OVE)

下記の通り『アカミネサイクル展』が開催されます。

ご自身もサイクリストだという赤嶺学氏による自転車関連の
陶芸作品の展示販売です。

初日には、オープニングイベント『自転車のある空間』があり、
トークセッションには、本展覧会の推奨者でもあるチクリッシモの宮内忍編集長が登場するとのこと。

なお、開催時間は10時から19時ですが、10月8日(土曜)のみ15時Closeなのでご注意を。


******

PDF1.png

(別紙)

PDF2.png
aa_2016081622522071e.jpg

bb_201608162252219ee.jpg
2016.08.16 Tue | Road Races| 0 track backs,
2001年12月中旬のニュースアーカイブ復旧進ちょく状況
** 1999年10月から2015年のロードレースニュースを移動中 **

ニュースアーカイブを復旧状況:

2001年12月20日分まで終了。
12/20のニュースは、2002年度の移籍情報。

==> http://blog.livedoor.jp/maillotblanc/
2016.08.16 Tue | Road Races| 0 track backs,
リオ五輪 / ペテル・サガンが出場するMTBのリザルトページ
さて、マーク・カヴェンディッシュが出場したオムニウムの結果も出そろったところで、
次はペテル・サガンがMTBに登場する。
彼が本種目に出場した経緯などは、次号のサイスポ ツール特集にて。

MTBの開催は、最終日の8月21日、
日本時間では、22日の0:30amに速報予定だ。


リザルトページ英語
https://www.rio2016.com/en/cycling-mountain-bike-schedule-and-results/day-21

リザルトページ日本語(日本時間の22日深夜に更新予定)
http://rio.yahoo-net.jp/sport/CY/CM021M
2016.08.16 Tue | Road Races| 0 track backs,
カヴェンディッシュ 五輪で初のメダル獲得
トラックに舞い戻って五輪で金メダルを目指したディメンションデータのマーク・カヴェンディッシュは、
2日間にわたり6種目を争うオムニウム(オムニアム)に出場。

1日目の3種目終わって3位につけ、
2日目に点数をそろえて2位に浮上。
銀メダルを獲得した。


優勝はスカイのヴィヴィアーニ。
2人の差がついたのは、1日目のエリミネーション。
ヴィヴィアーニは1位で40ポイント、カヴは7位で28ポイントの獲得となった。


とはいえ、最後のポイントレースでは、カヴが落車を誘発し、
彼以外の3人の選手が被害をこうむった。

==> その時の様子


ヴィヴィアーニも転倒したものの、
総合首位はキープすることができた。
カヴはミスを認めてほかの選手に詫びたという。


窪木一茂選手は、エリミネーションで4位。
ポイントレースでは12位だったものの、この種目は順位が得点に換算されるのでなく
ポイントをそのまま反映する格好なので、1ポイントの獲得となり、
総合で14位だった。


順位 国 籍  選手名 スクラッチ 追い抜き AエリミネA AT T AFラップA AポイントA 合 計
イタリア ● エリア・ヴィヴィアーニ
28
36
40
36
38
29
207
英国 ● マーク・カヴェンディッシュ
30
38
28
30
36
32
194
デンマーク ● ラッセノーマン・ハンセン
40
40
6
32
34
40
192
14 日本 ● 窪木一茂
18
6
34
12
10
1
81

エリミネ=エリミネーション
Fラップ=フライングラップ


リザルトページ
http://rio.yahoo-net.jp/sport/CY/CT010M000/result
https://www.rio2016.com/en/cycling-track-standings-ct-mens-omnium
2016.08.16 Tue | Road Races| 0 track backs,
カヴェンディッシュが出場するトラック競技オムニウム、1日目の結果と2日目のTV放映
自転車オムニウム放送情報追記:
ネット
http://sports.nhk.or.jp/video/element/video=27474.html

TV放送(但し放送予定は変更の可能性も)
8月15日(月)深夜=16日(火)の午前0:20から午前2:40 の時間帯の間に
オムニウムの模様がNHK BS1で放送予定だそう。(この時間帯だと1日目の様子、あるいは2日目のTT
のどちらかが放送されると思われる。)

http://www1.nhk.or.jp/sports2/etc/


オムニウムの競技校正・それぞれの競技の結果が出る時間・競技の順番などは
こちらのサイトに掲載したとおり ↓。

http://masciclismo.blog.fc2.com/blog-entry-351.html


-------1日目の結果------


ディメンションデータのマーク・カヴェンディッシュが出場する
オムニウムは、2日間のうち1日目の3つの競技を終え、
この時点で
スカイのエリア・ヴィヴィアーニが2位、
カヴは3位につけている。

窪木一茂選手は1日目終わって、13位。

後残るは3種目。


結果は下記のURLの「Standings」の部分の「+」をクリックすると
6種目すべての結果とともに総合順位がわかる。

https://www.rio2016.com/en/cycling-track-standings-ct-mens-omnium

窪木選手の結果は、10位の選手の下にある
緑の「FULL LIST」をクリック。

-----

日本語のオムニウムの結果サイトはこちら:
http://rio.yahoo-net.jp/sport/CY/CT010M000/result


カヴはスクラッチでなかなかのところにつけ、
追い抜きで全体の2位の成績を出し、
エリミネーションで順位を下げた、という状況。

逆にヴィヴィアーにはエリミネーションで首位、
窪木選手が4位だった。


あとはTT、フライングラップ、ポイントレースが残っている。


日本語の途中総合成績表(1日目の総合順位)を以下コピペ:


1 トマ・ブダ : フランス 106
2 エリア・ビビアニ :  イタリア 104
3 マーク・カベンディッシュ : 英国 96
4 ロガー・クリューゲ : ドイツ 90
5 フェルナンド・ガビリアレンドン : コロンビア 90
6 ラッセノーマン・ハンセン : デンマーク 86
7 グレン・オシェイ : 豪州 76
8 ジデオニ・モンテイロ : ブラジル 66
9 アルチョム・ザハロフ :   カザフスタン 62
10 ディラン・ケネット :  ニュージーランド 60
11 ガエル・シュテル : スイス 60
12 ティム・ベルト :  オランダ 58
13 窪木一茂 : 日本 56
(以下略)

(*各種目順位1位=40、2位=38、3位=36でポイント換算していました。)
(英語の発音に引っ張られてオムニアムとスペルしてきましたが、オムニウムに統一します。)
2016.08.15 Mon | Road Races| 0 track backs,
今年5月に娯楽レースの最中亡くなったダビ・カニャダが2001年心臓手術を命じられていた記事を発掘
1999年10月から2014年のロードレースニュースを
元のInfoseekプロバイダーのサービス停止によりLivedoorブログに移動中なのだが、
昔の記事が今現在の状況と呼応して、様々な思いが去来することがある。


そして今朝も。

今年5月に亡くなった元サウニエルの選手ダビ・カニャダが
2001年、心臓手術の危機に面していたという記事を発見した。

なんともまあ・・

実は彼、2009年に悪性皮膚がんメラノーマを発病。
放射線治療を受けるなど、選手として完全復帰はままならず
2010年に引退している。
でもその後、通常の生活に戻り、元気にやっていた。

しかし、2016年、突然死を迎える。
5月、あろうことかアマチュアのシクロツーリズムの最中
他の参加者と激突して頭を強打。
帰らぬ人となった。
享年41歳。


2001年、心臓病で選手生命が危ぶまれ、
2009年、ガンで生命が脅かされ、
そんな大きな危機を乗り越えたのに、
あろうことか娯楽によって、あっけなく、ある日突然 命を奪われてしまった・・・

それがとても皮肉で、
2001年の記事に軽い衝撃を覚えつつ、復旧作業をしたのだった。


2001年の発掘記事 ==> カニャダがウルフ パーキンソン ホワイト症候群だったという2001年12月19日の記事


2003年ジャパンカップ
PA260983_2016081408541575b.jpg


2007年ツールに出場。引退後を見据えて受ける予定だったマッサージャーの資格試験が7月にあり
ツールメンバーに選出されたものの心境はやや複雑。
でもやっぱりうれしそう。
P1080635_20160814084858c75.jpg



2009年ジロ ガン治療を終えサウニエルを引き継いだフジセルヴェットの関係者として
ジロの場にいたカニャダを発見
P1550023.jpg

プレゼンで壇上へ
P1550054.jpg

ジロ初日。
これが、私が目撃した最後の姿となった。
P1560167_201608140849031c4.jpg





ニュースアーカイブを復旧状況:

2001年12月19日まで終了。

==> http://blog.livedoor.jp/maillotblanc/


2001年12月19日
● カニャダがウルフ パーキンソン ホワイト症候群

2001年12月18日
● ランプレ移籍状況
2016.08.14 Sun | Road Races| 0 track backs,
Raphaオンラインストアと直営店にてセール開始
Raphaニュースレターより:


イギリス・ロンドンのロードサイクリングアパレルブランドRapha(ラファ)は公式オンラインストアと東京・大阪の直営店にてセールを開始いたしました。


本セールは2016年春夏のアイテムを中心に、これからの季節に活躍する秋冬ウェア、普段着として街に溶け込むシティウェアも含む大規模なものとなります。ぜひこの機会をお見逃しなく、ライドを充実されるハイパフォーマンスウェアをお楽しみください。

なお、セールアイテムも同様に、Raphaのハイレベルなカスタマーサービス(※)を提供しております。長く付き合える一着をお探しください。

※落車などで破損した際には、無償の修理サービスが付帯します。また、オンラインストアでの購入に際して、返品・交換は完全無料で行っております。

オンラインストアセールページ:http://bit.ly/1DjTifl



<注目のセールアイテム>

11.jpg
Pro Team Aero Jersey
価格:23,500円→17,000円
製品ページ: http://www.rapha.cc/jp/ja/shop/pro-team-aero-jersey/product/PAJ04XXCLR

チームスカイのレースジャージにも採用される、エアロダイナミクスを極限まで追求したサマージャージ。タイトフィットでライド時に一切のばたつきを防ぎます。


22.jpg
Pro Team Climber's Jersey
価格:23,500円→16,500円
製品ページ: http://www.rapha.cc/jp/ja/shop/pro-team-climber%27s-jersey/product/CJY03XXCLR

軽量で高い通気性を誇る夏のヒルクライマーのためのジャージ。日本の高温多湿の夏に適した一着。


33.jpg
Lightweight Bib Shorts
価格:28,000円→21,000円
製品ページ: http://www.rapha.cc/jp/ja/shop/lightweight-bib-shorts/product/HBS03SHBNYSML

パッドに微細な通気孔を配し、ホットコンディションでライダーの体熱を放出する軽量夏用ビブショーツ。


33.jpg
Randonnée Shorts
価格:17,000円→13,000円
製品ページ: http://www.rapha.cc/jp/ja/shop/randonnée-shorts/product/RDS04
ペダリングのしやすいカッティングを採用した軽量ショーツ。夏の日常着、シティライドウェアとしても優秀な定番の一本です。


44.jpg
Arm Screens
価格:6,500円→4,500円
製品ページ: http://www.rapha.cc/jp/ja/shop/arm-screens/product/ASC01XXCLR
ライダーの体力を奪う日焼けから腕を護るアームスクリーン。95%以上のUVをカットするUPF50規格。
2016.08.14 Sun | Road Races| 0 track backs,
2001年12月中旬のニュースアーカイブを復旧
** 1999年10月から2015年のロードレースニュースを移動中 **

ニュースアーカイブを復旧状況:

2001年12月中旬まで終了。
今読み返してみて、本物の自転車選手が出演している映画、
というのがなつかしく、あれは本当に愉快な映画だったなぁとしみじみ。

==> http://blog.livedoor.jp/maillotblanc/


2001年12月17日
● 本物の自転車選手が出演している映画

2001年12月16日
● シモーニJC来日インタビューが「ターザン」に登場
2016.08.13 Sat | Road Races| 0 track backs,
「チクリッシモ」ツール号は、2016年8月19日に発売開始
自転車ロードレースマガジン「チクリッシモ」の
発売予定関連のリリースがでました。

発売予定日は8月19日です。
以下内容です。

********

砂田弓弦監修 自転車ロードレースマガジン
CICLISSIMO NO.52
・ ツール・ド・フランス第103回大会完全レポート号
・ 付録とも定価1,620円(本体1,500円+税)
・ 8月19日(金)発売 
・ A4ワイド判/網代綴じ
・ 八重洲出版発行
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
特別付録 ツール撮り下ろし!
 フルームのA2判両面刷りポスター

ツール・ド・フランス第103回大会完全レポート
 ・総括 マイヨ・ジョーヌ&総合上位選手
 ・注目選手
  新城幸也/カヴェンディッシュ/アラフィリップ
 ・ツールに登場した注目機材とメカ対策
 ・コンタドールの去就
 ・フルームの下りアタック
 ・小河原政男のツール“追っかけ”スケッチブック
・全21ステージ レポート/成績

ジャパンカップ&さいたまクリテリウム直前ガイド
書評『スティグマータ』
 
好評連載
・米国式PCGコーチ 中田尚志発 パワートレーニング最前線
・ミラノで自転車を作る イタリアで大人気のグランフォンド
※内容は、すべて予定です

================

アマゾン:





25C25VMQ.jpg

25C25VMQ5B15D.jpg
2016.08.12 Fri | Road Races| 0 track backs,
マーク・カヴェンディッシュが出場するリオ五輪オムニウムのレース予定
今年ロードでなくトラックで五輪出場を果たしたマーク・カヴェンディッシュ。
出場種目はオムニウム。
リオ五輪のオムニウムの日程は、ちょっと探しづらかったので、シェアします。


【競技期間】
オムニウムの競技日程は2日間。

【内容】
スクラッチ、追い抜き(パーシュート)、エリミネーション、タイムトライアル、フライングラップ、ポイントレース、
合計6種類のトラック競技すべての総得点で争う競技。

*追記)順位が点数換算されるが、今回五輪のポイントを確認したところ、
各競技で1位だと40ポイント、2位は38ポイント3位は36ポイントという換算になっていた。
ただし、ポイントレースは変則。


【リオの日程】
リオ五輪では現地8月14-15日に日程が組まれている。

【種目順番】
順番は、1・スクラッチ、2・追い抜き、3・エリミネーション、4・タイムトライアル、5・フライングラップ、6・ポイントレース。


【リオ五輪 競技時間=現地時間】


8月14日(日)
1.8.40pm-9.02pm : 15km スクラッチ
2.9.50pm-10.47pm : 4km 個人追い抜き(パーシュート)
3.11.42pm-12am : エリミネーション

8月15日(月)
4.2.21pm-2.48pm : 1kmタイムトライアル
5.8pm-8.24pm :  フライングラップ
6.9.23pm-10.15pm : ポイントレース


【日本時間における種目別リザルト確定予定】

8月15日 (月) の日程

04:40 【自転車】男子オムニウムスクラッチ
05:50 【自転車】男子オムニウム個人追い抜き
07:15 【自転車】男子オムニウムエリミネーションレース
22:21 【自転車】男子オムニウム1000mタイムトライアル

8月16日 (火) の日程

04:00 【自転車】男子オムニウムフライングラップ
05:23 【自転車】男子オムニウムポイントレース (メダル確定)


【サイト】

オムニウムの結果が出るサイト 英語
https://www.rio2016.com/en/cycling-track-standings-ct-mens-omnium

日程・結果 日本語
http://rio.yahoo-net.jp/schedule/top?date=2016-08-08

オムニウム説明(日本語)
http://olympic.sessatakuma.net/summer/cycling/omnium/


2016.08.10 Wed | Road Races| 0 track backs,
オリンピックロード
リオのコースはアップダウンがあるというのは聞いていたけれど
石畳あり、下りのカーブ頻出で、
プロトンばらける展開に。

ロンドンがモノトーンな展開で、
上りがあるとかいわれた地点でも手こずる選手がいたわけでなく、
それに比べると今回はずいぶん活気に満ちているなぁという印象。

クリス・フルームは、ロンドンのときと同様
自分がエースでないときは
圧巻の強さを感じない。

次に控えるTTに向けて力を貯めているせいだろうか。

ロンドンではカヴのアシストとして彼を勝たせることなく
確か最終的にリタイアしたのではなかったっけ。


今年、TTでは金をねらうのだろう。
ウィギンス同様Sirの称号をもらったけれど
五輪で金はまだない。

ロンドンの様子を今頃アップしても仕方ないけど、
どんなだったか回想したついで。


カヴ 2012年 (今回はロードでの出場なしだ。)

P1100952_20160807084615b3c.jpg

フルーム
P1110007_20160807084616fc4.jpg

笑う余裕
P1110020_20160807084617551.jpg

カンチェ
P1110060.jpg

フミ
P1110098_20160807084620da4.jpg

先頭をけん引するイギリスの間にグライペル擁するドイツが割り込む展開がずっと続く
P1110110.jpg

そのグライペル。終始前方でカヴマーク
P1110117.jpg

2位になることになるウラン
P1110127.jpg

イギリス鉄壁、、、に思われた
P1110165.jpg

再びフミ
P1110223.jpg

カヴ、グライペル
P1110242.jpg

またしてもグライペル
P1110243.jpg

新城選手
P1110186.jpg

ちなみにイタリアは、ピノッティが逃げた、でもつぶされる
P1110307.jpg

フミ
P1110309.jpg

ウィーゴらスカイの後ろにやはりぴたっとアイゼル
P1110315.jpg

勝つことになるヴィノクロフは、終盤までひそかに身をプロトンに沈ませる
P1110326.jpg

いよいよロンドン市内に入る終盤。ヴィノクロフが前に
P1110480_20160807084716950.jpg

ウランも
P1110485.jpg


後は列車内の他人のラジオで展開を聞く。

カザフスタン人ファンがひとりだけいて、
おめでとうとしきりに言われていた。


2016.08.07 Sun | Road Races| 0 track backs,
オリンピックのロードレース風景 その1 応援風景
盛大で華やかなツール・ド・フランスと比べると
オリンピックのロードレースはやはり
国別対抗というそのわかりやすい対決図式によって、
盛り上がり方がシンプル。

あけっぴろげな応援が
文句なくたのしい。

ロンドンオリンピックで見た応援風景。

P1100916.jpg


少女たちの写真は、ツーレが撮ったもの。
ツールでは、ヴィラージュで働く女性やキャラバンのお姉さんたちなどを
喜々として撮影していた。

視点がすぐに、そっちに行くみたい。

P1100917.jpg

P1100918.jpg


ベルギーの応援団は椅子持参。
観戦慣れしていらっしゃる。

P1110348.jpg


ツール、ロンドン開幕のときもそうだったけど、
相変わらずポリスの乗りがいい。

いい加減というのとは違って、
緩急使い分けが上手なのだ。


P1100919.jpg



日の丸と違って、ユニオンジャックはフォトジェニック。
ヴィヴィッドで引き立つ色合い。
うらやましい。

P1110359.jpg


ウィギンスのお面がここにも。
この日の主役はカヴ(のはず)だったんだけど。

P1110208.jpg
2016.08.05 Fri | Road Races| 0 track backs,
2001年12月のニュース更新
2001年のニュースがもうすぐアーカイブ復旧インプット終了。
といってもまだ先は長い。

今回の更新で気づいたのは。。。
ランスは地に堕ちても、ランスの初期のころにコーチングをした
クリス・カーマイケルはいまだに手広くやっているらしい、ということ。

(2001年当時に紹介したサイトがまだ生きていて、
そのコーチングの主催をしているのは変わらずカーマイケルだった。)

http://blog.livedoor.jp/maillotblanc/
2016.08.04 Thu | Road Races| 0 track backs,
"shw-greenwood" template design by Shallwill