「日本のファンの温かさは心に刻まれるよ」
ジャパンカップを満喫した SN-さんの目撃談から:


1.JC後、栃木居残り組:

ジャパンカップの翌日となる月曜日、選手たちは朝早くから母国や
バカンス先、東京のアフターパーティなどへ向かっていきます。

すっかり、各チームがいなくなって、がらんとしたホテルのロビーで
「あーあ、今年も終わったなぁ」と思っていると、なにやら外人さんが
自転車をセッティングして走ろうとしています。

「うわ、ジャパンカップは終わったのに、あの外人さんは
まだ走るの?酔狂なもんだ」と思っていたら、、、、


Img_1477 (1)


なんとオリカのクリスチャン・マイヤーでした。

ジャージはチームのではなく、プライベートのものでしょうか。

マイヤーは、翌週のさいたまクリテリウムをもって現役引退と
聞いています。それまでの間、日本を楽しむのでしょうか。

知り合いとともに栃木エリアをサイクリングだそうです。

奥さんから「日光には行かないの?」と訊かれると、「行くけど
回り道をしてから、かな」だそうで。

僕以外のファンはいなかったせいか、周りへの愛想はほとんど無く、
「それじゃ」とのんびり走り去りました。

奥さんは「まぁ困ったわね」と苦笑いして車に乗り込みました。
一足先に埼玉に向かったのでしょうか。

-------*-------


2.「日本のファンの温かさは心に刻まれるよ」

月曜日、一番早く出発したのは、キャノンデールの3人でした。

そのうちのアラン・マランゴーニは2度目のジャパンカップ
だったような。 ご多分に漏れず、日本のファンの熱狂さと
温かさには大感激の様子で、右手を左胸に当てつつ

「日本のファンの温かさは心に刻まれるよ。来年はNIPPOに
移籍しちゃうけど、是非来たいね」

だそうで。

彼はなかなか人なつっこいキャラで良いですね。NIPPOは
招聘の可能性は高いですから、立候補してでも来て欲しいものです。


-------*-------


3.片付けを手伝う カンチェッラーラ

日曜日、レースが終わりホテルに戻ると、駐車場から
ロビーに入るカンチェラーラが。手には数本のホイールを持ち、
いかにも後片付けという雰囲気。

「カンチェラーラがメカニックの使いっ走りをさせられている」と、
目撃したファンはざわついていました。
2016.10.30 Sun | Road Races| 0 track backs,
【Raphaプレスリリース】Rapha Pop Up Onomichi U2がオープン
Raphaニュースより:

--------

尾道市にてサイクリスト向け宿泊をはじめとした総合施設としての地位を確立させたOnomichi U2内にて最高級のロードサイクリングコラボレーションが実現しました。より多くのロードサイクリストを増やすことをモットーにリードする2社が特別な空間をサービスを提供します。
10月28日にオープンしたRapha Pop Up Onomichi U2ではラファのウェアを購入できる他、週末はモバイルクラブハウス・ルイゾンのコーヒーサービ含めライドイベントを中心にサイクリストのハブとして機能します。

さらに尾道市の歴史をモチーフにしたPop Up Onomichi U2限定のTシャツも販売しております。

リンク:
http://pages.rapha.cc/ja/clubs-ja/rapha-pop-up-onomichi-u2


onomichi_h_img_04.jpg

2016.10.30 Sun | Road Races| 0 track backs,
ロードレース ニュースアーカイブを新たに更新(2002年1月27日まで)
** 1999年10月から2015年までのロードレースニュースを移動中 **

ロードニュース アーカイブ更新情報 : 2002年1月27日のニュースまで更新終了。
● バッソという選手
● オチョア、国王から表彰
● パリ~ニースの開催をフィニヨンが断念。ロミンゲルが救済に乗り出す
その他:

==> ロードニュース アーカーブサイト: http://blog.livedoor.jp/maillotblanc/
2016.10.27 Thu | Road Races| 0 track backs,
ジャパンカップ カンチェッラーラも感激の「おもてなし」
◆ ジャパンカップの功労者たち・ がめんださんやマメちゃん・わんださんや・・



名だたる海外選手たちを感激させた
ジャパンカップ閉幕。

その成長ぶりが、あちこちからのコメントから
伺い知れる。




レースを取り巻くあちこちで、選手の似顔絵をはじめとする手作りグッズなど
日本人ならではの手先の器用さが存分に発揮され、
エンターテイメント性は満点。

(以下写真はすべて2008年JC。)


そうした基礎は、似顔絵横断幕で知られるがめんださんや

P1450299.jpg


コスプレで選手らを楽しませたマメちゃん(そして相棒わんださん)、
各日本チームの応援団たちによって築かれ、
その伝統が脈々と引き継がれていった気がする。


P1440565.jpg


2008年ころは、ずいぶん横断幕や応援グッズが増えたなぁというイメージだったけど、
今と比べてしまうと、その数はダンチに少なかった。

P1450301.jpg


沿道のペイントもまばら。

P1450215.jpg

P1450309.jpg


いまやそうした応援手法は様々なベクトルで広がっていき、
圧巻のおもてなしぶりが光っている。


誇らしいと同時に、礎を築いたともいえるがめんださんやマメちゃん一家、
ブリッツェンなど国内チームの応援団の人たちに対する
ありがとうの気持ちが沸いてくる。










2016.10.24 Mon | Road Races| 0 track backs,
ジャパンカップ2016 選手が続々宇都宮入り
ジャパンカップの舞台・宇都宮で
選手たちの目撃談が続々。


ランス・マニアさんによると、
来年キャノンデール入りが決まっているテイラー・フィニー は
リラックスした雰囲気を漂わせているようで、

チームメイトはジャージなのに
本人だけ私服。。。。
サングラスがキャノンデールを
アピールしているのでしょうか?!

それに比べて、
クインツァートは、
マジモードな気がしました。


だそう。

IMG_1412 (1)


フィニーといえば、アスリート一家に生まれたことで知られけれど、
母コニーさんの画才について、2015年の本欄で書いたことがある。
==> 「ケガと闘うテイラー・フィニーが目指す才能豊かな母の生き方

彼自身の画才はナゾのまま。


そしてサングラスを取ったフィニー。
確かにリラックスの表情。


IMG_1407 (1)


そして、息の長いクインツィアートのサインも
めでたくゲットした模様。

IMG_1428 (1)


毎年10月恒例の、あの宇都宮のそわそわ・ざわざわした
雰囲気は、一種独特ですね。
2016.10.21 Fri | Road Races| 0 track backs,
RAPHA POP UP UTSUNOMIYA
Raphaニュースから:

日本最大のロードレース「ジャパンカップ」の開催に合わせ、今年もラファポップアップ宇都宮を栃木県宇都宮市オリオン通りにオープンいたします。ジャパンカップサイクルロードレースは1990年に宇都宮市で開催された世界選手権自転車競技大会のメモリアルレースとして始まり、今年で25周年を迎えます。

今年はオープン期間を延ばし10月1日からジャパンカップサイクルロードレース開催の10月23日まで営業いたします。期間中はライドイベントやバーチャサイクリングシステムのZwiftを常設やロードレース映画の上映など店内イベントを開催し私達のパッションであるロードサイクリングの世界を宇都宮のサイクリストのみなさんと共にシェアします。


Pop-up store

イベント情報
2016.10.20 Thu | Road Races| 0 track backs,
ピナレロxルイ・ヴィトンの真相
ルイヴィトンの拡大戦略はとどまるところを知らず、
ピナレロまで傘下に収める意思がある、
そんなウワサがちらほら聞こえる今日この頃。

でもこの話題、
なぜか英語版ニュースサイトでばかり盛り上がっていて

フランスの自転車サイトなどは
英語のニュースの参照をしているだけ。

フランス発信のニュースとは思えない状況で、
まだ確定とかいったレベルではない模様。

海外のサイトだから自由に書けるけど
自国のソースは慎重、といったところだろうか。


http://www.cyclingweekly.co.uk/news/latest-news/pinarello-set-bought-louis-vuitton-290294
2016.10.20 Thu | Road Races| 0 track backs,
ロードレース ニュースアーカイブを新たに更新 (ウルリッヒからのEメール)
** 1999年10月から2015年までのロードレースニュースを移動中 **

ロードニュース アーカイブ更新情報 : 2002年1月22日のニュースまで更新終了。
● フェレッティが語るファッサボルトロ
● ツールドカタール、カセロ弟去就、ウルリッヒからのEメール

==> ロードニュース アーカーブサイト: http://blog.livedoor.jp/maillotblanc/
2016.10.16 Sun | Road Races| 0 track backs,
サー・ブラッドリー・ウィギンスへの疑惑の目
ツールで総合優勝し、
五輪ではメダル荒らしのブラッドリー・ウィギンスだけど、
昨今ダークなイメージが漂い始めている。
そのワケは・・・

=======


アンチドーピング機関により、通常アスリートに禁止されている薬物でも、
治療用として事前に許可を得ていれば
処方の上限値が上がったり、禁止の解除が解けたりする。


アスリートに与えられた、治療のためのこの特別措置(TUE)は
結構これまで正々堂々とドーピングを行う温床となってきた。

病気と偽って通常なら禁止されている薬物を
摂取するケースがこれまで散見された。


チームを移籍した途端、
新しいチームのドクターから、お前は喘息ではない、
と、これまで処方されてきた薬を打ち切られるケースもあった。


古い話でいうと、ヨセバ・ベロキがまさにその例で、
オンセからブリオッシュ・ラ・ブーランジェールに移った途端、
ウソがばれてしまった。


ウィギンスの場合は、
喘息の治療用、としてトリアムシノロンアセトニド40mg の注射を許可され、
それ自体は事前の許可を得たことなので問題ないはずだけど・・・

処方のタイミングが、2012年6月。
ツールで優勝する前の月だった。

(彼の場合この薬の処方を受けたのは2011~2013年
それ以前はサルブタモールなどの処方を受けていた)。


本当に喘息なら、きっとそのまま出場していたら
相当きつかっただろうに、治療薬のおかげで
優勝にまで手が届いてしまった・・・

ちょっと都合のいい話、というわけで、
疑問視されている。


スカイを解雇処分になったティエナンロックは、
”何とも言えないけど、タイミングがまずいのでは”、といったコメントを残している。


マルセル・キッテルなどは、
”ひどい喘息なら持久力が必要なスポーツはやるべきではない、
そういう人のためにパラリンピックがある”、などと発言している


ウィギンスのTUEの正当性は知る由もないけれど、
タイミング的にみて、
”李下に冠を正さず”のコンテクストからは外れている。


加えて、
抜き打ちドーピング検査のための居場所登録にも不備があり
リオ五輪の前に検査しそこなったという。

故意でなかったとしても、
リジー・アーミステッドの居場所登録ミスを散々非難した後だっただけに
少々ばつが悪い。


しかもリオ五輪の前というのが、
ツールの前にTUEを受けたケースを想起させ、
心象はよくない。





http://www.cyclingnews.com/news/bradley-wiggins-blasted-by-kittel-and-greipel-over-tue/?utm_content=buffera5ffa&utm_medium=social&utm_source=twitter.com&utm_campaign=buffer

http://www.cyclingnews.com/news/bradley-wiggins-blasted-by-kittel-and-greipel-over-tue/?utm_content=buffera5ffa&utm_medium=social&utm_source=twitter.com&utm_campaign=buffer
2016.10.16 Sun | Road Races| 0 track backs,
ロードレース ニュースアーカイブを新たに更新 (ランプレ2002布陣と最終日にグリーンジャージを失ったオグレイディの話)
** 1999年10月から2015年までのロードレースニュースを移動中 **

ロードニュース アーカイブ更新情報 : 2002年1月19日のニュースまで更新終了。

==> ロードニュース アーカーブサイト: http://blog.livedoor.jp/maillotblanc/
2016.10.13 Thu | Road Races| 0 track backs,
ツール・ド・おきなわのトロフィーの展示も、 OVEアカミネサイクル展にて
先日の続き。

青山OVEで開催中のカミネサイクル展は、明日までです。

こちらには、ツール・ド・おきなわのトロフィー展示もありました。

IMG_5702.jpg


実際に受賞したときの写真も添えられていて。

IMG_5699.jpg


表面にはTour de Okinawa Championの文字も。

IMG_5698.jpg


そして、彫られているこの数字は・・
レースで通過した国道のナンバーですね。

IMG_5702a.jpg


こちらでは、オブジェだけでなく、お皿やコーヒーカップが購入でき、
持ち帰りのために便宜が図られた包装になっていました。

IMG_5708.jpg


マグカップ、コーヒーカップは飲み口のところが非常に薄く、
何とも言えない口当たり。

細くて早いタッチで描かれた自転車は、
白地に紺色が映えて、静止状態の絵にも関わらず、
どこか躍動感があります。

IMG_5704.jpg


原点は粘土の作品だそう。
ボリューム感・存在感のある個性的な自転車たちが並び、
自転車への愛を感じる作品群でした。

IMG_5706.jpg



OVEでの展示情報
http://www.ove-web.com/news/Nblog/Nitem/entry-2018.html

アカミネサイクル
http://www.gallery-sokyo.jp/project/akaminecycle/akaminesaikuru.html
2016.10.09 Sun | Road Races| 0 track backs,
アカミネサイクル展 ~生活の中に自転車を~
掲題イベントが開始になりました。

10月10日までですが、
早めに閉店する日もあります。
詳細は以下サイトにて。


詳細はは以下サイトにて。
http://www.ove-web.com/news/Nblog/Nitem/entry-1968.html

また別途書きたいと思いますが、
ペーソス溢れる作品たち。

独特の世界観が広がってました。


20161007102034fa1.jpg
2016.10.07 Fri | Road Races| 0 track backs,
"shw-greenwood" template design by Shallwill