クリス・フルームが アルクのイングリッシュジャーナルに登場
以前アルクのイングリッシュジャーナルを購読していたことがある。

読み物記事だけでなく
芸能人や政財界の有名人のインタビュー音声とその書き下しが付いていて、
イキイキした生の声がなかなか興味深かった。


そのイングリッシュジャーナル、12月号のインタビュー付録CDに、
トランスクリプション付きで
クリス・フルームが登場しているそう。


IMG_1828.jpg



ちなみに表紙を見てみると、
記事にはシェークスピアの名言がフィーチャーされ、

フルーム以外の音声付きインタビューは、メイ首相、歌手のアデル、カズオ・イシグロ(★)と
かなり豪華。

おお、この12月号、結構使えそう。


でも・・・・!表紙の見出しにフルームが載ってない!

他の3人(★)の名前は列挙されているのに。


フルームの日本での知名度不足を物語る。
全国民的知名度で、カズオ・イシグロには完敗だ。


IMG_1829.jpg



アマゾン、ポチっとしようかなぁ。。。






そして下段のメールに関連して、ここで悪魔おじさんの写真を。

P1120403.jpg


これは、2007年世界選で目撃したもの。
開催地が地元ドイツだったので、(この年はシュトゥッツガルト)
大張り切り。
高いジャンプ力を見せていた。

けれど数年前には引退もウワサされるなど、
下記メールにある通り、悪魔おじさんの来日は、
毎回簡単に実現するというものではなさそう。



*イングリッシュジャーナルの写真、及び以下つぶやきは再びランスマニアさんから。

今回の悪魔おじさんの来日について

ある意味、フルームよりもレアではないか⁈
フルームの来日は5回目(TOJとクリテ)
悪魔おじさんは初めて

現地へツール観戦に行っても
走ってるフルームは見れても
悪魔おじさんがどこにいるのか分からず、
もし分かっても移動が大変。

悪魔おじさんの年齢を考えても
次はいつ来日するのか⁈

ツール優勝者と比べるのもどうかとも思いますが、
レア度だけで言えば、
悪魔おじさんの勝ちでは?



2016.11.09 Wed | Road Races| 0 track backs,
"shw-greenwood" template design by Shallwill