1ヶ月半で4人のサイクリストが亡くなったスペインの国道332
■ 元選手カセロが訴えるあまりにひどいスペインの運転者事情
■ 国道332で1ヶ月半のうちに亡くなった4人の場合、運転手はすべて薬物使用者
■ 国道332の取り締まりの結果:184人の運転手が飲酒運転、84人が薬物使用者
■ カセロ「日曜日は自転車で出るのが怖い」


スペインの新聞エル・ムンドに引退したアンヘル・カセロが出ていて
目を引いた。
久しぶりだ。
現役時代からどちらかというと一匹狼的存在で、
引退後もチーム監督などの声はかからず、
彼のうわさを聞くことなどほとんどなかった。


98-99年にスペインチャンピオンになり、
(ブエルタにて)
0113.jpg 


2001年にはブエルタで総合優勝。

しかし世界選手権選出担当アンテケラと折り合いが悪く、
ブエルタ優勝後の世界選にもノミネートされず、
TV番組でフラストレーションを吐き出す場面もあった。


2002年ジャパンカップでは来日も果たした。
その際は、コーストのメンバーとして。

奥さんのアナは、元ポディアムガール。
P1018186.jpg 


そんなカセロが久々に登場していて、
一体どんな話題かと思いきや、彼が住むバレンシアの
余りにひどい交通事情の改善を陳情する内容だった。


驚いたことに、バレンシア近郊の国道332で
6月の1週間に取締りを行ったところ、
184人の運転手が飲酒運転、84人が薬物使用者だったという。

その国道332では、1ヶ月半未満の間に4人のサイクリストが亡くなっている。

中心部でも週末などは道路が混みあい、
元プロのカセロですら「日曜日は自転車で出かけたくない」
と言い切っている。

プロ時代数人でのトレーニング中、なぎ倒してもいい、というほどの勢いで
クルマに突っ込まれたこともある。
しかし死者が出ても、禁固刑を受けないケースも多々ある、と。


薬物使用者、飲酒運転者がこれだけの数字を示していても、
法律の規定は緩いまま。
カセロは早急な法整備を訴える。

日本でも危険運転致死傷の厳罰化の動きがあったけれど、
スペインの状況はそれどころではないようだ。


カセロはデルガドなど影響力のある元選手とともに
こうした状況の改善を試みているものの
一向に改善の兆しなし、なのだそうだ。


ツールにて。
0034.jpg 

0033.jpg


それにしても国道332で行われた取締りの結果に
愕然とした。
2017.06.28 Wed | Road Races| 0 track backs,
久しぶりにニュースアーカイブを更新
1999年10月~2016年までのロードレースニュース(トクダネ)の移行作業を
久しぶりに行いました。
目下、2002年3月末までのロードレースニュースを以下に移行済み:


今回更新した2002年3月末のニュースは、こんな内容でした。

●フランク・ヴァンデンブルックの奇行ぶりが相変わらずすごい
(移籍早々多種の違反薬物所持で出場停止、さらに飲酒運転で免停。
薬については、薬ごとに所持している理由をそれぞれ言い訳をしている)

●ミラノ~サンレモの中継がたった3か国だったことの波紋

●そのミラノ~サンレモでチームアシストから妨害を受けるという前代未聞の
事態を受けて、オスカル・フレイレの怒り

●ランスがミラノ~サンレモに出場、結果はぱっとせず

●ジルベルト・シモーニがジロ調整レースでケガ

●エリック・デッケル手術終了

●ローラン・ジャラベールが感染症

●マルコ・パンターニのオークション


こうして眺めると、ヴァンデンブルック(VDB)が、この頃ひとりで話題をさらっていたなぁ。

これほど不良ぶりを発揮してもどこか憎めない、と援助する人が現れるのが
当時不思議だった。そうした人々は、彼の才能をずっと信じていたに違いない。
でも、このころから破たんへの道を歩み続けていた感じがする。
2017.06.27 Tue | Road Races| 0 track backs,
チクリッシモ発売中。
チクリッシモ ジロ号発売中。


2017.06.27 Tue | Road Races| 0 track backs,
“代官山蔦屋『疾風スプリンター』DVD購入者限定イベント”

“代官山蔦屋『疾風スプリンター』DVD購入者限定イベント”

 

香港アクションの申し子ダンテ・ラム監督渾身の最新作『疾風スプリンター』(原題:破風)のDVDが74日(火)にリリースされるそうです。このDVD発売記念として、代官山蔦屋で購入者限定のイベントが開催されます。


本映画は既に私自身拝見したのですが、俳優さんたちは台湾、韓国、中国の混合で、ロケ地もダイナミック。3ヶ国のパワーが結集したスピード感あふれる映画でした。落車のシーンなどもバンバン出てきて、出演者たちは実際に数々のケガを負い、満身創痍で撮影に臨んでいたそう。あっぱれです。未見でしたらDVDでぜひ。


以下本イベントの案内を引用 : -

  

『疾風スプリンター』(原題:破風)の

DVD発売を記念し、代官山蔦屋店頭にてDVDをご購入いただいたお客様への限定企画としてプロ・ロード選手 土井雪広さんをお迎えし、スペシャルトークショーイベント&抽選特典会を開催します。現役選手によるロードレース界の実情やアジアやヨーロッパのレースなどを語って頂くトークショーと映画オリジナルジャージ半袖(XSSMLから選べる)が当たる抽選特典会を実施致します。” 

====== 

以下、本作品のPR文章をそのまま引用すると - 

 

「本作は、アマチュアや学生を対象としたロードレースではなく、あくまでも自転車を生業とするプロ・ロードレーサーたちの熱き姿を描いた作品。プロがゆえの葛藤や苦悩、栄光と挫折を浮き彫りにしたドラマを軸に、次々と繰り出される壮絶かつ圧倒的なレースシーンは手に汗握る臨場感!代役なしでレースシーンをこなした主演俳優達による渾身の演技も必見です。」

  

【ストーリー】 

チョン・ジウォン(チェ・シウォン)をエースとする自転車ロードレースチーム“レディエント”に、アシストとして所属することになったチウ・ミン(エディ・ポン)とティエン(ショーン・ドウ)。互いにエースの座を目標に切磋琢磨しながら、アシストとして力を発揮し、同時に友情も深めていった。そして、ジウォン、ミン、ティエンの3人は、レディエントを引っ張る主力選手として力を合わせ、台湾各地で連戦を繰り広げていた。そんな中、レディエントは資金難で運営が立ち行かなくなる。そのため、3人はそれぞれ別のチームに所属することとなり、エースとして競り合うことになるのだが……。

 

監督・脚本:ダンテ・ラム

キャスト:エディ・ポン/チェ・シウォン/ショーン・ドウ

  

イベントスケジュール ※代官山蔦屋 店頭にて『疾風スプリンター』DVDをご購入いただいた方のみが参加できるイベントとなります。

【日時】  73日(月) OPEN 1915 / START 1930 (2030分終了予定) ※定員50

【会場】 代官山蔦屋  東京都渋谷区猿楽17-5 東急東横線 代官山駅より徒歩5

※蔦屋書店1号館 2 イベントスペースにて実施

【登壇】  土井雪広氏(プロ・ロード選手、マトリックス・パワータグ所属)

【内容】  トーク&抽選特典会(60分予定)

 

DVD情報:

74日(火)『疾風スプリンター』DVDリリース

DVD:\3,800(税抜) 発売元:新日本映画社/販売元:ギャガ

C2015 Emperor Film Production Company Limited All Rights Reserved

 

 

2017.06.08 Thu | Road Races| 0 track backs,
"shw-greenwood" template design by Shallwill