アンヘル・ビシオソが交通事故
またもや車が自転車選手たちを轢く事故。
またもやスペイン。

今度はアンヘル・ビシオソやトライアスロンのヘスス・ゴマールらが犠牲になった。
ビシオソのツイートによると、一番重傷だったゴマールも命に別状はない模様。
写真はゴマールの様子と思われる。
ビシオソはツイッターの中で、免許はく奪にすべき、と訴えている。

2017.07.17 Mon | Road Races| 0 track backs,
ツール観戦で驚いたこと
ツール観戦をしてまだ間もないころ、驚いたことがある。

・毎ステージ、レース前に体の不自由な子供たちを壇上に上がらせて、エース格の選手と触れ合う機会を作っていた。

・TTのコース上に、あらかじめ車いす専用のスペースや、からだの不自由な人たち専用のスペースを広々と配置していた。周囲はぎゅうぎゅうでも、そこだけはゆったり。とかく危険な沿道だけど、いかにも安全地帯になっていて、さすがだなぁと。

・点字でツールのガイド本を作っている人たちを毎年労い方々ツールに招待したり、

・ツールのケータリングなどを受け持つ会社の人達に対し、3週間のうち1日だけ交代でオフの日を設け、招待者用のパスを支給する。裏方の人達にも、その日だけは接待される側に回ってツールを楽しんでもらう企画。


感謝の気持ちと配慮がそこかしこに滲んでいて、
これもツールの一側面なのだなぁと思った。
2017.07.17 Mon | Road Races| 0 track backs,
ロードレースニュースアーカイブを更新
1999年以降のロードレースニュースを移行する作業をぼちぼち再開。
2002年4月初旬のニュースをいくつか追加しました。
中でも驚いた点は:

・エースのキルシプーの交通事故によりAG2Rはチームごとツール・デ・フランデルへの参戦を断念。
(当時はワールドツアー制度などなく、ビッグレースでもチームの出場は任意だった。
今見ると、違和感ありだけど、当時はそれが普通だった。オンセはジロをパスしていたし)

・ランスがCyclingnewsへのインタビューに応じ、レースやトレーニングに向かう姿勢を吐露。
(その後、王者から引きずり降ろされたわけだけど、自転車へのストイックな態度はやはり一流のような気もして、薬なしでどんな戦いぶりをしたのか見てみたかった。)

・テレコムとUSP、双方のメカニックを経験した人によるランスvsウルリッヒ、その前編。
(ウルリッヒは一年中プロというわけではなかった、の言葉に納得。)

2017.07.17 Mon | Road Races| 0 track backs,
"shw-greenwood" template design by Shallwill