ブエルタ:ポディウムガール廃止の動きに同調
■ ミケル・ランダ:「ポディウムガールは、まるで女性を道具と見なしている」


昨今ポディウムガールに対する批判が強まる中、
今年、ダウンアンダーでは廃止を決定。
ジュニア選手を起用した。

今年のポディウム風景:
ewan.jpg 


イタリア人選手のポディウムガール批判は耳にしたことがないけれど、
マッチョの国スペインでは、ポディウムガールを女性差別ととらえ、
批判する声がちらほら聞かれていた。


とくに声高に批判の声を挙げたのは、スカイのミケル・ランダ。
ダウンアンダーでの改革にもろ手を挙げて賛成を唱えた:

「大賛成だ。 表彰台上の女性の存在には反対だった。 
まるで事物(Objeto)のような扱いではないか。 廃止してこそ健全になる」、と。


そんな中、ブエルタでも、再見直しが行われている。

性急な全面廃止は難しそうだが、
開幕日には正装の男女といった違う観点のセレモニーを検討中。


とはいえ、こうした流れと対局なのはイタリア。
イタリアで開催された世界選は、開場設置が間に合わず、
ところどころ、木材を渡して通路を確保するといった
突貫工事ぶりを見せていた。

けれど、セレモニー用衣装だけはばっちり:

P1420355_2017071908224621c.jpg 


ドイツ・シュトゥットガルトの世界選と比べて、
ポディウムガールへの執着ぶりは、明らか。

P1130418.jpg 


パヴェル・トンコフ、スチュアート・オグレイディ、アンヘル・カセロ、
ジョージ・ヒンカピー、コーエン・デコールトなどなどポディウムガールが妻
という選手は多い。

オグレイディやデコールトの場合は、”ツアー・ダウンアンダー”の元ポディウムガールだ。

こうした昨今の動向を惜しむ声も、一方でありそうではある。
(特にイタリアを中心に?)


http://www.cyclingnews.com/news/tastefully-dressed-men-and-women-to-replace-podium-girls-at-vuelta-a-espana/


2017.07.19 Wed | Road Races| 0 track backs,
"shw-greenwood" template design by Shallwill