プリモシュ・ログリッチェのジャンパー時代
■ ジャンパーはスピードマン、クロスカントリースキーならクライマー


ツール表彰台で愛嬌のあるテレマークを決めた
ロットNLユンボのログリッチェ(ログリッチ)。

以前UK Cycle Sportにスキージャンパー時代の写真が載っていた。

IMG_3326.jpg


スキーフライングでは183mのパーソナルベストを持つというログリッチェ。
記録を出したのは、2011年。
その2年後、23歳の時にはAdria Mobilの選手としてロードに転向している。
ロットユンボの選手になったのは2016年から。
そしてさっそくジロTTで優勝。

今年のロマンディ一周ではリッチー・ポート、サイモン・イエーツに次いで総合3位だった。


ちなみにー
1)クロスカントリースキーをやっている夫いわく、
ジャンパー出身ならスピードマン、クロカン出身ならクライマー
という構図が多いらしい。
けれど昨日ログリッチェが優勝したのは山岳区間。
ってことは、複合もやっていたか?


2)上述のスキーフライングで183mを出したのは
ドイツ、オーベルストドルフのハイニ・クロップファー・スキージャンプ競技場。

船木和喜さんが1998年に
W杯のスキーフライング世界選手権で金メダルを獲得した場所のようだ。



2017.07.20 Thu | Road Races| 0 track backs,
"shw-greenwood" template design by Shallwill