ツール号

2017.08.18 Fri | Road Races| 0 track backs,
ジャージの匂い 
あくなき執念。
何年越しの試みか・・・

====


Email from SN-さん

長年の謎だったジャージの匂いの件。
とあるチームスタッフは、「洗剤はイタリアのDash を使っているよ」と
話していたので、何とかして入手したいと思っていました。
でも単価が安いからか、日本に輸入されていないので、諦めていました。

ところが、イギリスのアマゾンに出店しているイタリアの業者から
買えることが判明!
割高なのを我慢して取り寄せました。
色柄物向けのが手に入りました。

結果は…残念!(;_;)
普通に洗剤の匂いでした。

完全に迷宮入りですね…

KIMG0361 (2) 



2017.08.16 Wed | Road Races| 0 track backs,
アラン・デイヴィス・・・・今昔
かつてAISのメンバーで、オーストラリアトラックメンバーとして
走ったことがあるスティーヴ・ウールドリッジが亡くなった。
享年39歳。

かつての同僚たちがいっせいに哀悼の言葉を発信していて本訃報に気が付いた。
ザック・デンプスターやアラン・デイヴィスなども故人との思い出などを書き連ねていた。
(追記:自ら命を絶ったというのはそうした哀悼の辞の内容からわかったのだけど、
敢えて書きませんでした。
今ニュースサイトなどを見たら、その話はすでに広まっているようですね。)


コメントを寄せたうちのひとりアラン・デイヴィス
久しぶりだなぁ、どうしてるかな、そう思って何気なく彼の近影を見たら --


2allan.jpg 

あれ、すこしふっくらした?


P1080332.jpg


アラン・デイヴィスサイクリングという自転車チームを立ち上げているようだ。

aP1080332.jpg a2allan.jpg


TOJで来日して、少年ぽい顔を見せていたあの印象が強くて、
オトナのデイヴィスにはなじめないけれど、
元気そうでなにより。


以下の写真はツール2004のとき。
リバティのロゴはついていた。
06年に勃発したオペラシオン・プエルトでチームも彼自身も
すったもんだの状況になった。

P7243172.jpg
2017.08.15 Tue | Road Races| 0 track backs,
コンタドールとスカルポーニその同僚時代
昔のツール・ド・スイスの写真を物色中、
思わず手が止まった。
この写真を見つけて。

オペラシオン・プエルト勃発直後、
リバティセグロスがスポンサーを降り、
白抜きジャージになってしまったときのふたり、
コンタドールとスカルポーニ。
2006年。

P1080338.jpg 
2017.08.15 Tue | Road Races| 0 track backs,
アルベルト・コンタドール 引退特集 その1
RIMG0036_20170808112523a7c.jpg 
2005年4月28日。


2004年5月に脳の海綿状血管腫を発症し、アストゥリアス一周の最中
倒れたアルベルト・コンタドール。

以来長い道のりだったが、今季ブエルタを最後に引退表明をした。

引退表明は2度目だけれど、1度目の表明をキャンセルした後、
絶頂期の走りを見ることはできなかった。

トクダネニュースでコンタドールが最初に登場するのは2003年6月だった。
レースリザルトのみだけど。
次のエントリーが2004年の例の病気のとき。

以下再掲:

ちなみに上の写真は奇跡の復活を果たした2005年4月末のもの。
発症・血種の手術後、復活して4か月少々のときのものだ。

========

破竹の勢いオンセ + ウルリッヒ山岳ステージ18位をどう見るか ( 6.8.2003 )

ドイツランドツアー5日目。1位オンセ、2位 オンセ、3位オンセ、4位オンセ、5位クイックステップ、6位オンセ、、というリザルトを見ると、あれ?今日はチームTTの日だったけ?と思ってしまいそうになる。しかし、そうではなく、191キロのれっきとした山岳ステージだった。区間優勝したのはオンセのポルトガル人アセベド。続いて折り重なるように同着で着いたのが昨年のドイツランドツアーの覇者、イゴール ゴンザレス デガルデアノ。3位ノサル、4位ヤクシェとオンセが続き、クイックのマイケルロジャース(それにしても活躍が目を引く)を挟んで6位がオンセのコンタドールだった。
==========


アルベルト コンタドールの病状 ( 5.16.2004 )

ヴエルタアアストゥリアスの最中 43キロ地点で落車をして、頭にも怪我を負ったLセグロスのコンタドール。運ばれる時の様子から、怪我の具合がかなり心配されたが、外傷のほか、動脈瘤が発見された。事故の時、彼は痙攣を起こしてと伝えられているが、落車で動脈瘤になったのでなく、動脈瘤よる何らかの発作を起こして落車したと見られる。

彼は家族の病歴にも動脈瘤の所見がある。バイパス手術を行えば、選手生命が終りということはないという。コンタドールは去年オンセでプロ入りした。まだ21歳のマドリッド出身のライダーだ。


RIMG0187_20170808112524799.jpg 

2005年5月1日。TDRにて。

2017.08.08 Tue | Road Races| 0 track backs,
アンヘル・ビシオソが今季限りで引退
P1080339.jpg 

クラシカ・サンセバスティアンで引退したアイマル・スベルディアに続き、
40歳プロ選手がまたひとりプロトンを去る決意をした。
カチューシャに所属するアンヘル・ビシオソだ。

引退の直接的なきっかけになったのは、
7/17の本ブログエントリーで触れた一件だった。

トレーニング中の交通事故で、なぎ倒された。
ケガのダメージより、精神的なダメージが大きかったようだ。


自転車漬けの生活はいや、といいつつオン・オフを使い分けていたビシオソ。

安泰な家族生活を脅かすこの仕事に
そろそろ終わりを告げたいと思っていた矢先の事故だった。

これまで所属したチームは8つ。
ケルメ、オンセ、リバティセグロス、レラックス、LA-MSS、アンダルシア、アンドローニ、そしてカチューシャ。


個人的に印象深いのは、2006年ツール・ド・スイス。

オペラシオン・プエルトの一件でリバティセグロスがスポンサーを撤退し、
胸のロゴが真っ白になり、チームに不穏な空気が流れていたとき、
ビシオソはそんなこと全く意に介さないとばかりに淡々としていた。

オペラシオン・プエルトに加担した中心的選手の一人であったにも関わらず、だ。

山あり谷あり、はこの世界では普通のことさ、といった腹の座り方が
痛々しいほど華奢で弱々しい風貌と対比をなしていて
面白い選手だな、と思った。

写真左のイエルク・ヤクシェのゲルマン的深刻顔とは対照的だった。


P1080339.jpg 

https://as.com/ciclismo/2017/08/01/mas_ciclismo/1501578583_597620.html


2017.08.03 Thu | Road Races| 0 track backs,
"shw-greenwood" template design by Shallwill