Rapha採用情報

サイクリストとしてRaphaで一緒に働きませんか?

 

ラファ東京 / ラファ大阪 / カスタマーサービスにて採用枠が増えます。

ラファは英国に本社を置くグローバル サイクリング ブランドです。

遠く離れた日本でも同じマインドとスピリットで仕事をしています。

--------------------------------------------------------------------------------


Raphaは、サイクリングを世界で最もポピュラーなスポーツにすること、を目標に存在しています。

それが我々の会社のカルチャーや働く環境、そしてどういった人と一緒に仕事をするかを定義します。

商品企画からトラベルのガイド、経営企画からカスタマーサービス担当まで、世界中の才能溢れるサイクリストと働き影響力を強めてきています。

グローバルスタッフ全員が同じ目標を共有することにより、ここ数年世界的にも稀有な急成長に貢献して来ました。

ロンドンのヘッドクォーターでは、社内にバリスタがいてメカニックが作業し、常にロードレースがスクリーンに流れています。すなわち会社内にクラブハウスがある事に気付くはずです。

各地のオフィスやクラブハウスでは、気の合う仲間やスポーツへのパッションを共有できるスタッフが働き、水曜日には一緒に走ったりしています。そして国内でも一人でも多く、より長くサイクリングを、よりサイクリングに興味を持ってもらえるよう貢献してきています。

もし、このスポーツを本気で変えていきたいという考えを持っている方は以下のポジションをご覧になってください。

みなさまからの問い合わせをお待ちしております。

こちらのページに英文と代表のサイモン・モットラム氏のメッセージビデオもありますhttps://pages.rapha.cc/jobs

--------------------------------------------------------------------------------


募集要項

《《 ラファ東京 クラブハウススタッフ 》》

勤務地:Rapha Tokyo (渋谷区千駄ヶ谷)

募集職:カフェスタッフ / カフェ・リテイル兼任スタッフ

待遇:時給960円 〜 1,200

勤務:土日を含むシフト制 13時間〜8時間

休日:シフト制 (応相談)

その他:バリスタ経験、飲食業での調理経験のある方、またマネージャー経験のある方は条件・待遇など別途ご相談

 

《《 ラファ大阪 クラブハウススタッフ 》》

勤務地:Rapha Osaka (大阪市北区)

募集職:カフェスタッフ / カフェ・リテイル兼任スタッフ

待遇:時給920円 〜 1,200

勤務:土日を含むシフト制 13時間〜8時間

休日:シフト制 (応相談)

その他:バリスタ経験、メニュー開発の経験のある方、またマネージャー経験のある方は条件・待遇など別途ご相談

リテイル業の経験者は別途ポジションあります

試用期間あり 各種スタッフ割引/サポート制度あり

ご応募は下記フォームからご応募いただくか、cctyo@rapha.cc (東京) / ccosk@rapha.cc (大阪)までご連絡ください。

https://goo.gl/forms/FYrXyM9ygcw6FjEd2

 

 

《《 ラファ・カスタマーサービス》》

勤務地:Rapha Japan東京オフィス

業務内容:カスタマーサービス全般

待遇:時給1,100円~1,500円(経験・スキルを考慮)

勤務:平日のみ18時間 (: 9:0018:00) / 3日〜

休日:土・日・祝日

その他:未経験者可、要英語力、サイクリストあるいはロードレース(観戦)に情熱があること

応募方法:「カスタマーサービススタッフ希望」の旨を明記の上、 japan@rapha.cc までご連絡ください。おって、面接へのご案内を致します。

募集ページ:https://boards.greenhouse.io/rapha/jobs/852254#.WcDeKNNJYdU

 


Photos: Copyright@Rapha
rr.jpg 

rrrr.jpg 

rrr.jpg 

2017.10.28 Sat | Road Races| 0 track backs,
ニュースアーカイブ更新
1999年10月以降のロードレースニュースを旧HPからLivedoorの方に移行中。
このほどさらにいくつかニュースを更新。
特になつかしかったニュースはこれ:

 
さらにパンターニの2001年ジロのときの取り調べが2002年4月時点でもまだ続いていた事実に驚く。

2017.10.27 Fri | Road Races| 0 track backs,
ジャパンカップの収穫
Copyright@kubojiさん
ckn.jpg

 
kubojiさんのジャパンカップ便り ~

今年も金~日と宇都宮を満喫してまいりました。
日曜に雨のレースを「4年前と違ってそんな寒くないな」と無事に観戦し終えました。
目当てはやはりコンタドールで、金曜に空港に着いてから日曜までずっとにこやかかつ丁寧にファンサービスをしている姿がとても印象に残りました。
人間ができているというか、ファンの夢を裏切らない選手でした。

日曜に雨のレースを「4年前と違ってそんな寒くないな」と無事に観戦し終え、森林公園から田野町交差点方面へ歩き出したところで宮澤崇史さんのパーティに行きあい、手元のモエ・エ・シャンドンとこちらをトレードさせて頂きました 笑
(上の画像と、下の画像)

ckn2.jpg 


話によると20人に50万円分ふるまったパーティだったそうですが、あのお肉は果たして宮澤さんお手製だったのか、それともどこぞのレストランの料理だったのか…
高価そうな一品でした。


真空パックされた鶏肉は中に香草とニンニクが詰められており、香りといい味といい大変おいしかったです。
家にワインがCono Surしかなかったのが残念ですが、赤ワインにとっても合いました…

======================= 以上


ジャパンカップの観戦がどんどん進化。
仮装、応援グッズが高度化しただけでなく、
グルメ度も・・・ですね!





2017.10.26 Thu | Road Races| 0 track backs,
雨の日のジャパンカップ
あの人はまた、雨の中逃げるのだろうか?

PA281137.jpg 
(2001年ジャパンカップ。)


果敢に攻めたものの、疲労困憊で自滅した若き日のマルティン・エルミゲル(エルミガー)。

PA281137b.jpg 


なつかしのスイス・ポスト時代、スイスチャンピオンジャージをまとったプロ1年目、23歳。

シーズン最終盤、時差ぼけもある上に悪天候とあって、
モチベーション下がりまくりの海外選手も散見される中、気合に満ちた走りをしてくれた。

PA276141.jpg 


2017年、思い出の花道となりますよう。

PA286210.jpg 
2017.10.21 Sat | Road Races| 0 track backs,
ブラッスリーにて
広いブラッスリー、その奥のカウンターで見つけた。
こ、これは?

ズームして写真を撮ってみる。
店内の人たちは誰一人気づく様子もなく。
反応する対象物をもっている、それは視界を変えるらしい。

IMG_1066.jpg 


何気なくこんなところに。
春以来、この場所を訪れることはなかったので、
シーズン中に見ることはできなかったけれど、ツールのポスター。

外はしとしと続く秋雨。
既に思い出となった季節外れのポスターが、
明るい陽射しを呼び起こす。

IMG_1065.jpg
2017.10.20 Fri | Road Races| 0 track backs,
西薗良太選手引退の報道に接して 高校時代の所信声明を再掲
ブリヂストンアンカーの西薗良太選手が、2017年を最後に引退するという。
(アンカーニュースのURLは下方)


P1590779.jpg 
(2009年全日本選手権@広島)


東大出のライダーとして脚光を浴びつつ、チームを渡り歩き、時に活動から遠ざかったりしながらも、特に全日本TTで輝いた西薗選手。

お疲れ様でした。

思い返せば西薗選手(当時は西薗君)との最初のコンタクトはまだ彼が高校生のころ。

受験勉強中の西薗君が本サイト(当時はブログ機能のない見かけがブログっぽいHP)宛てに送ってくれたメッセージを久々に再掲しつつ、13年の月日をかみしめることにする。

******

2004年12月31日付け西薗良太君からのメッセージ:


ここ数年いつも見させてもらっている鹿児島の高校生です。僕はロード乗りで
毎日最新の自転車話やNacoさんの日常を楽しく読ませてもらっています。

今日のダイアリーになんだかジーンとくるものがありました。

僕は来年受験生ですが、楽しく自転車に乗りながら社会をよく考える大人を目指して頑張っていきます。

一人の大人の人の本音の考えを知ることができるのは非常にプラスです。がんばってください。
よいお年を。

西薗良太

******


上記で「今日のダイアリー」として触れられているエントリーは以下(こっ恥ずかしいちょっと青臭い内容だけど)


******

★ 2004.12.31 (Fri)  みなさんにとって、2005年がいい年でありますように 

30日から実家に帰っている。一緒におせち料理を作り、タッパーに詰めて大晦日の夜、年越しそばを食べた後、家に持ち帰る予定。新年というのは面白い。単に12月31日の次の日なんだけど、なんか31日でいったん区切れて、新しく始められる気がする。31日の翌日、という感覚じゃなく、ちょっとリセットができる感じ。

もちろん、気のせいなんだけど、学校を卒業して新学期という恰好の機会がなくなった今、こうした年1度の心機一転の機会は大事にしたい。

この1年、いろいろな方からお便りを頂いた。オチョア兄弟事故の記事を連投したときには、自転車に乗っていたときの事故がもとで、オチョアを彷彿とさせるような大怪我を負った人からのメールもあった。メールを通じて悲喜こもごも、様々な話を耳にした。多くの人が明るい表向きの顔とは別に、様々な裏の顔をもっている。営業成績抜群、でも上司とうまくいかず、下っぱからは突き上げを食らっているサラリーマン、、とか。

かくいう私も、仕事面では、今までで一番辛い時期だったかもしれない。英国側の人員が一部変わったこともあり、先方に委託した試験が波乱万丈だった。そんなのが延々続き、今日の今日まで結果待ちだったものもある。これから夜、家に戻ってからお客さんにメールを一本打たなくてはいけない。年明け早々、問題に発展する可能性もある。

そして、自分自身の悩みだけでなく、天変地異、凶悪犯罪、犯罪の若年化、など、暗いニュースも山積みあった。単に他人事とは言えず、怒り・悲しみを感じることも。そんな中、こうして自転車レースを追いかけることは、私にとっては現実でありながら、一種仮想の世界のようでもあり、いい気分転換になる。趣味を追いかけている時、心がなごむことも多々あって、娯楽に救われることってあるんだなぁ、と。

このDiaryを見に来てくれる人の中には、自転車に興味がないけど、このページ(Diary)だけ覗いてみる、という人もいる(例えば同級生とかなわけだけど)。そうした人たちにとって、私にとっての自転車レース観戦みたいな趣味とか娯楽とかがあるのだろうと思う。新しい年も決して楽で平坦ではないかもしれないけど、そうした趣味・娯楽が清涼剤となり、力強く毎日サバイバルできるといいなぁと思います。

今年一年お世話になりました。どうぞおいお年をお迎え下さい。


******

西薗選手、”楽しく自転車に乗りながら社会をよく考える大人”というかつての目標はきっとこれからもきっと目標であり続けるのでは?などと思っています。

新天地でのご多幸をお祈りしています。

******

(アンカーニュースへJUMP)。
   
2017.10.18 Wed | Road Races| 0 track backs,
最新のトクダネニュース移行状況
1999年10月以降のロードレースニュース移行作業。
本日さらに2件を移行。

うちひとつは、カデル・エヴァンスの初々しいレース日記。
この時の所属チームはマペイ。
前年サエコ在籍時にジャパンカップで2位になって以来、動向を注目していたのを思い出す。

2017.10.17 Tue | Road Races| 0 track backs,
トクダネニュースアーカイブ更新情報
1999年以降のトクダネニュースをライブドアの方に移行中。
このほど更新し、2002年4月12日までのニュースを以下にアップしなおした。

この中で驚きのニュースは、ブエルタで中間スプリント賞に輝いた選手が
19歳まで砲丸投げの選手だったという話。
自分で入れておきながら、ほとんど記憶にないニュースだった。
当時スペインのDivIIのチームはベルギークラシックに出場できず、クラシック志向の彼は
活躍の場をあまり広げることができなかった。

それからマリオ・チポッリーニがパリ~ルーベを回避することを表明したとたん、
主催者ソシエテ(現ASO)が彼のチームの本レースへの参戦を取りやめた、という話。
やはりこうした「手心」や「忖度」の余地がなくなった現行システムの方が近代的、そう痛感。

http://blog.livedoor.jp/maillotblanc/

2017.10.16 Mon | Road Races| 0 track backs,
クリーノ・ツタヤ・バーでライブ
タクリーノからの告知!です。
===

まいど。
タクリーノ・ツタヤ・バーでライブありまーす。
10月21日(土)8時開演。
アメリカの体験などなど人生を旅として発信続けるアーティスト、津田圓三さんのライブです。ブルース、カントリーをユニークにシニカルに楽しく歌ってくれます。この人、タオイストとしての哲学感の素晴らしさも一興です。
チャージ無しの投げ銭ライブです。お気軽に~。
 
Tacurino-Tutaya-Bar
大阪市西成区玉出中1-14-10
090-3621-9982
定休日 月火水曜
19:00~24:00
2017.10.16 Mon | Road Races| 0 track backs,
高木秀彰フォトグラファーどうぞ安らかに
脱サラでロードレースのカメラマンになった高木さんが
自宅でお亡くなりになられたとのこと。

今朝の捜索情報から一転、悲しい結末になった。

「僕、総務のおじさんみたいなことしてたんだよ、何でも屋さん」
カメラマンに転身後、初めてお会いしたときの会話だ。

サラリーマン話に花が咲いたのを覚えている。

会社という団体から個人業になって、
これから頑張るぞ、という気概と、
守られていたものが取り払われたあとの手探り状態を感じさせる話ぶりだった。

企業人の名残が自分の中に多分まだあって、
サラリーマンである私に、何か似たような匂いを感じているかのような
そんな懐かし気な感情も混ざっていた気がした。

FBは余りマメにチェックしていない私だけど、つい最近たまたま高木さんの
素晴らしい写真を目にして「いいね」ボタンを押したばかりだった。

早すぎる死、突然のさようなら、
残念でたまらない。

宇都宮でも親切にしていただいた。
人のいい笑顔しか浮かばない。

どうぞ安らかに。
合掌。


2017.10.14 Sat | Road Races| 0 track backs,
人間が写っていなくても十分ホラーな1枚
イル・ロンバルディア。

木漏れ日に輝く秋の日の森の風景・・と思いきや、

ヤン・バーケランツのバイクが地上4mの木の梢に引っかかり、
その下には本人が・・・の図。

人間が写っていないにも関わらず、結構ホラーな1枚。

さしあたっての所見は、肋骨7カ所、脊椎2ヶ所の由。(Jump to CN)

2017.10.09 Mon | Road Races| 0 track backs,
お久しぶりのベッティーニ
アルカンシェルは伊達に着るものではないし、
さらに本文にはBettiniに敬意を表して、とあるので、 
まぎれもなくパオロ・ベッティーニに違いないのだけど
ダヴィデ・ブラマーティやアンドレア・トンティに比べて
どこかご隠居さん風情が漂って。。。


 
2017.10.04 Wed | Road Races| 0 track backs,
"shw-greenwood" template design by Shallwill