お久しぶりのベッティーニ
アルカンシェルは伊達に着るものではないし、
さらに本文にはBettiniに敬意を表して、とあるので、 
まぎれもなくパオロ・ベッティーニに違いないのだけど
ダヴィデ・ブラマーティやアンドレア・トンティに比べて
どこかご隠居さん風情が漂って。。。


 
2017.10.04 Wed | Road Races| 0 track backs,
"shw-greenwood" template design by Shallwill