学連便り: 世界大学選手権ロードタイムトライアルで日本勢9位
2014世界大学選手権自転車競技大会
ポーランド、Jelenia Gora
初日ロード・タイムトライアル


                               2104年7月9日
                                派遣チーム監督 三宅秀一郎

7月9日 翌日のロードの周回を逆周りする23㎞ 5㎞で一気に300mを登るTTには珍しい設定であった。
女子は2名が出場し、合田早稲田)9位 +2’24・伊藤(中京)が18位 +4'25。
1位は地元ポーランドのKLEKOT 38'13。
男子には徳田優(鹿屋)、山本(鹿屋)が出場し、9位(+2’10)、16位(+4’25)となった。
チェコのVAKOCがポーランドのGEBAUERを6秒上回る33’30で優勝。
欧州のプロツアーやコンティネンタル所属者がいる中(台湾のFENGも大学生らしい)、男女とも持っている力を出し切ったまずまずの成績だった。明日のロードに期待が出来る。


TEAM.jpg
2014.07.10 Thu | Road Races|
"shw-greenwood" template design by Shallwill