TJ ・ヴァンガーデレン 呼吸器系感染症で突然の棄権 
■ 「消えてしまいたい・・」


総合3位に位置していた選手が、休養日明けに突然不調となり去っていく・・

驚きの展開で、TJ ・ヴァンガーデレンに一体なにが起こったのか、不思議に思ったが、
呼吸器系の感染症を患っていたという。

第13ステージから症状が出ていたものの、なんとかもちこたえ、
休養日に一気に悪化したようだ。

CNには以下の通り書かれている。

「今朝起きて、最悪の状況は休息日だった、体調を回復させることができた、と感じた。
夜は眠れたし、レースには準備万端、ノーマルに近い感じで希望を感じて楽観的でいたが、
ひとたび走り出したら、筋肉にエネルギーはなく、ペダルを踏みしめることができなかった。」

ツールで表彰台争いをしていたその翌日に、突然チームカーの中、
そんな急転直下の展開に、相当打ちのめされている。

妻に電話で報告するのは辛かったようだ。

「消えてしまいたい」という言葉に胸が痛む。


2012年、キャプテンのカデル・エヴァンスと上位争いを展開し、
下剋上でエースになったTJ。
(総合5位でフィニッシュ・新人賞。カデルは7位)


2012年ツール最終TTのTJ:

P1120023.jpg

P1120025.jpg

あのときはイケイケで、怖いものなしに見えた。
いまやエヴァンスは引退。
心理的障害はなくなった。
チャンス到来となったものの、それですべてがうまくいく訳でもない。
勝つためのあらゆる要素をそろえるのは つくづく難しい。



”I woke up in the morning today and I felt like the worst of it was on the rest day, and I had given my body a chance to recover. I felt hopeful and optimistic and I had a good night sleep and I felt ready to race, I felt closer to normal. But once I got out there, my muscles had no energy and I couldn’t push.

“Straight away from the start, I knew this wasn’t good, and hopefully I could just hide and ride into it for a few kilometres and I would feel better but those sensations never came. Oh man, it is hugely disappointing.

“Yes, absolutely. To be fighting for a podium in the Tour de France and then the next day you are sitting in a car, it was hard. It was hard to look my teammates in the eyes, hard to call my wife and explain to her what was going on. It was a lot of emotions. It almost feels like I want to just disappear right now.”


http://www.cyclingnews.com/news/tour-de-france-i-want-to-just-disappear-right-now-says-van-garderen
2015.07.23 Thu | Road Races| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill