マーク・カヴェンディッシュ リオ五輪を目指す>トラック競技でも
エティックス・クイックステップのスプリンター、マーク・カヴェンディッシュが
8月14-16日ダービーで開催されるレボリューションシリーズのトラックレースに出場するという。

オムニアムとマディソンレースでポイント獲得し、トラックで五輪メンバー入りを志す。

エティックス・クイックステップのボス、パトリック・ルフェーブルは、
2年前、こうしたカヴのトラック志向への動きに対し けん制を入れたそうだが、
五輪が迫る中、カヴの方も、チャンスを捉えたいとしている。

9月15日までにトラックのUCIポイント90点を獲得できれば、
冬のワールドカップイベント参加資格が得られ、ひいてはリオへの道が開かれる可能性が出るのだ。

出典:
http://www.cyclingnews.com/news/cavendish-begins-rio-2016-olympics-qualification-bid-at-derby-revolution-event/


思い返せば、かつてブラッドリー・マッギーがレボリューションシリーズに出場しようとして
同時期開催のロードレースに出るよう強制され、マディオ監督と軋轢を起こした。

新人のときから10年所属したFDJとたもとを分かちマッギーがCSCに移籍した理由の背景にはこのときの
不信感が根底にあるのでは、などと思う。

カヴェンディッシュのトラック挑戦は、成否とともに、
チームとの契約交渉に影響を与えるかどうかも見届けたい。


****

以前のロードレースアーカイブ復刻状況:
↓ 2001年5月21日のニュースまでインプット。CSCのツール選出にまつわる話は記憶の彼方だった。

http://blog.livedoor.jp/maillotblanc/
2015.08.11 Tue | Road Races| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill