選手はアルカンシェルにサインはしたがらない?
知り合いのSさんから掲載OK前提にメールを受領。

持ち寄ったジャージにジャパンカップの折りサインをもらおうとして、
拒否されたことがあり、今年さらにその傾向が顕著に見られたそう。

持ち寄ったジャージとは、アルカンシェル。
世界選手権王者が1年間着用できるあの虹色ジャージ。

世界チャンプでもないのにそれにサインするのは、いくらレプリカでも
納得できないということなのだろう。

やはりスペシャルな1枚。
そのジャージへの敬意を感じるエピソードだった。

毎年、ジャパンカップで来日した選手全員のサインを
ジャージに集めています。チームに関係が無く、白地が良い
というので以前は白いプロツアーリーダージャージを
使っていましたが、制度がなくなったので、チーム名が
入っていないアルカンシェルを使っています。

ここ数年そうしていますが、ダニエルマーティンが
サインをしたくないよ、と断ったのはあったのですが、
一応他の選手はみんな特に何も気にせず例年
サインをしてくれました。

ところが今年はランプレのモーリは顔見知りなので気軽に
してくれましたが、ウリッシが露骨に拒否しました。
それにつられて誰でしたっけ?台湾チャンピオンも嫌がりました。

やっぱり気にするんですかね。

全員のをもらえないなら意味が無い、として、ジャパンカップ
オフィシャルポロシャツに集めました。
モーリのだけサインが入ったジャージは練習着になっています。

2015.11.22 Sun | Road Races| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill