カタール一周からシャットアウトされたエティックスの心境
エティックスのカタール一周からの締め出しにつき、
チームの親分パトリック・ルフェーブルのコメントが出た。

http://www.cyclingnews.com/news/lefevere-upset-by-tour-of-qatars-accusations-of-etixx-quicksteps-bad-behaviour/


でもどこか理論がビミョーにすり替えられている。

表彰台登壇が遅かったと、と言って主催者は不満をあらわにはしていたけれど、
それは単に着替えに時間を取るな、という意味ではなかろう。

急がせたスタッフを鼻であしらったりする、その依頼に対する無礼や
いたずらにゆるゆるした態度(どっかり腰を据えて動かなかったとかそういう仕草)に対し、
ことさら悪い印象をもった様子がうかがえる。


ルフェーブルさん、
道で着替えろというのか、表彰台のあとにスッキリしたい(から時間をとる)ということの
どこが悪いのか、という反論。

記者から次年度の出場について打診されたりしたものの、最後には、議論そのものをシャットアウト。

カタール側が下した処遇の意味は、いまひとつ伝わらなかった模様。


主催者は、単刀直入に言った方がよかった。

テルプストラの態度悪すぎで手に負えないんだ、と。
2016.02.10 Wed | Road Races| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill