イギリス帝国の力に陰り
昨日のストラーデ・ビアンケ。

ブランビッラ 対 後続のスリリングな展開、
最後の上りの破壊力、
打倒されてもすがすがしい笑顔が印象に残ったブランビッラ、
通算3勝でも心底嬉しそうだったカンチェッラーラ、、、

など見どころ満載だったけれど、
このタイミングで行われているトラック世界選における
イギリスの苦戦ぶりも気がかりだ。

ロンドン五輪のときのフルパワーの反動なのか
ウィギンスを投入した団体追い抜きでもオーストラリアの前に撃沈。


2012年のあのイケイケぶりはやはり五輪マジックだったのか。





2016.03.06 Sun | Road Races| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill