TTの違和感
昔のデータの中から探し物をしていて、ふと目に留まった写真群に
そこはかとない違和感を感じた。

ノーヘルメット。


P7210081.jpg


これらの写真は2000年ツールTTのときのもの。

むろん当時、ヘルメット着用義務がまだ緩かったという事実はよーく覚えている。

2003年パリ~ニースでアンドレイ・キビレフが頭から落車して死亡するなどいろいろあって、
その後徐々にヘルメット着用が規則化された。

といっても、正確には”再”義務化。
以前いったん強化されたものがあのころは再び緩くなっていたのだ。

とはいえたしか当初、山岳ステージは義務化対象外だった。


2000年当時はヘルメット規定がなかった、それははっきり覚えているのだけれど、

だけど、改めて今眺めると、ヘルメットがないのがすごく不自然に見えてくる。
それほど、当たり前になったということ。

ああ、無防備。。。


P7210069.jpg


ただし、チームによっては、ヘルメット組もいた。
いたけど、これだ。

P7210026.jpg


オンせのジャジャ。

P7210088.jpg


唯一違和感がなかったのがケルメ、という事実。
山はいいがTTが苦手だったケルメ。

TTは苦手、とスルーするのでなく、それなりに努力はしていたんだ、と気が付いた。


P7210082.jpg
2016.07.09 Sat | Road Races| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill