ホアキン・ロドリゲス来日
2014年11月、チームカチューシャのホアキン・ロドリゲスが再来日を果たした。

好感度抜群な様子や、エースが来日してくれた喜びの声があちこちから聞かれ、7年の時を感じる。

2006年、ピナレロ氏やバルベルデとともに来日したあの時とはワケが違う。

あの頃も、むろんフレンドリーで好印象の声は多々あった。

けれど、ニュアンスとしては”バルベルデの右腕”としての来日で、
「おお!!ホアキンが来る!」というのではなく、
「バルベルデが来る!ホアキンと一緒に!」、という空気感だったかと思う。

実際、当時行われた数種類のトークや質疑応答では、こんな会話が繰り返された。

司会者:「ホアキンはエースになれますか?」
バルベルデ:「(からかい口調で)うーん、TTが(難ありだ)なぁ・・」

TTが苦手というレッテルを貼られ、それは何度か、からかい言葉として使用されていた。


が、今回はエース級での再来。

私は喘息で咳の発作のせいで喉が痛くて人と話せる状況でなく、
ちょいとホアキン見物、といったこともできずに終わったが、
会った人の話を聞くにつけ、彼単体でファンを相当惹きつけていたこと、
そしてなによりエースの風格たっぷりだったことがうかがわれる。

ケスデパーニュ(現モビスター)からの移籍・バルベルデの影からの脱却が吉と出たことを痛感する。



2006年の来日時(左バルベルデ、右ホアキン)

P1020519.jpg


巨大ポスターにサイン。

P1020445.jpg


あれこれ外野から指示を出すバルベルデの様子が手前に少し映ってる。

P1020469.jpg


バルベルデと(今となっては)元妻。左ピナレロ氏。

P1020221.jpg



更に前、2005年、サウニエル時代のホアキン。

RIMG4614.jpg


バルベルデとのカラオケ:
2014.11.24 Mon | Road Races| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill