チクリッシモ 選手名鑑こぼれ話7: ペテル・サガン

 サガンが五輪MTB出場を決めたため、MTBで五輪を目指した選手はどうなった? -- あまりに過酷な運命が待っていた。


UCIポイントも十分で五輪当確と言われつつ、ポイント数の低いサガンが突如MTBで五輪出場を決め、夢破れたMTBの選手。そんな彼に代替案としてサガンから提示されたのは、「ロードの枠を君に譲る」。果たしてその選手は五輪に出たのか?・・・を追ってみた。

  

ツールを生観戦して、印象に残ったのはアシスト選手たちの姿。みな一様に誇らしげ。ツールに出た選手はみな、ヒーローなんだ、そう実感した。  

たぶんその延長戦で、日の当たらない選手のことが気になる性分になったみたいだ。


サガンが2016年になってMTBへの出場を表明し、五輪MTB候補最有力と言われたものの

出場を逃した選手のことを調べたくなった。本人は納得しているのだろうか?


調べてみると、単に選出からはずれただけではなく、その後二転三転の運命にもてあそばれたのだった。 


もともとサガンがロードからMTBで五輪出場を目指すようになったのは、2016年、
ロードコース試走の後だった。

スロヴァキアの枠は1のみで、当初は他国が使わなかった枠を頂いて出場するつもりだった。

しかしそれが不可能と知り、虎の子の1枠を、彼が得ることになる。

 

五輪当確と言われていた選手にとっては寝耳に水。五輪を夢に頑張ってきた、、とコメント。

しかしその埋め合わせとして、ロードの1枠を彼に譲るという話がもちあがった。

当該選手は当惑しつつも そのためのトレーニングを開始した。

「やはり五輪は夢。出られるのなら」と。

 

ところが五輪の1ヶ月前、委員会は別の結論を出す。

ロードで実績がある選手(当初補欠とされていた)を本メンバーに決定したのだ。

 

夢破れた選手はどうしたか?7~8月はロードレースに出場し続けた。

でもその後しばらくの間レースには出なくなった。MTBも、ロードも。

  

稀に見る実力者、本国では英雄のサガン。

その彼がMTBに出場するなら誰もが納得、そんな空気も感じられる。

失意の選手ですら、サガンが相手なら仕方ない、と思ったかもしれない。

とはいえ今年
29歳。

次の五輪に向けて新たなモチベーションを得られるだろうか?

2017.03.11 Sat | Road Races| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill