ダリオ・カタルドの芸術的なたとえ話
これまで余暇に秀逸な人物画を描いてファンを驚かせてきた
プロトンの画伯ダリオ・カタルドが、
FBに芸術をからめた投稿をしている。

cata.jpg 


落車を海難場面になぞらえているのだけど、
彼が引用した絵画は、知る人ぞ知る、歴史的名作だ。


描いたのはフランスロマン主義派テオドール・ジュリコー。
タイトルは「メデューズ号の筏」。
ルーブル美術館に所蔵されている。

数年前に同美術館を訪れた時、
しっかり見ておくべき絵としてチェックしておいた。
(これまで何度か行っているのに、このブランス絵画のコーナーは
結構飛ばすことが多かったのだ。)

P1210339.jpg


同じ画題、作者による下絵も同時に展示されていた。

P1380043.jpg



実際この絵を見た私でも、
落車場面をここまで凄惨な絵画と比較する発想はなかった。

落車の恐ろしさを肌で感じている選手ならではのことなのか、
或いは彼の美的センスがなせる技ゆえなのか。
2017.07.04 Tue | Road Races| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill