チームスカイのブレイスフォード、CNの記者にキレる
記者対応についてとかく言われることが多いチームスカイ、
及び総帥のブレイスフォード。

ついに今回のツールの休養日に、CN(Cyclingnews)の記者を


これまでの記事内容が問題視されたとされているけれど、
ツール前にCNがブレイスフォードに対する個人攻撃にも近い長編記事を出したことが、
直接の火種になったのかもしれない。

6月末に出たCNの当該記事を読んだけれど、
なるほどこれか、という感想。
悪意を発動したときの朝●新聞、だった。


ブレイスフォードのCNに対する怒り・対応は、
先の今●復興大臣のまじギレ質疑応答を彷彿とさせる。
あれでは悪循環だ。


特にブラッドリー・ウィギンスの薬物報道やチームの関与が取りざたされ、
本国の公聴会にも召喚された一件以来、ブレイスフォードの信用はがた落ち。

本件に関する説明責任をまったく果たしていないこともあり、
記者の不信を買った結果が、あのCNの記事につながったのだろう。


監督の話ではないものの、母国のメディアと蜜月関係を築き上げていた選手を知っている。
記者の人達はもう当該選手を目の中に入れても痛くないほどかわいがり、
あの雰囲気では否定的なことなど書きにくそう、、、とまで思えるほど。
みんなが知り合いで、少なくとも報道の切り口は、一方的な悪意には
絶対なり得ないだろうな、と思われた。

やはり「北風と太陽」では、太陽の方が分があるものだ。
(ただし、その選手が世界的な存在になってしまうと、各国メディアが押し寄せると、
そうしたコントロールも少し難しくはなるのだろうけど。)


ちなみにCNの記事を書いた本人バリー・ライアンはもちろん怒っている。
本人いわく、
「こんなのは(不当な扱いは)ほかに2009年にベルギーのメディア、スポルツァを
ブルイネ―ル監督がシャットアウトした1件しか類を見ない!」


2017.07.18 Tue | Road Races| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill