そういえばいつの間にかなくなった、あの記録
今日、昔のニュースのインプット作業をしていて、ああこんなニュースもあったなぁ、と苦笑した。

ダビ・エチェバリアが、五輪代表入り漏れした時の感想として、「彼女に不貞を働かれた時の気分」と語っていた。

http://blog.livedoor.jp/maillotblanc/archives/8702781.html


これは2001年のトクダネの復古版なのだが、
同時にふと気づいた。

エチェバリアといえば、毎年ツール出場選手中、一番小柄な選手として、
一番大柄な選手と対比するかたちで 公式サイトに記されたものだ。
身長は165cmぐらいだったかと思う。

お決まりで、大体そういう記事には、事前一斉健康診断の画像なんかも貼り付いていた。

が、昨今 そうした記録が公式サイトには出ない。
一番背が高い人、低い人、
などという比較が偏見ぽくもあり、今の世にそぐわないのだろうか。

或いは、実況TV・ネット生中継も、現地観戦に行く人も増え、
そうしたデータを伝えずとも、選手たちの体つきなど、
自分たちの目で確認できる時代になったということか。
2015.02.03 Tue | Road Races| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill