友人の死で自転車をやめ、山上り中に大けが
2016,17年にアクセル・メルクス率いるアクションチームで走っていたエイドリアン・コスタ。
仲間のチャド・ヤングがヒラ一周のクラッシュで命を落としたことをきっかけに
自転車に乗れなくなり、人生を見つめ直したい とこの世界から身を引いた。

そして今年6月29日、ひとりで登山中に落石により重体に。
幸い命は取り留めたものの、右脚の膝から下を切断。

そんな彼のために、アクションが基金を立ち上げたという。


アレックス・ドーセットもFBで、「辛いニュース」、とコメントしている。
彼がアップしたネットリンク先の写真には、病床のコスタが写っていた。

アクセル・メルクスが枕元にいる。
カメラに笑顔を向けているが、
コスタ本人の目はうつろ。
身体がまだ回復していないのが明らかだけれど、
精神的にも相当参っていることだろう。

危険なスポーツをやめて、こんな危険な目に遭ってしまった・・
という事情を考えるにつけ、なおさら。


そして久々に名前を見た イナ・ヨーコ・トイテンベルク。
元Tモバイルの女性サイクリストとして一時期大活躍した人。
こんなコメントを寄せている。

2018.08.09 Thu | Road Races| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill