丁度10年前のツール・ド・ロマンディ
今日は福知山線の事故から10年、そう聞いて
即座に浮かんだのが、スイスで開催されるツール・ド・ロマンディの光景だ。

事故の日、同レース観戦でスイスにいた。
現地のTVニュースで目にした悲惨な事故の様子は
わが国のものとはにわかに信じられなかった。

その2日後、小さな街でスタートする第2ステージに向かう途中
電車の中で出会ったレース関係者から、話しかけられた。
日本の事故を知っていて、持論を展開した。

ロマンディはそれまで訪れたレースとは違い
ひときわローカル色が濃くて、
名も知らぬ街にぽっこり古代の遺跡らしきものを発見するなど
目新しさに、ワクワクしたものだ。


RIMG0302.jpg


RIMG0304.jpg



RIMG0260.jpg

RIMG0255.jpg


そうそう、沿道に人がほとんどいないレースというのも、
なかなか新しい経験だった。

RIMG0243.jpg


いま、蘇るのはこうした田園風景の中のレースだけでなく、
そのときの自分の状況などだ。

上司に掛け合って、すっぽり同レースをカバーできる日程で休みを取ることにしたとき、
結構策を練った。
春の長期休暇(10日)というのは慣例化していない。

ドキドキして申し出ると、あっさりOKが出た。
後で、快諾の分ワケを知った。

丁度その年、上司は南米から南極だったかに行くツアーに申し込んで、
(夏をはずした)変な時期に休みを取る計画だったのだ。

2015.04.24 Fri | Road Races| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill