トム・スクジンズ、ツアー・オブ・カリフォルニアで区間優勝
米国でも注目度の高いツアー・オブ・カリフォルニア第3ステージでトム・スクジンズが優勝した。

去年ハツール・ド・ボースで総合優勝。
2013年はロード欧州選手権銅メダル、ロード世界戦5位。
2011年はフランドル一周U-23で2位。

現在23才。
今後上位チームへの移籍(例えばパートナーシップを組BMCとか)も十分ありだろう。

所属チームは、ジョージ・ヒンカピーが兄のリッチーとともに運営する
UCIコンチネンタルチーム登録のヒンカピーレーシング。

同チームは若手育成チームとして創立4年目。
もっぱら北米のレースに出場しおり、ウエアはもちろんヒンカピースポーツウエアが供給している。

現役時代からコーヒー販売ビジネスを手始めに次々とビジネスを展開していったヒンカピー。
コロンビア人の父を持つ彼の商才はなかなかのもの。

ちなみに以前書いた(教えていただいた)通り、スペイン語でヒンカピエという名詞は脚にまつわる言葉。

hincapié = 熟語「Hacer hincapié」 で「しっかりと立つ」という意味。
eの上にアクセントがついているので、スペイン語読みだと、インカピエになるはず。
(ヒンカピーの苗字Hincapieの最後のeにはアクセントはついていないけれど、
もともとついていたアクセントが脱落したとも考えられる。)

ということで、ヒンカピーの脚といえば、以前ツールで撮影したこの写真を
お約束通り貼りつけておく。


hincapiefeet2.jpg

hincapiefeet.jpg


ヒンカピーの兄、ジョージとあまり似ていない:
http://hincapieracing.com/team/
2015.05.13 Wed | Road Races| 0 track backs,
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill